日本空母紹介(飛龍編)

どうも、さるまんです。
本来ならデレステのイベントについて書く日なのですがちょっとイベント疲れもあり、今回はやすもう!という感じになりました。
ちょいと体調も悪目であり最初から走れなかったのも大きいですが。

さてそんなわけで今日書いていくのは動き模索中の飛龍の紹介になります。

日本tier7空母 飛龍

飛龍はミッドウェー海戦に参加した日本4空母の中でWoWsに唯一実装されている空母で、これまで乗ってきた空母と一線を画す性能を持っています。
総艦載機数は72機に中隊数も上昇を続けた結果6中隊、敵艦長の質の上昇、標的となる艦の対空砲火の向上もありプレイヤーに負荷をかけてきます。
間違いなく強い、しかし難しい。そんな空母です。

航空管制はバランス編成、制空編成の二つがあります。
バランス編成は2-2-2と制空も多少行える上に攻撃面では龍驤の雷爆編成のままという中々使い勝手の良いものになっています。
しかし制空権持ちが増えてくるtierですので制空権が無い状態だと同じ編成でも押し負けるのでそこがネックになってきます。
殴り合うわけにはいかないのでAltでなんとかするしかないのに、相手の方が明らかに上手い!なんて状況が多発し、中々難しいですね。

制空編成ではバランス編成の制空権持ち相手にもなんとか殴り合えます。
そして地味に龍驤から追加された爆撃機のお陰で3-1-2編成になりますので火災を上手く利用することでしっかりとダメージも稼げるようになります。
制空権を握りつつ、爆撃機をメインウエポンにすることが出来ればこちらもしっかりと脅威になることが出来るでしょう。

続きを読む 日本空母紹介(飛龍編)

動画作成環境の紹介

どうも、さるまんです。
今日はなんとなく動画作成環境の解説をしたいと思います。

何を使って動画作成をしているの?

さるまんはあまり凝った編集はしていませんが、それでも入口の解説位は出来ると思うので紹介して見たいと思います。
基本的にさるまんは現状、PCゲームの録画&動画作成しかしていませんのであしからず。

まずゲーム画面の録画ですが、さるまんが利用しているのはアマレコTVです。
この部分は正直ロイロゲームレコーダーなど色々とありますので調べてみて良いなと思う方で良いと思います。
一番最初に使って使いやすいなーと思いそのままずるずるとそのままになっているのが現在の自分ですのでここら辺はもっと色々と見ていきたいところです。

アマレコTVでは無料版を使っているとロゴが表示されるのですが、これは非表示にする設定があるようです。(紹介しようと思って調べてたら記述を見つけました)

アマレコTVの設定の仕方について詳しいサイト
→https://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/391.html#id_56da4e7e

次にその録画の編集を行っているのはYMM3!
こいつは操作がわかりやすくてゆっくりの声もいれやすいので非常に便利です。
字幕実況するにしてもキャラ立ち絵の設定なんかも出来るのが嬉しいところですね。

YMM3について説明している動画もあるのでこちらを見ればすんなりと出来るんじゃないかと思います。

解説するよりも見た貰った方が速いかなという具合!

最後にそのYMM3で出来た動画をMP4にするために使っているのがAviUtl!
動画編集用のソフトらしいのですが使い方説明を眺めていてこんがらがっていったので、現在はもっぱらYMM3で作った動画の最終調整に利用しています。
エンコーダーとして使っていていいのかAviUtl。

こちらも詳しい解説が載っています。

ここでエンコード部分を利用して完成という感じです。

まとめ

凄いぞ、使っているソフト全部わかりやすい説明が存在してる!という具合で調べるのもかなり楽ちんになっています。
問題はこの後で意外とゆっくりを喋らせるのは難しかったりと悩んでいくことになるはずなのですが、そこは管轄外。
意外と作成環境の入口を作るのは簡単ですのでやりたくなったならレッツトライって感じですね。

では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

森久保ォ!ボイス実装おめでとう!

どうも、さるまんです。
最近妙にWoTのお陰でボロボロなメンタルになりつつありますが、今日嬉しいイベントがありましたのでその事について書いていこうと思います。

祝!森久保乃々ボイス実装!

森久保ォ!

さるまんがデレステを継続プレイするきっかけになったアイドルがこちらの森久保乃々です。
第5回シンデレラガール総選挙で4位にランクインしたことでボイスの実装とCDデビューが決まった今熱いアイドルの一人ですね。
デレマスはかなりにわかな自分ですが、ボイス実装されると中々嬉しいものです。(ミリオンだと最初から全員ついてたしね)
ボイスは森久保だなぁという感じのいい感じの声の震えっぷりと凛の優しい声でなんだか笑ってしまいます。

森久保は小動物系自己評価の低い押しに弱い子という中々こう、イイキャラをしています。
森久保はデレステでは一番低いレア度がRと意外と手に入れにくいのですが是非コミュを見て欲しいところですね。
何が可愛いってこうちらちらってこっちに期待のまなざしを向けてくるところとか、なんだかんだ丸め込まれてこう仕事頑張ってくれるのが嬉しい、嬉しい。
デレステのコミュをボイス付きで是非聞きたいところです!

続きを読む 森久保ォ!ボイス実装おめでとう!

WoWs ver0.5.9到来!

どうも、さるまんです。

空母動画投稿しました。

今回は制空ボーグをボコった動画でまぁ、なんというか極端な一例という感じですね。
対制空編成は味方の対空を使おうということさえ伝わっていればいいかなと思います。
動画ストックが溜まり過ぎてやばいので消化して行かなくては……。

WoWs ver5.9.0

さて前振りはさておいてそろそろ本題に移りましょう。
本日07/28にWoWsのver0.5.9にアップデートが行われました。
そんでもって今回書いていくのはそのアプデの感想とどう変わっていくかなんかを予想しようというものです。

アップデートの内容は公式を見た方が速いのでそちらでお願いします。

今回の主な変更点は二つあります。
・状況認識が初期状態から習得されるようになる。(+勝手にスキルの置き換え)
・煙幕の効果範囲が水面に表示されるようになる。
・tier4までのtier差を+-1に制限、tier8以降の空母が1隻しかマッチングされないようになる。

続きを読む WoWs ver0.5.9到来!

困惑のオーバーラン(君にいっぱい☆編)

どうも、さるまんです。
イベント走ってると流石に飽きてくるもので次イベはちょいと走るの辞めるのも考えようかなって感じになっています。
楽しいし曲も好きなんですが流石に1日に何回もスタミナ消化はツカレル……疲れない?

おや、ボーダーの様子が?

イベントお疲れ様でした。
今回は予定通りに通常曲で2倍を使わずにコツコツとイベントPtを拾っていく方針でプレイした為か大体同じくらいの走りでも結構ポイントの量を増やすことが出来ました。
前回の方が最終的なポイントが多いのは最後に焦って走ったからで普通に走った場合と比べると2000程増えているので十分効果的だったと思います。
しかし、何故か伸びないボーダーを気になって調べてみると15000ptで12万位の勢いだったそうです。
うーん、ポケモンGOが影響してるのかなとか思いつつ多めに走った感が出てきてなんだか困惑してしまいますね。

続きを読む 困惑のオーバーラン(君にいっぱい☆編)

クラン【I-MAS】を設立して3ヶ月

どうも、さるまんです。
最近今後のクランの方針について考える機会があったので書いていこうと思います。
あんまりアイマス要素もWoT要素もないので興味ない方はスルーしてネ。

【I-MAS】はWoTプレイヤーでアイマス好きの方の中で拠点戦をやろう、やりたい!という方を募集しているクランです。
tier6拠点が現状のメインですのでtier6中戦車、軽戦車は必須になります。
また、それなりにWoTをプレイしている人を、ということでWN8の直近1000戦の数値が1150以上の方を対象に募集させてもらっています。

クランページ→http://asia.wargaming.net/clans/2000006894/
クランwiki(編集中)→http://wikiwiki.jp/wot-i-mas/

クランの現状

クランメンバー全12名、平均的な夜のログイン人数6~8人。
tier6拠点戦総戦闘数236回(勝率60%)、直近28日の戦闘数105戦(勝率61%)。

http://wotlabs.net/sea/clan/I-MAS

少人数クランの割に拠点戦の開催数が結構な回数になっていて勝率も悪くないなど、結構いい線行っているクランだと思います。
クランメンバーの腕も高く、拠点戦での撃ち合いでの強さは驚くもので中々悪くないこれから伸ばせれる纏まりになっています。

続きを読む クラン【I-MAS】を設立して3ヶ月

WoTのMAP考察 その32(カレリア)

どうも、さるまんです。
残りマップもカレリア、スターリングラード、暴風だけになってしまいました。
正直ここまで残ったからには理由があるというかそもそも解説できるほど知識の蓄積が出来ていないのが原因です。
カレリアは北には行ったことが無いレベル、スターリングラードはそもそも選ばれる可能性が低い、暴風はルートが多く状況が固定されないと結構な曲者マップだからです。

さてそんな事も言いつつ、書いていこうと思います。

*注意事項*
書いてるのはWN8の緑上がりたてですので、それ以上の方にはあまり有効な情報ではないかと思います。
ですので、そこ間違えているよというような部分がありましたらコメントお願いします。

カレリア(KARELIA)

このマップは南東と中央の丘が主戦場となるマップで、丘を制圧されると北西の内側と陣地の結構深めの場所まで射線が通るようになります。
その為、初動で丘の取り合いになることも多いのですが、意外と重要になるのが丘の入口に蓋をする重戦車で、牽制が無い場合は重戦車までもが丘に参戦してしまい不利になるので後続を阻止する意味合いでも入り口での撃ち合いも重要です。

続きを読む WoTのMAP考察 その32(カレリア)

アメリカ空母紹介(インディペンデンス編)

どうも、さるまんです。
今日更新してたっけーって覗いたら案の定でした。
危うく更新しないでWoT起動するところだったので危ない危ない。

インディペンデンス(インディペンデンス級航空母艦)

インディペンデンスはWoWsにも居るtier6巡洋艦 クリーブランド級の船体を利用した軽空母です。
なので意外と硬く(飛行甲板は柔らかい)、そして足もようやく鈍足さから開放されるので扱いやくなっています。
夜間飛行専用の航空隊を搭載していたというなんかアメリカらしい余裕があるだけに変なことしてるなという感じの空母だったりします。

航空管制はバランス編成、制空編成、雷爆編成の二つがあります。
バランス編成はようやくラングレーの1-1-1編成に戻ってそこそこのダメージを出せる爆撃機が帰ってきます。
ここからtier9になるまでバランス編成はずーっとこの編成のままなので結構大変そうに感じてしまいますね。(飛龍と比べると2倍の差が)
実際に使ってみると意外と使い勝手は悪くなく、操作量が少なくて済むのが結構ありがたく感じてしまいます。
もっともこれは自分が龍驤だと制空編成しか使わないせいで火力高くていいじゃん!とみたいになっている可能性もあります。

制空編成はボーグから変化がないので割愛させてもらいます。
正直tier7で爆撃2になってからでいいんじゃないと思ったり。

続きを読む アメリカ空母紹介(インディペンデンス編)

ソ連戦車の傍流を紹介する(ST-I編)

どうも、さるまんです。
カテゴリーを眺めていて長い事車両紹介をやってなかったなぁということで、折角なので書いていこうかなと思います。

tier9に現れたT29

今回紹介するのはこちら。
ソ連重戦車tier9のST-Iです。えすてぃーあいではなくてえすてぃーわんなのが注意点ですね。
E75やVK45.02Bと共に硬いtier9重戦車として話題に上がることが多いですが、人気の第一重戦車ルートのT-10と比べると目撃されることが少ない戦車になっています。
こいつを分かりやすく評価するならば、tier9相応の性能になったT29といった雰囲気の性能になっています。
頭がカチカチで車体上部はIS-6似のそこそこ硬い装甲になっています。
車体ガチガチのドイツ重戦車兄弟とはまた違った硬い戦車ですね。

続きを読む ソ連戦車の傍流を紹介する(ST-I編)

動画投稿しました その4

どうも、さるまんです。
昨日記事を書き終わった後横になっていたら深夜になっていた現象が起こってしまいました。
結局動画を朝方に設定して投稿したのですがどうせなら水曜日固定にしたいなぁということで、来週からは水曜日に投稿するのを目標にしていきたいところです。

空母坂を登り切る

新シリーズの目標は白龍とミッドウェイまでの全空母を動画化で、のんびりやっていこうと思います。
現状、アメリカ空母ツリーはインディペンデンス(tier6)で日本空母ツリーは飛龍(tier7)までとなっています。
アメリカ空母ツリーは産廃呼ばわりされていたり、意外と悪くないとか言われているので不安だったのですが、インディペンデンスを使った感想としては意外と悪くないと感じたのでこの先も一応進めそうです。
レンジャーからは制空編成にすると爆撃機が2中隊になるようなので制空編成をメインに使っていこうかな?とか思っていたり。

とりあえず次回予定としてはボーグの動画を作りたいですね。
ボーグは最初はなんか微妙な空母だと思っていたのですがなんだかんだ火力良し制空良しと瑞鳳が強すぎるだけなんだ……と擁護したくなるような性能をもっています。
ボーグを信用するようになったのは瑞鳳二隻の開幕空襲を自分の戦闘機隊と対空砲火で耐え抜いた戦闘からです。
意外とアホみたいに対空高いのが広まっていないのか、前に出ていると攻撃機に狙われるのでなんとか上手く前に出てこの性能を活かしてみたいところ。

ではでは、今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク