中華MTを始めよう その1(T-34-3)

どうも、さるまんです。
長らく投稿が止まっていた代理投稿の方を今日アップしたので是非見てみてください。
AMX1390 のMバッチリプレイで、こういう軽戦車のリプレイは色々と学ぶところも多くて面白いです。
置き偵ポジションなんかもここかー!って叫ぶことも良くありますしね。

個人的な見どころは自走を狩りに行って後ろをM53がすっ……と通ったところでしょうか、中々ひんやりさせられました。
さて、動画を投稿したという報告も程々に本題に入りましょう。
T-34-3.PNG

122mm砲を振り回す、中華MT T-34-3!

なんかこうE50使って思ったんです、単発デカいMTは正義だなって。
それで調べてみるとどうも中華MTが一番単発が大きいらしいので、それなら作ってやろうじゃないか中華MT!ということで乗員育成用に買ってみた次第です。
まだまだ乗員も育っていないのでぱっとしない成績で終わることもそこそこあるのですが、使ってみた感じ単発火力で有利になる場面も多ければ、ちょいとリロードの長さが問題になることもある、尖った性能を持っている戦車だと感じました。
装甲は厚い方ですが、機動力はパンターを思い出すもっさぁとした出足の遅さが気になりますね。
加速してしまえばあまり減速せずにぐいぐい進んでくれるのですが……。
上手い事、単発のでかさを活かせれば面白いことになる車両だと思います、稼げるときはごっそり乗員育って無いのに稼いでこれますからね。

いいところと悪いところ

こいつの良いところは勿論、単発火力390という他の中戦車の数段上の攻撃力です。
大体リロードが11秒と長めですが、これは隠れながら撃ち合う時にはあまり問題になりませんしダメージ交換になっても優位に立てますからね。
貫通がなにかと問題になるソ連系122mm砲ですが、中戦車に搭載されているとあまり気になりません。
イマイチ頼りにしにくいですが貫通250mmのHEATもあり、垂直200mmな戦車にはそこそこ対抗することもできるようになっています。
他の122mm砲を積める中戦車よりリロードも速いので連続して撃てていれば一気にダメージが伸びて楽しいのもポイントかな。
悪いところは若干俯角が不足気味ということです。
俯角3度からBuffされたといえ俯角は5度なので地形で砲が跳ね上がってしまうことも多く、中々不便に感じます。
どこからならしっかり撃てるかということを考えながらこいつに合わせて動いてやらないといけないので中々慣れも必要そうです。
逆にソ連系中戦車に乗り慣れている人なら違和感なく頭の硬さをいかせていいかもしれませんね。

まとめ

良いところも、悪いところも砲性能が絡んでいる戦車です。
逆に言ってしまえば装甲や機動力はそれなりに纏まっていて、砲性能さえ御せればバランスよく戦えると思います。
では、今日はこのへんで、ではでは~。
↓クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す