デレステのイベントを走る(Love∞Destiny編)

どうも、さるまんです。
イベントとイベントの間が短すぎてずっと走ってるような気がしてきますが、やはり今回も走ります。

LIVE Groove Dance burst

前回の純情Midnight伝説に続いてGrooveイベントへの参加は二回目になります。
今回のLove∞Destinyもなんと言ったら良いかわかりませんが、かっこいいいい曲だと思います。

歌うのは佐久間まゆ、北条加蓮、多田李衣菜、緒方智絵里、小日向美穂のユニットでMasque:Radeになります。
加蓮は担当アイドルでコミュもそこそこ見ているのでどんな感じか知っているのですが、デレアニで登場しただりーな位しか知らないユニットです。
智絵里ってデレアニ出てたけど、全く印象に残ってないんですよね。
引っ込み思案な性格という事でアニメの色々なアイドルが居る環境では魅力の表現が難しかったのだろう、ということはわかるのでこれを機会に見ていこうかな?

まゆはなんていうかヒエってなるキャラクターですよね。

これとか中々愛が重い感じで素敵だとは思います。
ヤバイ、ヤバイよこの娘!なんというか最近マイルドになったそうですが、好きな人は好きなんだろうなぁという感じですね。
1対1なら平和そうでいいんじゃなかろうか、うん。
地味に森久保と仲がいいアイドルという貴重な枠だったりもします。

小日向美穂は熊本出身らしい(やみのま!)という位ですね。
地味に可愛い感じは卯月と似ていて実際のところ結構仲がよいみたい(?)です。

イベントを走る

今回もイベントを走るわけなのですが、正直なところひたすら回す以外ないと思います。
2倍や4倍もなくPROだと40という大きめの消費量でそれを何回もとなるのでスタミナを溢れさせない管理の方が大事になりそうです。
イベント報酬は加蓮とまゆなので欲しい!と思っているので走りますが、今回は前回のイベントでドリンクも消費しているのでランキング報酬はあやしいかな?

ではコミュの感想なんかは全部そろってから書いていこうと思いますので、今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

空母布教動画を投稿しました

どうも、さるまんです。
昨日WoWsの空母の布教をしたい!と思い立ち撮影を開始して一発目で空母の基本を一通り説明できるような良い試合が撮れたので早速動画にしました。

空母はいいぞ

少し前に空母使い方について記事を書いたのですが、やはり文字だけでは中々伝わりにくい事も多いように感じました。
なので動画に解説を乗っけたことで大分わかりやすく様々なケースを紹介出来たのではないかなと思います。
出来過ぎたように色々とあったので是非見てほしいですね。

さて、折角なので自分が勝手にリスペクトしている空母乗りの動画を紹介します。

レキシントンの人ことBellsephoneさんの動画です。
空母を乗り始めて時に一通りこの人の動画を見て真似して技術を磨いていきました。
特に感銘を受けたのが空母で前に出る!ということで、それまで空母は後ろにいるものだという固定観念に捕らわれていた自分にとって衝撃的なプレイでした。
遥か彼方の目標ですが、いつか彼と同じ舞台に立って戦ってみたいところです。

続きを読む 空母布教動画を投稿しました

WoTのMAP考察 その28(ムロヴァンカ)

どうも、さるまんです。
もうそろそろ終わりも見えてきたマップ考察ですが、前サイトの記事は見にくいものも多く出来れば書き直したり追加したりしたいなぁと思っているのでまだまだ続きそうです。
自分の考え方の整理のために始めたシリーズですが、ここまでくるともっと参考になるようなものにしていきたいところですね。

WoTのサッカー大会の動画のたけのこさん視点が出来たそうなので宣伝です。

さて、そろそろマップ考察に移りたいと思います。

*注意事項*
書いてるのはWN8の緑上がりたてですので、それ以上の方にはあまり有効な情報ではないかと思います。
ですので、そこ間違えているよというような部分がありましたらコメントお願いします。

今日書いていくマップはこちら!

ムロヴァンカ(MUROVANKA)

マジカルフォレストで有名だったマップですね。
このマップは西に行くべき派と東に行くべき派で分かれていますが、個人的には東に行くべき派です。
受け売りになるのですが、東を制圧することで次攻める方向を決めやすくなるというのがポイントですね。
WoTでよくある攻めやすい地点に行けということで、西は確かに丘で待ちかまえていれば防衛はしやすいのですが、攻めにくく東をまるっと見捨てることになるので稼げないしあまりオススメ出来る選択肢ではないと思います。

続きを読む WoTのMAP考察 その28(ムロヴァンカ)

油断のオーバーラン(咲いてJewel編)

どうも、さるまんです。
三記事に分けるほど書くことないんだから、中間記事と終了記事の二つに分ければよかったな、なんて思っています。
まぁ、サッカー大会の動画のエンコードを待ちながら書いていきます。

セーフかアウトか


最初、この点数でフィニッシュのつもりでした。
今までのデータから10万位のボーダーは2万ポインヨで今回枠が広がって12万位までSRがゲットできるようになっていたので、ボーダーは変わらないと踏んでいたのです。
しかし、これをtwitterに上げたところ知り合いのアメジンさんより危ないかも、とのコメントを頂いて跳ね上がるボーダーに不安を覚えラストスパートを走りました。


走った後がこちら、ちなみに22000で終了1時間前は6万位でした。
しかし、ラストを走る前にちらっとランキングを見ると115000位にまで自分の順位は落ち、もし助言を貰えてなかったらと思うと冷や汗ものです。

まだ結果は出てないのですが、ちゃんとSRを貰えるのを願いたいところです。

続きを読む 油断のオーバーラン(咲いてJewel編)

WoTサッカー大会グループステージ突破!

どうも、さるまんです。
やりました!チームプロデューサーはWoTサッカー大会のグループリーグを突破し、プレーオフへの出場権を手にしました!

グループステージ突破!

1日目と違い、殆どのチームと対戦が行われました。
もっとも結構な割合で欠員のあるチームと戦うことになったのですが、それでも3チームはフル面子でしたね。
また、WN8がほぼ紫な青色のチームが二人でもかなり巧みなプレイでこれで三人揃っていたならとヒヤヒヤさせられましたが運も実力の内というわけで、6連勝を達成しました。

全5試合の中で最も熱い戦いとなった試合をアップしますので是非ご覧ください。

これでベスト16(?)とまさかここまで来れるとは思っていなかったのですが、チームメイトのらばさん、たけのこさんの力をかりて勝ち残ることができました。
このままの勢いでプレーオフでも勝利し、決勝リーグに出場したいところです!

ではこの記事は短いですがこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

WoTのMAP考察 その27(ルインベルク)

どうも、さるまんです。
昨日WoTのサッカー大会に出たのですが中身が居るのがたった自分達のを含めても3チームとなんとも残念な内容になりました。
中身が居る2チームを打ち破り、グループを1位通過したので次も勝ちたいところです。

*注意事項*
書いてるのはWN8の緑上がりたてですので、それ以上の方にはあまり有効な情報ではないかと思います。
ですので、そこ間違えているよというような部分がありましたらコメントお願いします。

さて今日書いていくマップはこちら!

ルインベルク(RUINBERG)

このマップは市街地と郊外に分かれている良くある構成ですが、郊外から射線が長く通せるE-Fラインの道が結構重要になります。
E-Fラインを確保することで、敵を挟むように展開しやすくなり、進まないにしても相手の横腹を東から撃てるのでかなり有利になるポイントです。
しかし、その重要な東中央の争いでは北の方が近く、地形的にも北の方が戦いやすいため街の中にもそれが影響しやすくなっています。
初動の動きでどう状況が動くか予想して動きを決めるのが良いでしょうね。

続きを読む WoTのMAP考察 その27(ルインベルク)

イベント坂は険しい(咲いてJewel編)

どうも、さるまんです。
今日はWoTのサッカー大会!頑張って勝ち抜いてType59をゲットして帰りたいところです。
さて、とはいうものの今日書いていくのはデレステのイベントについてです。

咲いてJewelイベント終盤戦

というのも、とりあえずイベントコミュを一通り開放できたのでその感想と現在の状況なんかがネタに出来るかななんて思ったからなのですが。

さて終盤の走りについて書いていきます。
このイベント形式は実質初めてだったのですが、なんだその終盤にイベント曲は4倍とかずるいぞ!
これを意識するならば序盤は通常曲でため込んでイベント曲はリハチケで練習に留めた方が時間効率良かった気がします。(実際4倍入ってからの方がポイント稼いでる気がする)

6/25 18時現在の記録はこんな感じです。
マスターをSランクで回せるようになったので回転率と効率がアップしたのが嬉しいところ。
練習やってるといけんじゃね?なんて思ってやってみたら意外といけるものですね。(マス+はやらないけど)
今度のイベントは序盤ため込んで終盤一気に稼ごうかななんて思いつつなんとかSR確保したいところです。

一応イベントも後半ですが、まだ見てない人は以下コミュネタバレ注意です。

続きを読む イベント坂は険しい(咲いてJewel編)

WoTのMAP考察 その26(エル・ハルフ)

どうも、さるまんです。
今日は海から帰ってきて戦車の記事を書いていこうと思います。

*注意事項*
書いてるのはWN8の緑上がりたてですので、それ以上の方にはあまり有効な情報ではないかと思います。
ですので、そこ間違えているよというような部分がありましたらコメントお願いします。

さて今日書いていくマップはこちら!

エル・ハルフ

北西の殴り合いと東の小競り合いが基本的な流れになるマップです。
北西部は重戦車、中戦車問わず参戦するポイントでここを取った方が基本的にそのまま勝利します。(例外として南東を抜けてきた戦車がCAPを決めるなどもアリ)
自走砲に爆死させられることが多いのは開けたマップの常ですが、ストレスをためない為に射線の意識と回避行動を行うようにしましょう。

続きを読む WoTのMAP考察 その26(エル・ハルフ)

日本空母紹介(瑞鳳編)

どうも、さるまんです。
WoWsで上手くいってるのにWoTでヘボプレイしてて荒んでいるこの頃ですが、クラマスやってる以上はなんとかやる気を出して戦車も乗っていかないといけませんね。

さて、そんな意気込みはさておいて今回書いていくのはWoWsの空母の紹介です。
ちょうど、昨日空母の入口である鳳翔とラングレーの紹介をしたところですが、今日瑞鳳の開発が完了し、龍驤の開発が完了しました。
2014y05m23d_164413256

ん、なんか違うぞ?というか「龍驤」で画像検索すると艦これの艦娘が制圧状態で殆ど実艦の画像ないんですね。
大分昔に艦これは引退しましたが、未だにこんな制圧状態はやっぱりすごいなぁなんて思ったりしますね。

日本tier5空母 瑞鳳を紹介します

さて、脱線はこれぐらいにして本題の瑞鳳の紹介をしていこうと思います。

瑞鳳は日本空母ツリーで二番目に乗る空母で、その性能は順当に強化され鳳翔の戦1雷2の航空管制に爆撃機が追加されたものが使用できます。(初期状態は戦1雷1爆2の誰得編成です)
爆撃機は駆逐艦に嫌がらせしたり、雷撃機に先行して攻撃を行い炎上を発生させそれを修理したところに雷撃を叩き込み浸水を起こす、という連携攻撃を行うことができます。
やはり、アメリカ空母相手の制空戦闘は不利であることに変わりありませんが、攻撃力ではさらなる向上を遂げ敵艦を海の藻屑にすることが可能です。
また、地味に空母本体の速度も上昇しており、前線一歩後ろでの立ち回りがしやすくなっています。

最初は中隊数が増えたことで戸惑うことも多いかもしれませんが、その分向上した攻撃力はこの瑞鳳の強みなので慣れましょう!
地味にゼロ戦も搭載可能になり、色々と空母”らしい”艦になっています。

続きを読む 日本空母紹介(瑞鳳編)

初心者目線での空母ルートの選び方

どうも、さるまんです。
今日はWoWsの空母の入口の選び方を超初心者目線で書いていこうと思います。

空母ルートはどっちが良いの?

WoWsの空母ルートは日本ツリーとアメリカツリーの二つが存在しています。
日本の空母だとミッドウェー海戦に参戦した赤城、加賀、蒼龍、飛龍が有名ですね。(WoWsに実装されているのは飛龍のみです)
対するアメリカだとビックEことエンタープライズなんかが有名です。(ヨークタウン級も未実装、あれぇ?)
ぶっちゃけどちらが好みだとかそういう基準で決めても良いと思うのですが、そういうの関係なしにどっちが強いかと聞かれたら日本空母だと答えるのが一般的なようです。

その原因がアメリカと日本にそれぞれつけられた特徴によるものなので、その特徴について書いていきます。

アメリカ空母
・1中隊辺りの艦載機が多い。(=操作できる中隊の数が少ない)
・艦載機が多い事によって空戦で優位に立つことが出来る。
・艦載機が多いので密度の高い雷撃が可能。
・爆撃機のダメージが大きい。

日本空母
・中隊の数が多い。(=1中隊辺りの艦載機が少ない)
・中隊が多いので多方向から攻撃が可能。
・中隊が多いので迎撃がされにくい。

一見アメリカの方が魅力的に見えてきますが、日本もtierが進むごとに戦闘機の数を増やすことができるようになり、アメリカと実質的には同等の制空能力を持つようになります。
また、攻撃面でも複数方向から攻撃することは攻撃の当てやすさ、避けられにくさに繋がるので密度が高いのを一回で避けられるよりも確実に当てていきやすい日本側に軍配があがるんですね。
手動攻撃などによって色々と変わっていきますが、それはアメリカ空母も日本空母も同じなのでここでは含めないものとします。

勿論、アメリカも悪いところばかりではなくて空戦の強さは脅威ですし、雷撃の密度の高さは戦艦を1中隊で屠るだけの火力を備えています。
なにより小隊数が少ないことで操作しやすかったりもしますしね。

技の日本と力のアメリカ、やはり日本がちょいと選ぶなら優勢のようです。
さて、ここからは両方のルートの入口に当たる空母を比較してみようと思います。

鳳翔 vs Langley

ようやくアメリカの空母であるLangleyを開発、改装が済んだので折角だから鳳翔とLanglayを比較して見ようと思います。

 鳳翔
INJ.CV4(2)
 Langlay
USS.CV4(2)
艦載機の構成(1中隊4機)
戦闘機中隊1(予備機4機)
雷撃機中隊2(予備機8機)
艦載機の構成(1中隊6機)
戦闘機中隊1(予備機4機)
雷撃機中隊1(予備機4機)
爆撃機中隊1(予備機4機)
格納庫搭載容量
24
格納庫搭載容量
30
巡航速度
戦闘機154ノット
雷撃機107ノット
巡航速度
戦闘機142ノット
雷撃機97ノット
爆撃機122ノット
最高速力
25.4ノット
最高速力
15.0ノット

空母で大事になる部分を表にしてみました。
やはり、アメリカの特徴である1中隊6機編成とアメリカ側の搭載容量が目を引きますね。
しかし、ここで問題になってくるのが予備機の圧倒的少なさです。
一度全滅させられてしまうと中隊を構成する艦載機の数は4機となり、これは日本の空母とほぼ同等になってしまいます。
雷撃機が全滅すると4発の魚雷を1方向から流すだけになってしまい、密度も大幅に減少します。
なので幾ら制空戦闘が強いとはいえ、攻撃力が下がりやすく敵戦闘機からの攻撃を意識して早めに敵戦闘機隊を叩き落とす必要があります。

対して鳳翔は搭載容量が少ないものの、雷撃隊が二中隊分余裕があり下手をこかないと同時に全滅なんてことは少ないので消耗しつつも攻撃能力を維持できます。
空戦で負けるとはいえ、多少の足止めは可能なので戦闘機を使い捨てて雷撃を通し、次の攻撃では片方の中隊を使い潰し……と運用する余裕があります。
攻撃的である分、Lengleyより稼ぎやすいと言えるでしょう。

また艦載機の速度も日本が勝利しており、反復攻撃の短さも売りになります。
同時に使っているとこれは特に意識させられるポイントで、Lengley側の方が攻撃をしにくいと感じました。

空母本体の速力もまた日本が勝っていて10ノット近い差が開いています。
Lengleyは魚雷の回避もしにくく、戦線をよく見ないと逃げ遅れる可能性が出てくると鈍足さに泣かされることもしばしばです。

初心者目線で単純に乗り比べても鳳翔の方が使いやすく、データでみると更にその考えを後押しするものとなりました。
日本空母だけに乗っていた時はアメリカっていいよな、制空絶対勝てるし、なんて考えていたので、両方に乗ってみるというのは大事というわけですね。
どちらも強みはあるので、両方の特性を理解して選びたいところです。

まとめ

圧倒的に日本押しの記事になりましたが、個人的には好きな艦に乗るのが一番だと思っているので参考程度にしてください。
アメリカ空母のパワフルさも中々素敵なので、日本空母に乗り慣れてきたころに使ってみるとまた新しい発見があるかもしれませんよ。
では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク