ドイツ戦車始めましたその4(leKpz M41 90mm GF編)

どうも、さるまんです。
ライブの余韻に曲をかけながら浸りつつ、Banishedの動画を作っていますが中々進まない、むむむ。
コンスタントに作っていきたいのですが中々難しいものですね。
さて前置きはこの辺で、本題に入りましょう。
気になってはいたのですが様子見していた車両の修正?が入ったので買っちゃいました。
ドイツ犬.PNG

leKpz M41 90mm GF

所謂ドイツ犬とかゲルマンブルドックとか言われているアメリカtier7LT M41Walker Bulldogを90mm砲にしてtierを8に上げた戦車ですね。
最初の情報でHEATが208mmしかないということで産廃じゃん!とスルーしたのですが、250mmに貫通が上がったということで購入しました。
買ってみてあんまりHEAT撃つこともあんまりなかったのですが、それは御愛嬌ですね。

スポンサーリンク

車両紹介

さてこいつのセールスポイントを上げていきましょう。
まず、結構お金稼ぎがしやすい!これは課金戦車なら当たり前なのですが他のtier8課金戦車と違って割とお手頃価格なのも良いポイントです。
お金稼ぎをしやすい理由としてはHEATがあまり信頼できる貫通力ではないので、それを正面から使う状況はそもそもこの車両にとってよろしくない状況であるということ(勿論、なんとか抜かないといけない状況も起こりえますが)。
それを考慮して側面を取って攻撃するわけなんですが、そうなるとAPで十分だったりするんです。そもそもHEATで側面は様々な要素もあって抜きにくいですしね。
それに軽戦車は偵察が本業だったりもするわけで、そうなると結構課金弾で稼ぎ減ったりも少なくなるんですね。
勿論、tier8軽戦車は敵も強くなるのでシビアで結構難しいのでこれを最初の軽戦車に選ぶのはオススメできません。
また砲精度というか拡散が非常に小さくてストレスフリーな射撃が出来ます、もっとも精度自体はそこまでよくないので遠距離射撃は外しがちになってしまうのですが、十分でしょう。
次にもっさり機動力とか言われているのですが、出足は確かに遅いものの一度速度が乗ってしまえば60キロで軽く走り回れるのでそこまで不満はありません。
偵察力としては上の通り、走り偵は十分できるのですが隠蔽率がよろしくないので置き偵が出来ず、ちょっとそこは残念なポイントですね。
HEPの貫通があるから使ってみるといいよーといわれたので使ってみると意外と抜けて楽しいのでそういった工夫が出来るのが面白いです。

まとめ

課金戦車として同格と比べて劣るところはあるものの、十分まとまった性能を持った良い戦車だと思います。
軽戦車を上手く扱える人ならばザクザクとクレジットを稼げそうですし、使っていて楽しい車両でした。
期間限定ですし、興味持った人は手を出してみてもいいかもしれませんね。
↓クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す