ブログ内の案内(2017/01/01版)

どうも、さるまんです。
新年一発目の記事は何を書こうかと考えつつブログを眺めていると古ぼけた看板が目についたので取り替えようと思います。
そういえばブログを引っ越してその後全くブログ案内弄ってませんでしたしね。というわけで年1発目はブログ案内を書いていきます。

ブログ案内

さて、では書いていきましょう。
前回の看板ではWoTブログみたいですが現状の我がブログのメインコンテンツはWoWsに関することとアイドルマスター、それにシャドウバース、漫画の紹介、そしてたまにアニメの感想と言った塩梅です。

さて、それでは項目ごとにざっくーり説明してみましょう。

WoWs
World of Warshipsについて書いているカテゴリーです。
区分を細切れにしすぎて逆に見にくくなってそうな気がするのでどうにかしたいですね。
細切れにしてるだけにカテゴリー名そのまんまです。

基本的には公式の情報とそれに対する感想で構成されています。
ロシア鯖(RU鯖)関連】はRUサーバーに関する記事ですのでうちのブログの独自ではなんて思っています。RUサーバーはいいぞ!

アイドルマスター
メインのようでメインでもないアイドルマスターの様々なシリーズのカテゴリーです。
考えてみればほぼ全シリーズでにわかしています。
稀にライブの感想も書きますが、LVでの感想が中心だったりします。
現地行きたいなぁ……。

Shadowverse
最近ぼちぼちやっているカードゲームです。
腕前はAA帯をうろついているレベルなのでそれを理解した上で読んでください。
ドラゴンでうだうだランクマやっています。

WoT
WoTの記事ですがver9.16以降まともにプレイしていません。
ですので今後更新予定はありません、最近MOD弄りましたが数もすくないのでもういいかなという感じです。

大体こんな感じのブログです。

ネルソン買いました

どうも、さるまんです。
今日はWoWs ver0.6.9.1で実装されたネルソンについて書いていきます。

HMS Nelson

ネルソン級戦艦はワシントン海軍軍縮条約で日本が陸奥についてごねまくった結果、イギリスが建造をゆるされた範囲内で設計建造された戦艦です。
イギリスで当初建造が予定されていた戦艦は排水量の問題で廃案となり、色々新機軸を捻じ込みまくった結果爆誕しました
その特徴的な前部集中の砲配置と他のビッグ7中最高の砲門数、そしてそして最も厚い部分で356mmと最も硬く、その上で速度もコロラドより速く長門より遅い程度と良好な速度を誇ります。
最強だな!この戦艦凄いよ強いよ流石だロイヤルネイビーって感じですが、その実態は……

ここから先は調べて貰うとして、まぁWoWsでは問題点は大分消されているのでキニシナクテモイイネ?

続きを読む ネルソン買いました

ミリシタイベント敗北しました

どうも、さるまんです。
さぼりを覚えてしまったように最近開いてしまっていますが今日からまた頑張っていこうと思います。
さて、そんなわけでミリシタイベントについて書いていこうと思います。

悔しさにまみれる5万位逃し

えーっと前回時間効率重視で走るとドヤ顔で記事を書いたわけなのですが、見事に終盤の速度を読み違えて油断のままにボーダーギリギリ逃して敗北しました。
1時間程度はさらに順位を盛ることを出来る状態で家にいたので非常に心残りのある結末となってしまいました。

そんなボーダー逃しの愚を犯したのは一先ずおいておいて、今回のイベントを走った感想ですが意外と疲れなかったというのが正直なところです。
当初のボーダー予想としましては20000点程度だろうという甘い見通しでいてそれより少し盛った状態で待機していました。
ここまでちょいちょいさぼりつつ仕事でライブチケットを貯め、その分で星を確保し倍消費を待つという余裕を持った走りでした。
そんでもってボーダーが加速し始めた土日にこれはやばいと思い、石を砕きながら上記の画像の辺りまで盛りました。
これにかかった時間は1時間と少し程度で、石を砕いたものの音ゲーに対する飽きや疲れなんかはあまりありませんでした。

これの一員は石をライブチケットに変換して走る手段のおかげであり、ぶっちゃければ金2000円くらい突っ込めばそれだけで大分周りを引き離せるし余裕を持っていれるというのが大きいでしょう。
逆に言えばボーダーを恐れて躊躇なく周りも石を砕くという事実であり、困ったところではあるのですが時間をお金で買えるというのは中々魅力的です。
さらに報酬も衣装付きで実質SSRであることを考えれば有情です。(SSRをガチャで当てようと思うと運に頼るしやっぱり懐に重い)

なので敗北こそしましたが、イベントに対する悪感情は持たずにいれたのは幸いでしょう。
なので担当の時は3000円くらい突っ込んで走ってそれ以外はストーリーだけ解放する形にしようかな。

ちょっと傷心になりつつも今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    煙幕の改訂とコンカラーの主砲(TAP記事紹介-2017/08/18)

    どうも、さるまんです。
    今日も今日とてTAPを紹介していきます。

    TAP記事の紹介

    確定情報では無く、あくまで予定だったり開発中の情報だったりしますのであまり当てにしすぎないようにしてくださいね。
    後、google先生に頼っているので間違えている場合があります。気になる方は本当かどうか真実を自分の目で確かめてください!

    ・WoWS Info – 16th August 2017
    ・WoWS Info – 18th August 2017

    ・コンカラーの419mm砲の内部テストの改変
    419mm3連装砲4基のシグマ値が2.0から1.8に減少します。
    それにより遠距離射撃の効率が悪化するので、457mm連装砲4基の価値は上昇します。

    ・煙幕のSTテストの改変
    煙の中から発砲すると、船から船への発見距離が増加します。(元々発見前ならば影響がなく、発砲した艦は恒久的に隠れていました)
    正確な値は、各艦船の隠蔽と口径に基づいて計算され、平均的な距離は駆逐艦で2.5km、巡洋艦では5.9km、戦艦では13.6kmとなります。
    効果の持続時間は20秒間です。
    この変更により、煙幕射撃を行う事を意図していなかった艦では煙幕射撃を行うことが不可能になります。(戦艦と殆どの巡洋艦)
    さらに積極的なプレイと、敵の煙幕に突入するリスクに対してより多くの報酬があります。

    また煙幕内の発砲ペナルティは煙幕を挟んで向こう側の艦にも適用されるようになりました。
    各艦船の隠蔽と口径に基づいて計算されますが、スキルやアップグレードの影響を受けません。
    各船の正確な値は、ポートの仕様に記載されています。

    読んでの感想

    砲精度は大和に次いで良かったのが、同じ口径のグローサーと同等まで落ちるってイメージですね。
    流石に419mmで精度が良いとモンタナが可愛そうなのでこれは妥当ですが、457mm砲も持っていることから好みで使い分けできそうですね。

    そんでもって煙幕の改変は前の時間が減少するのと比べると大分丸いものですね。
    中で発砲したり、またいで発砲しても口径デカければばれて、口径小さければ問題ないならランク戦での戦艦が煙幕貰ってと言うのも消えますし駆逐艦も変に被害受けることもありません。
    今の問題をいい感じに直してくれるのではないでしょうか?

    PTに落とし込む過程で変な風にならないと良いなと思いつつ、今日はこのへんで、ではでは。

    ↓クリックお願いします。

    人気ブログランキングへ

    • スポンサーリンク

      グラーフ・ツェッペリンとイギリス戦艦(TAP記事紹介-2017/08/16)

      どうも、さるまんです。
      今日も今日とてTAPを紹介していきます。

      TAP記事の紹介

      確定情報では無く、あくまで予定だったり開発中の情報だったりしますのであまり当てにしすぎないようにしてくださいね。
      後、google先生に頼っているので間違えている場合があります。気になる方は本当かどうか真実を自分の目で確かめてください!

      WoWS Q&A – 16th August 2017

      ・グラーフ・ツェッペリンの内部テスト情報
      HE爆弾は新しい投下形式となっている。
      それはどの方向からでも同じ攻撃効率となる形状ですが、駆逐艦や巡洋艦相手では命中数が少なくなり、戦艦相手に複数火災を起こすにはより熟練した手動攻撃の技術が必要です。
      AP爆弾は投下角度が改善され貫通力が増しました。
      代償として投下に5秒の時間がかかり、これによって回避の可能性を与えてしまいます。

      また副砲は射程が6.25kmに落ちたものの精度が倍になり、これは手動制御や上級射撃で7kmの敵に正確な射撃を与えることを意味しています。

      ・イギリス戦艦のAP
      イギリス戦艦のAPは特別な信管設定が施されています。
      信管は通常の0.33秒ではなく、0.15秒に設定されており、これによりAPの効率に大きな影響を与えています。
      動作が早い信管を持つことで過貫通が減少し、目標の内部で爆発を起こしやすくなります。
      戦艦の上部構造物や、空母などの装甲は薄いものの大容量のものに有効です。
      この設定はすでにフッドで実装されています。

      読んでの感想

      WGのグラーフ・ツェッペリンの爆撃弄りへの情熱は正直苦笑いしてしまいそうですが、AP爆弾の貫通性アップと弾着まで時間がかかる仕様は読んでる分では面白く感じます。
      予測投げと、その対価の貫通大ダメージの関係は技量が介在する余地があると思うので(範囲次第だけど……)魚雷の重要性とトレードオフになるくらいを期待したいですね。

      イギリス戦艦のAPはえーとこれはバイタル抜きにはどういう影響があるんだろう?
      ここ最近結構情報収集を怠っているのでフッドの使用感とか全然わかってないんですよね。
      巡洋艦相手でも過貫通が減ったりするのは強そうとか思ってしまうけど、戦艦あまりうまくはないしな、と思う内容でした。

      では今日はこのへんで、ではでは。

      ↓クリックお願いします。

      人気ブログランキングへ

      • スポンサーリンク

        ミリシタのイベントの走り方(時間効率重視)

        どうも、さるまんです。
        今日はミリシタのイベントをちょっと時間があったので走ってみたという記事になります。

        ミリシタイベントの走り方

        上が今現在のランキングとポイントです。
        やっぱり音ゲーって真面目に走ろうとすると時間がかかってしまいますから、如何に手を抜いて走るか考えないといけません。
        そこで、どう走るのが時間効率がいいのか考えながら回した結果なんだかちょいとばかし上位まで来てしまいました。

        そのカギになったのが“仕事”です!
        最近のアップデートで止め絵からちゃんと動くようになって微笑ましくなった仕事ですが、ただのスタミナ消化用ではなくライブチケットが貰えるのはご存知の通りがこのライブチケットが決め手になります。


        というのもライブチケットで倍ドンしてライブをするとイベントライブに必要な星も増えるんですね。
        その星の消費も後半入りということで、星4倍消化が来たので一瞬で消化出来ちゃいます。

        ちょいとばかしスタミナ効率が悪いかもしれませんが、時間効率はぴか一の回し方だと思います。
        休み時間とかに音ゲー出来ない中で仕事でライブチケット確保して、帰ってから溜まったのを回すなんてことも出来ますしね。

        この方法で回り終わってtwitterを見てみると同じ方法がRTで回ってきましたが、思いついてやってたし……!ということで記事にしました。
        後半戦でもうダメかもとか思っている人もこれをやれば多分5万位は硬いよ!とかなんとか言いながら自分の順位の為にもう少し盛ろうかな。

        では今日はこのへんで、ではでは。

        ↓クリックお願いします。

        人気ブログランキングへ

        • スポンサーリンク

          WoWS Q&A(TAP記事紹介-2017/08/12)

          どうも、さるまんです。
          今日も今日とてTAPを紹介していきます。

          TAP記事の紹介

          確定情報では無く、あくまで予定だったり開発中の情報だったりしますのであまり当てにしすぎないようにしてくださいね。
          後、google先生に頼っているので間違えている場合があります。気になる方は本当かどうか真実を自分の目で確かめてください!

          WoWS Q&A – 2nd August 2017

          イギリス戦艦の修理班のアップデート
          ・tier3からtier8まで、ウォースパイト同様の修理班を装備します。
          ・tier9-10では修理速度が400%の速度で行われ、リロード時間も短くなっています。
          英巡を思い出す修理班ですがバイタルの回復ボーナスが欠けています。

          グラーフ・ツェッペリンについて
          ・以前テストされていた2-3-0編成は駆逐艦に対してあまりにも効果的過ぎました。
          より汎用性の高い2-1-2編成は、一般的に興味深いものではありません。
          よってAP爆弾を装備した2-0-3をテストしています。
          このAP爆弾は245mmの貫通力を持ち、35mm装甲に有効です。

          イギリス戦艦はどうやら修理班強化の方針に決まったらしく、思いっきり再生する方向のようですね。
          特にtier9、10での英巡と同じような再生の仕方をされてしまうと取り逃したのに頭を抱えることになりそうです。
          そんでもってグラーフ・ツェッペリンは素直に2-3-0のままで渡すんだ!って叫んでいます。
          正直駆逐艦を殺せない空母に価値無しも同然なのでAP爆弾で戦艦メタなんかやるよりも魚雷の数でぶち殺したいところなのです。
          AP爆弾でどうにかバランス取りを図っている雰囲気にちょっとげんなりしています。

          では今日はこのへんで、ではでは。

          ↓クリックお願いします。

          人気ブログランキングへ

          • スポンサーリンク

            『クレッシェンドブルー』イベント開始!-ミリシタイベント

            どうも、さるまんです。
            今日はミリシタの最初の曲イベントが始まりましたので、それについて書いていこうと思います。

            曲は『Shooting Stars』

            今回ようやく、ようやく曲の追加とそれに伴うイベントが開催されました。
            デレステで言う所謂アタポン形式のイベントですが、報酬はSRなのでコレクション要素……ってええ?

            イベントランキング報酬の北沢志保のSRには専用の衣装が付いくるようです。
            正直どうせ頑張りましたで賞レベルの報酬だと思っていたので正直びびりました、そりゃ時間もかかるわけだっていうかこれ毎回やるつもりなのかと震えましたね。
            あまり走る気自体はありませんが、担当の専用衣装とか言われたら走らざるえないよな……と覚悟を決める必要が出て来たミリシタでした。

            続きを読む 『クレッシェンドブルー』イベント開始!-ミリシタイベント

            『山本五十六』来たる!(WoWs ver0.6.9アップデート)

            どうも、さるまんです。
            ちょっと出遅れましたがWoWsのアップデートが来たことですし書いていこうと思います。

            WoWs ver0.6.9

            今回のアップデートは特殊な艦長である『山本五十六』の実装アルペジオ艦長、龍艦長の通常の日本艦への配置可能と、一部UIの改良になります。

            アジアのパッチノート

            正直、書くこともあまりないので(山本五十六の情報はTAPで知っていてあまり驚きもないです)、軽く触れていきます。

            まず山本五十六ですが、これ少しだけヤバ目かなぁと思います。
            最初の獲物は案外ほいほい取れるのでスキルが普通の艦長にそのまま上乗せされる形になっています。
            次にクラーケンの能力ですが、こちらはどちらかと言えば腐りそうですがもし大和なんかの戦艦で取れちゃうと取られた側はもうGGと言うしかないですね。
            この路線で艦長バンバン実装していくつもりなら、ちょいとばかしやり方を考える必要があるのでは?と疑問に感じてしまいます
            まぁ、それを言ったらセガールの時からでしたがアレ割と腐ってるしね。

            次にアルペ艦長の通常艦縛りが無くなって普通に乗せれるように……ってこれ割と大きいな。
            タカオ辺りは確かそこそこのスキルポイントを貰っていたはずなので単純にフリーやらエリート経験値やらをぶち込む手間が省けますね。
            ここらへんはおそらくアルベとの契約なりなんだりが切れたんじゃね?とか思いますが、特殊スキル持ってるわけでもないので五十六ほど気にすることでもないですね。

            最後に煙幕のタイマーの改変ですが、これは純粋にグッジョブって感じです。
            無くても困らない領分ではありますが、ちょいちょい無言の連携の障害となっていた部分が取りさらわれるのは良い事です。

            今回のアップデートは前回に続いて地味ですがまぁ、ツリー実装やらプレミアム艦の実装は時間がかかって当然なので細々とした改良を続けてくれることを祈るほかないですね。
            では今日はこのへんで、ではでは。

            ↓クリックお願いします。

            人気ブログランキングへ

            • スポンサーリンク