ブログ内の案内(2017/01/01版)

どうも、さるまんです。
新年一発目の記事は何を書こうかと考えつつブログを眺めていると古ぼけた看板が目についたので取り替えようと思います。
そういえばブログを引っ越してその後全くブログ案内弄ってませんでしたしね。というわけで年1発目はブログ案内を書いていきます。

ブログ案内

さて、では書いていきましょう。
前回の看板ではWoTブログみたいですが現状の我がブログのメインコンテンツはWoWsに関することとアイドルマスター、それにシャドウバース、漫画の紹介、そしてたまにアニメの感想と言った塩梅です。

さて、それでは項目ごとにざっくーり説明してみましょう。

WoWs
World of Warshipsについて書いているカテゴリーです。
区分を細切れにしすぎて逆に見にくくなってそうな気がするのでどうにかしたいですね。
細切れにしてるだけにカテゴリー名そのまんまです。

基本的には公式の情報とそれに対する感想で構成されています。
ロシア鯖(RU鯖)関連】はRUサーバーに関する記事ですのでうちのブログの独自ではなんて思っています。RUサーバーはいいぞ!

アイドルマスター
メインのようでメインでもないアイドルマスターの様々なシリーズのカテゴリーです。
考えてみればほぼ全シリーズでにわかしています。
稀にライブの感想も書きますが、LVでの感想が中心だったりします。
現地行きたいなぁ……。

Shadowverse
最近ぼちぼちやっているカードゲームです。
腕前はAA帯をうろついているレベルなのでそれを理解した上で読んでください。
ドラゴンでうだうだランクマやっています。

WoT
WoTの記事ですがver9.16以降まともにプレイしていません。
ですので今後更新予定はありません、最近MOD弄りましたが数もすくないのでもういいかなという感じです。

大体こんな感じのブログです。

WoWs 0.6.6PTの変更点(TAP記事紹介-2017/05/28)

どうも、さるまんです。
今日も今日とてTAP読みです、ゲームしたいのに時間が取れないぜこん畜生と嘆いております。

TAP記事の紹介

確定情報では無く、あくまで予定だったり開発中の情報だったりしますのであまり当てにしすぎないようにしてくださいね。
後、google先生に頼っているので間違えている場合があります。気になる方は本当かどうか真実を自分の目で確かめてください!

WoWS 0.6.6 PT : Further changes

今回はver0.6.6PTでの変更点のようです。

ドイツ巡洋艦
・150mm HEの貫通が38mmに変更
・203mm HEの貫通が51mmに変更
・210mm HEの貫通が53mmに変更

・ニュルンベルクの後部砲塔の360度回転化(ただし、アドミラルマカロフは影響を受けない)

またヒンデンブルクに記載があったのですが、これはHEで爆沈しないってことでいいんでしょうか?
フランスの240mmがバイタル貫通起こすみたいな話があった気がするので、そうかもしれません。

駆逐艦
・ファラガット、マハン、シムス、初春、吹雪、白露の装甲は16mmに統一されました。(暁は変更なし)
・ベンソン、ローヤン、フレッチャー、陽炎、夕雲、島風の装甲が19mmに統一されました。
・ローヤンの魚雷射程が6kmから6.7kmに
・ローヤンのソナーが3.48km/2.52kmから5.43/3.75kmへ強化。
・夕雲がType 93 Mod.3を装備出来るようになりました。


・航空機は船で8km、航空機で7kmで自動発見されます。
・エメラルドは10mmから13mmに強化されます。
・モンタナの38mmはそのままです。

読んでの感想

ドイツ巡洋艦は元がどうだったか知らないのでコメントに困りますが、駆逐艦は大きな変化のように思えます。
特にローヤンの大強化と夕雲の魚雷装備の更新は中々大きな変化ですしね。
そのままなモンタナェ……とも思いましたが、ここが関わってくるのはHEAPくらいだしなぁとかも。

夕雲に雷速つけて運用することを夢想した内容でした。

今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    楽園追放を見ました

    どうも、さるまんです。
    今日はアマゾンプライムで見れるもので気になってた楽園追放 -Expelled from Paradise-を見たので軽く感想を書こうと思います。

    楽園追放

    見たくてオススメもされていたのですが、なんか機会がなくてスルーしていた作品ですが、内容は王道のSFでした。
    世界観としては地球上の文明が崩壊し、人類の大半が宇宙にある電脳空間で暮らしていて地球上では細々と人々が暮らしているというものです。
    ストーリーは電脳空間の保安局に所属している主人公と、地球で暮らしている地上調査員エージェントが、電脳空間に謎のハッキングを仕掛けた犯人を捜すというものでした。

    前半部分は主人公のアンジェラが慣れない生身で地上で行動する中で、生身の良さ、つらさなどを地上で生活するディンゴと共に理解していくというような内容で2時間弱と言う短いながらも世界観を深く広げるのに一役かっていました。
    個人的にはこういう世界の雰囲気とかを出していってくれるのは好きなので興味深くみれましたね。
    そして後半のバトルシーンではオプションパーツを使っての多数対1の渋い戦いがかっこよかったです。
    イマイチロボはデザインかっこよくないなと見る前は思ったのですが、ぐりぐり動くと全然印象が変わってきますね。

    全編通して、違う価値観に触れて感化され、自分で決めるという流れは王道で良いと思いました。
    アマゾンプライム使ってる人はすぐ見れるのでかなりオススメです。

    では今日はこのへんで、ではでは。

    ↓クリックお願いします。

    人気ブログランキングへ

    • スポンサーリンク

      アジアQ&A(TAP記事紹介-2017/05/26)

      どうも、さるまんです。
      今日も力尽きかけているのでTAPを紹介して終わりにします。

      TAP記事の紹介

      確定情報では無く、あくまで予定だったり開発中の情報だったりしますのであまり当てにしすぎないようにしてくださいね。
      後、google先生に頼っているので間違えている場合があります。気になる方は本当かどうか真実を自分の目で確かめてください!

      WoWS Q&A – 25th May 2017

      今回はどうも、アジアのQ&Aの第2回のようです。

      1.現在、より多くのポートフィルタを追加する予定がありません

      2.空母の新しい攻撃機の種類の追加を計画しています。
      これはエンタープライズなどの空母で実装されるかもしれません。
      また、空母のMMは変更の予定はありません。

      3.クランの人数制限は解除されます。予定時期は不明ですが!

      4.サイパンのnerf予定はありません

      5.高tier駆逐は203mm砲を弾く可能性のある装甲厚(16mm-19mm)まで増厚される可能性があります。

      6.魚雷のスプラッシュダメージを削除することを検討しています。

      7.英巡のnerfは計画されていません

      8.古いキャンペーンを再度実施する可能性は低い、新しいものを作るのを好んでいるからです。

      読んでの感想

      艦載機の攻撃手段の追加で思いつくのはスキップボミングくらいでしょうか?
      確かにあれなら素直に実装できそうですが、爆弾が横から刺さるのだと駆逐艦以外には微妙かなと思ったりシますね。
      サイパンと英巡の予定なしは知ってたって感じですが駆逐の装甲増圧と浸水の削除は気になるところです。
      戦艦がさらに暴れそうだが、良いのかいWG!とか疑問に思いつつ、なるようにしかならないかとだらけています。

      では今日はこのへんで、ではでは。

      ↓クリックお願いします。

      人気ブログランキングへ

      • スポンサーリンク

        GW勢、グラブルを行く その1(英雄再起とゼノイフリート)

        どうも、さるまんです。
        今日はネタがあるならば使って行けという電波を拾ったので折角ですので書いていこうと思います。
        あれですね、忙しくてまとまった時間が取れないと簡単でぽちぽちできるソシャゲがありがたく感じるようです。
        なんで流行ってるのかイマイチ理解できませんでしたが、立場が変わるとわかることもあるんですね。

        時間のある人に勧めることはありませんが……。

        シナリオイベントと武器が貰えるイベント

        イベントが絶えないグラブルですが、ちょっとはやる気になるイベントがシナリオイベントです。
        イベントイベントはSRキャラと召喚石、SSR武器が手に入るイベントで初心者には中々嬉しい内容になっています。
        今回のノイシュは火属性のかばう+ダメージカットというメイン盾です、便利なイケメンだぁ。
        昨日までやってた古戦場イベントでも光属性の同じキャラが貰えましたね。

        イベント内容は島の守護をしていた竜を知らずに討ち取って国を間接的に滅ぼしたノイシュくんがメインで、国の王子のセルエルが関わってきます。
        因みにセルエルも仲間になるガチャキャラでSSRです、うちの初期面子の一人なので探してるねん!って言ってた奴が来たので何かイベントが起こるのかと期待してがっかりしてたのもつい最近のことでした。
        「私は許してるから早く帰ってこないかな(ちらっちら」「……罪滅ぼしの為に巡礼の旅してきます」というコントが脳内で繰り広げられていたのは秘密。

        まだシナリオは読み切れてませんが、今回は古めのイベントということで戦闘が多くて面倒くさいなって感じです。
        やっぱだめだよ、このゲーム!と手のひらクルーしてます、うん。
        続きを読む GW勢、グラブルを行く その1(英雄再起とゼノイフリート)

        次期tier6ランク戦で何が多くなるか考えてみる

        どうも、さるまんです。
        今日は昨日のTAP記事を踏まえてtier6ランク戦、何が来るか考えてみようと思います。

        さらっと考えてみると幅広いぞ?

        まず空母から考えていきましょう。
        空母はまず龍驤一択になるだろうと思います。
        ただ航空管制は酷いジャンケンで、雷爆編成と制空編成なら制空編成が圧倒的に有利だろうことは明白です。
        制空編成が居ない環境なら雷爆編成で焼き殺すことも叶うでしょうが戦闘機2中隊差はやばいです、通りません。
        雰囲気を読みながら編成をチョイスし、場合によってはインディを引っ張り出すことも考えようかなというところですね。

        戦艦はイマイチどれが強いのか把握しきれていませんが、扶桑、アリゾナ、バイエルンと三隻とも甲乙つけがたい良艦揃いです。
        空母戦を考慮するとバイエルンですが、打撃力のある他の二隻も普通に見そうです。

        巡洋艦は知らん!と言いたいですが、パースとリアンダーが多くなるのでしょうか?
        煙幕がtier6でも猛威を振るうと思いたくありませんが、あり得る気もしてきます。

        駆逐艦はファラガットが大安定とも思うのですが、東雲と吹雪が案外頑張るのでは?とも思っています。
        ランク戦で駆逐艦はあまり乗れませんでしたが、やはり魚雷の抑止は大事だと思うからです。
        東雲は瞬間火力ではトップですし、吹雪は10kmの三連装三基は驚異的です。
        隠蔽で言えば初春が単独首位ですがイマイチなような面白いような、白露のようにはいかなさそうですが!

        意外と課金艦が猛威を振るうわけではなく、通常艦も強いので幅があり面白いかもしれませんね。

        なんだか雑な記事になりましたが、すまない疲れてるんだすまない……。

        では今日はこのへんで、ではでは。

        ↓クリックお願いします。

        人気ブログランキングへ

        • スポンサーリンク

          いろいろな情報(TAP記事紹介-2017/05/23)

          どうも、さるまんです。
          今日は力尽きかけているのでTAPを紹介して終わりにします。

          TAP記事の紹介

          確定情報では無く、あくまで予定だったり開発中の情報だったりしますのであまり当てにしすぎないようにしてくださいね。
          後、google先生に頼っているので間違えている場合があります。気になる方は本当かどうか真実を自分の目で確かめてください!

          WoWS Q&A – 23rd May 2017

          リンク→1.ver0.6.5はサーバー毎に改造してバランスを取りました、気づきましたか?

          2.空母の操作は今後改訂される予定です。
          自動攻撃、手動攻撃の代わりに統一された攻撃モードが提案されましたが、プレイヤーのスキルの役割を残していました。

          3.副砲の手動操作はそのままです。

          4.キエフとタシュケントはtier相応です。

          5.ミニマップにレーダー半径と対空範囲を表示します

          6.パーソナルオファーにチュートリアル要素が追加されます。
          これの最初のバージョンは既にゲームに入っていて、初心者は利用可能です。

          7.中期的(次回以降)にはクラン向けのPvEミッションが追加されます。

          8.冬季にトーナメントモードが登場し、攻撃側と防衛側のシナリオが存在します。

          9.ver0.6.6で夕雲は島風魚雷を得る(恐らくmod3のこと)、ニュルンベルクは後部砲塔が360°回るようになり、ローヤンはソナーがバフされ、全てのドイツ巡洋艦はHEと貫通力でバフされます

          10.Grozovoiはそのままです。

          11.Clash of the Elementsでは前回よりも2倍戦闘が行われました。

          12.公式トレーニングルームとリプレイはすぐにはでない、他のことで忙しいからです。

          13.夏にはインスタントチャットが変更されます。

          14.米国クルーザーツリーの分割は間違いなく、今年発生しません。(25日追記:真逆の意味だったようです、ごめんよ!)

          15.ソ連/ロシアの戦艦は間違いなく、今年は来ません。(25日追記:真逆の意味だったようです、ごめんよ!)

          16.フッドのAAロケットは新しい武装ではありません。新しい武装はスーパーテストでテストされています。

          17.次期ランク戦はおそらくtier6。

          読んでの感想

          まずびっくりしたのはBuff内容で、夕雲強化は速かったですね。
          他は私にはあまり関係ありませんが、ようやく空気だったドイツ巡洋艦が羽ばたけるのだなぁなんて思うと面白かったりします。

          そんでもってびびったのが後半2つのツリー告知です。
          英戦どうしたんだよ!WG!とか叫びかけましたが、むしろ英戦も来るんじゃね?とか思ったりもします。
          スターリンニウムはどうやら補充されたようで、なんだかんだぶっ飛んだ面白い新ツリーを期待します。
          そして米巡ツリーはやるやる詐欺にならないと良いね、うん。

          さらっとした内容の割に爆弾をほり込まれて衝撃を受けた内容でした。
          こういうのを毎回とも思うのですが、流石にそんなにないでしょうし仕方ないですね、うん。

          では今日はこのへんで、ではでは。

          ↓クリックお願いします。

          人気ブログランキングへ

          • スポンサーリンク

            2017年春アニメ感想 その12

            どうも、さるまんです。
            今週もアニメ見ていきましょう、なんだか月曜日に全部見るのは正直きつく感じてるのは秘密です。

            アニメの感想

            【サクラクエスト 7話】
            おでん探偵は過去の自分の演技を見たりして上手い事向き合い解決したのですが、だんないよちゃんはお前それでいいのか!?
            いや、確かに同行できる問題ではないですが、嘘がばれてそのままなし崩しというのはなんというか……。
            もうひとひねり欲しいように感じましたが、正直これ以上は難しいのも確かなので、うーむ。
            1話から感じている普通なアニメで地味という印象が濃くなった気がします。

            【アリスと蔵六 7話】
            難しいもしゃもしゃの話と、組織解体後の双子ちゃんたちとの遭遇の回。
            癒し枠としてほのぼのしつつもしっかりとしてて、見ていてほんわかしますね。
            ただ、次回が連続しているのでびびりつつ来週見ることになりそうです。
            こういう流れメインで良いのにとも思いつつ、それだけじゃないから見てるんだろうなぁとかも!

            【進撃の巨人 2期8話】
            前回からそのままあっさりさらわれたエレンは置いておいて、ミカサとハンネスさんの回想回。
            動きはないものの相変わらず展開的には熱く滾らせるのが上手いです!
            次回再戦になりますが、やっぱりボロボロと脱落している調査兵団に辛さを感じずに居られませんね。
            巨人化出来ないなら普通に奪還できそうですが結局現れなかった猿も含めてどうなるかな?

            【グランブルーファンタジー 8話】
            ガチャキャラ回だそうで、アニメオリジナルの回でした。
            事前情報から置いてきぼりくらうかなーとも思ったのですが、トレジャーハンター組だけではなく、グランとルリア、グランとビィ、ラカムとイオとタイトルの『ふたりの距離』通りのキャラ間の掘り下げがあったように思います。
            ギャグから真面目パートまでメリハリがきいていてかなり楽しめたので、今後もストーリーキャラ以外も出しつつのんびり冒険模様を出していってほしいですね。

            月がきれいは総集編でした。

            では今日はこのへんで、ではでは。

            ↓クリックお願いします。

            人気ブログランキングへ

            • スポンサーリンク

              日本戦艦始めました(天城編)

              どうも、さるまんです。
              今日は完成して数戦乗った天城を紹介していこうと思います。

              日本tier8戦艦 天城

              天城は長門と同様に八八艦隊計画で計画されたものの、建造途中で軍縮条約の影響をうけ建造中止となり、空母へと改装が予定されたのですが、地震で竜骨が落ち大破、修理不可と判断されて解体されました。

              さて、ゲームの天城はと言うと巡洋戦艦として完成した姿にさらに架空の近代化改装を施したものとなっています。

              主砲は長門から1基増えて合計10門となり、貫通弾のみでもかなりの打撃力を誇るようになります。
              また、砲旋回が向上していて取り回しが良い上に射角も良好となっています。
              速力も巡洋戦艦らしく優秀でデフォルトで30kts、旗を付けると31.5ktsとかなり快適です。
              反面曲がりやすさはイマイチ良くなく、咄嗟の回避は難しいので魚雷への警戒は常に行う必要があります。

              対空は数値自体は悪くないのですがやはり25mm対空砲が射程がないことを考えると、射程伸ばしは必須でしょう。
              長門でも書きましたが、日本戦艦の対空が低いのはこの25mmの短射程のせいなので悪くない選択肢だと思います。

              ざっくり言い表すと金剛と扶桑の特徴を併せ持ちつつ、長門をも超える硬さをもった傑作巡洋戦艦です。
              何かとビスマルクやティルピッツがもてはやされるtier8戦艦ですが、天城も相応に強い戦艦だと思います。
              続きを読む 日本戦艦始めました(天城編)

              WoWs ver0.6.6変更点(TAP記事紹介-2017/05/20)

              どうも、さるまんです。
              今日はTAPに記事が上がってたのでそれの紹介をしていこうと思います。

              TAP記事の紹介

              確定情報では無く、あくまで予定だったり開発中の情報だったりしますのであまり当てにしすぎないようにしてくださいね。

              ・ウルトラ音質が追加される。
              プレイヤーはオプションの500MBパッチを適用することでよりよいサウンドを有効化することが出来る。

              ・任務記録がLv15に上昇。

              ・PvEのAIロジックが改善されます。
              AIは重要な目標に最初に照準をあわせます。

              ・アイオワ、ミズーリの変更
              防殻の大きさが27.5%減少する。
              艦首、艦尾、上部構造物のHPが18.7%減少し、防殻HPに再割り当てされる。

              ・モンタナ
              防殻の大きさが28.4%減少する。
              艦首、艦尾、上部構造物のHPが24.5%減少し、防殻HPに再割り当てされる。

              ・PvEシナリオ
              NormalとHardの4つのシナリオ。
              Normalの敵はtier5相当で、Hardの敵はtier8相当です。
              試合は7人までで、tierは5-6、艦種の制限は巡洋艦最大4隻、戦艦最大3隻、駆逐艦3隻、空母1隻です。
              1つのシナリオで様々なタスクが存在し、それらを完了すると報酬が出て、すべてのタスクを完全に完了するとボーナス報酬を得ることが出来ます。
              要塞は新しい17cm砲と共にシナリオで復帰します。

              ・おまけ
              WoWs EUの開発者は6月より前に加賀はリリースされないだろうとコメントしました

              読んだ感想

              アイオワとモンタナは前情報通りでしたね。
              夏頃には実装するわ!って言ってた気がしたPvEが思いの外早く来たのが収穫で、7人でチーム組んで挑戦っていうのは中々ロマンがありますね。
              報酬は赤字にならない程度でいいのでやりごたえのあるモードとして完成するといいなぁと思います。

              そんでもって最後のEUは6月になってからくるよっていうのはRUではどうなんでしょう、というかASIAではもう売ってるけどってツッコミ入ってるけども!

              では今日はこのへんで、ではでは。

              ↓クリックお願いします。

              人気ブログランキングへ

              • スポンサーリンク

                WoWs RUで加賀はいつ来る?(内容ほぼ日記)

                どうも、さるまんです。
                今日は吐血しつつも、記事を書いていこうと思います。

                IJN 加賀発売!

                えーはい、アジア鯖で加賀が発売されましたね、うん、されましたね……。
                非常に喜ばしい情報なのですが、私にとっては割と絶望的な情報でした。
                だってあれですよ、お金ないんだもの!来月の15日からようやく余裕が出るんですけお!と個人的な事情で叫んでおります。
                その割には漫画買ったりゲーム買ったりしてるやんって言われたら笑ってごまかすしかないのですが、イベント考慮してまだ先だろうとか思っちゃったんですよね。

                常識的に考えてフッドと加賀と言うトップクラスの有名艦2隻を連打してくると思うはずないだろ!いい加減にしろ!(逆ギレ)

                さて、私の個人的な事情はそろそろおいておいて、前例から見てRU鯖でいつ来るか予想してみましょう。
                記憶に新しいアラバマ、イタリアの巡洋艦は1週間以内だったので加賀も恐らくそうなるでしょう!
                販売期間は2週間程度だと思われますので5/26発売の6/9終了と予想します。

                どうにかして金策しないといけませんが、考えてみれば一食抜くくらい人間なら容易いよね、とかもよぎったりして。

                空母好きで加賀赤城蒼龍あくしろよ!と言ってきた身ですので、今回逃したくはありませんが無理なら無理で諦めるのも仕方ないことかもしれません。
                でも欲しいなぁ、すっごく欲しいなぁと、そんな邪念まみれになったこの頃でした。

                では今日はこのへんで、ではでは。

                ↓クリックお願いします。

                人気ブログランキングへ

                • スポンサーリンク