WoWs流行れ委員会活動報告

どうも、さるまんです。
ちょいと作っていたWoWsの初心者向け解説動画の1本目を投稿しました。

『サーバー毎の特徴と招待について』

内容的にはサーバー毎の特徴と見落とされがちな招待についての解説になります。

投稿して割とすぐにツッコミが入るなど結構ありがたい感じですね。
一発目からそれでいいのか、なんて思っちゃいますが、ほらこういう動画ってコメントでの補足もあって完成みたいなところあるし……!
とか言い訳しそうにもなりますが実際のところASIAとRU以外はイマイチ知らないので嬉しい補足です。

さて、次回以降は基本的なシステム周りの解説をしていくつもりなのでわかり安くかつスパッとしたのを作れたらいいなと思います。
特にAP HE関連は結構大事だと思うので出来るだけ早く上げたいところです。
前に変えた順番変えるのも考えながら編集頑張りたいと思います。

ではちょいと今日力尽きかけているので短いですがこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    ドイツ戦艦を紹介して見る(Tirpitz編)

    どうも、さるまんです。
    この頃紹介ばっかりだなぁという感じなので何か見て、読んでネタを仕入れたいところですね。
    とりあえず皇国の守護者を読み返しているのでその感想当たりかなぁなんて思ったりしてます。

    さて、今回はちょいと前に買ったティルピッツの紹介をしていこうと思います。

    ドイツtier8 プレミア戦艦 ティルピッツ

    ↓の動画でも紹介していますが、史実ではちょい不遇な戦艦です。

    しかしゲームではドイツらしい堅牢さと魚雷を装備していることでビスマルクとは一味違った近接戦能力の高さを持つ戦艦です。
    主砲は38cmと同格と若干劣るものの装填速度で優り、手数寄りになっています。
    副砲は他のドイツ戦艦よりも範囲が狭く、代わりに魚雷を両舷に1基4門づつ装備しているので近距離での戦艦との撃ち合いに有効です。

    防御力はドイツ戦艦らしく水平方向への装甲が硬いのですが真上からぶち抜かれるということが増えた気がします。
    これはおそらく敵艦の貫通力向上や、交戦距離が伸びたことで起こるのでしょうね。
    HPが3000ほど多いのがちょっとだけ嬉しいところです。
    対空はそれなりに優秀で副砲を伸ばさなくていいので対空砲改良で範囲を伸ばしてもいいでしょう。
    足回りはドイツの高tier戦艦らしく30ktsでるので不自由を感じることはありません。

    纏めると綺麗に纏まっている戦艦ではあるものの交戦する相手の性能が上がっていることから装甲が過信できるものではなくなっているのに気をつけないといけません。
    しかし十分な機動力と近接戦での強さをもっているのであまり問題視しなくてもいいのかもしれませんね。

    続きを読む ドイツ戦艦を紹介して見る(Tirpitz編)

    WoWsの日本語クライアントで他のサーバーをプレイする方法

    どうも、さるまんです。
    今日はブログに新しいプラグインを入れたことですし、前にやった日本語クライアントで他のサーバーでプレイする方法を書き直してみようと思います。

    2016/12/24追記
    海外サーバーとASIAサーバーではverがずれる場合やツリーからのプレ艦購入の差異があるので、ある程度空気を見て腰を据えるならば海外クライアントを落とすことを推奨します。

    WoWs海外クライアントの日本語化の方法

    設定ファイルを弄る

    まず、こういった設定ファイルを弄る場合には基本的にメモ帳なんかで開くのはご法度だったりします。
    何故かと言うと文字コードが勝手に変更されたりして動かなくなることが多かったりするからです。
    WoTのMODを弄ろうとしてこれで一度動かなくなったので、やっぱり横着せずに何かソフトを落とすべきですね。

    因みにさるまんはEmEditorを使っています。
    試用期間が過ぎた無料版を使っていますが、これで不自由したことはないです。

    落とし方なんかはグーグル先生に聞いてもらうとして再度の注意事項を。
    こういったファイルを弄る時には必ずバックアップを取るようにしてください
    なんか動かない!変な動作が起こった!という時にバックアップをぺたーって元に戻すのは結構大事な作業ですからね。
    (ファイル消してしまってランチャーの設定から使える整合性チェックを利用しても良いとは思いますが)

    さて、それではWoWsの保存されてある場所にあるresフォルダの中のscripts_config.xmlを弄っていきましょう。
    このファイルはアップデート毎に更新されるのでその都度弄る必要があります。
    また、変更が加えられる場合もあるようで、その時はまたこの記事を編集したいと思います。

    続きを読む WoWsの日本語クライアントで他のサーバーをプレイする方法

    最近空母の航空管制について考えていること

    どうも、さるまんです。
    今日は久しぶりに空母についての記事になります。

    本題に入る前にさるまんはtier8までの空母の経験しかないので、はははこやつめと広い心で読んでいただきたいところです。

    勝ちに行く航空管制って?

    空母の航空管制は制空編成、バランス編成、雷爆編成(アメリカ空母だけ)と3種類あります。

    空母が求められている事と言えば盛んに叫ばれている『空母なにやってんだ、攻撃機こっちに飛んできてるぞ!』やら『こっちの空母雷爆かよ』なんかでもわかる通り、制空です。
    そして駆逐のスポットであったり魚雷の早期発見だったりと所謂制空編成の仕事だったりします。
    バランス編成でも出来なくはないですが捨て身で来られたりすると中々阻止しにくいですね。

    しかし、実際の所は制空編成でも完全に守り切るのは中々難しく、制空編成の火力から考えるとワンチャン通ればダメージレースの面で逆転されかねない危うさを抱えています。
    そして何よりも制空編成で守る味方と言うのが絶対上手いというわけでもなく、下手な人もいれば上手い人もいるという闇鍋状態です。
    ぶっちゃけて平均勝率って48%くらいでそこが一番層厚くて上に行くほど少なくなる形なので上手い人の方が少ないという事実があります。

    要するに他人に頼ることになる制空編成は危うさの塊ということです。

    続きを読む 最近空母の航空管制について考えていること

    シャドバ界で1番後ろ向きな土ウイッチを弄る

    どうも、さるまんです。
    今回は最近シャドウバースでハマっているデッキについて紹介をしていこうと思います。

    土冥府ウイッチ

    別の記事でも紹介しましたが↓の動画に触発されて組んでみました。

    参考にしつついじり作ったのが上の画像のデッキです。
    めっちゃピン刺ししてんな!とか自分でも突っ込みたくなるくらいのデッキです。
    まぁ、現在進行形でざくざくデッキ変わっていってるので抜けるカードも多いかもです。

    じっくりと盤面を取っていくようなデッキなので回していて楽しく、後憎いあん畜生であるエイラに対して結構有利を取れるので気にならなくなるのが好きなポイントです。
    じっくり動くので冥府や超越にやや弱めなのが気になるところかもしれません。

    一応どういう意図で入れてるかなんかを書こうかな。

    続きを読む シャドバ界で1番後ろ向きな土ウイッチを弄る

    アメリカ空母紹介(サイパン編)

    どうも、さるまんです。
    大分久しぶりに空母紹介をしていこうと思います。

    RUサーバーでサイパンのセールが来たので早速購入してきました!
    お値段5500円也と値段の割に色々とついているのでまぁ、良いかなーという感じです。

    アメリカtier7 プレミア空母 Saipan

    さて、レンジャー乗りとしては幾度となく辛酸をなめさせられた憎いあん畜生なサイパンはボルチモア級重巡洋艦をベースにしたインディペンデンス級と言った感じの軽空母です。
    戦後艦ということもあり搭載機はtier9のものになっていて航空管制も特殊なのが特徴的ですね。

    艦載機は軽空母と言う事もあり、搭載機48機とtier的に見てかなり少なめなのですが艦載機の性能が良いため少なさをあまり感じずに済みます。
    硬さや空戦の強さは勿論なのですが速度が速い事で空戦は戦闘場所を自分で選択することが出来るため、不利なポイントでは速度で交戦を拒否することで損耗を減らすことが出来ます。
    攻撃面でも素早く攻撃出来るので被害が小さくすみますし、そもそもtier9でtier7の対空砲火をうけるわけですから被害0も珍しくありません。(流石に対空艦相手だと厳しいですが)

    それに加えて特殊な航空管制も強さを支えています。
    戦闘機、雷撃機は3機1中隊、爆撃機は8機1中隊で普通のアメリカ空母と違い回転率が非常に高いです。
    雷撃編成は2-2-0で雷撃機を2中隊同時に使える唯一のアメリカ空母であり、射線数は3本とやや扱いにくさはありますが2中隊の便利さに比べれば慣れの問題ですね。
    制空編成は3-0-1で圧倒的な速度を活かした制空と手動爆撃と同じ範囲の自動爆撃から繰り出される駆逐殺し力が特徴的です。
    ただ着火コンボは出来ないためじっくり炙ってダメージを取れるわけではないのが難点です。

    ある程度慣れた空母乗りが使えば鬼に金棒、そして初級者でも制空編成でしっかりと稼げるようになっているサイパンは正しくOP空母ですね。
    お金は雷撃なら30万安定で稼げそうな感じです。

    続きを読む アメリカ空母紹介(サイパン編)

    ドイツ戦艦を紹介して見る(Gneisenau編)

    どうも、さるまんです。
    今日はドイツ戦艦の紹介をしていこうと思います。

    ドイツtier7戦艦 グナイゼナウ

    ちょっと前に姉妹艦のシャルンホルストを紹介しましたが、グナイゼナウは姉と結構性格が違った戦艦になります。
    その理由が史実の換装計画を反映した38cm砲3基6門でシャルンホルストの28cm砲3基9門から大幅に投射量が低下しています。
    反面貫通力やダメージは向上しているのですがイマイチ当てにくく感じることも多く、取り回しの良さは悪くなっていますね。

    この38cm砲ですが思ったよりも精度は悪くなく、グナイが得意な10km前後まで詰めれば案外ばらけずに当たってくれます。
    魚雷を装備していることも合わさってやっぱり突撃向けな近距離戦仕様になっていますね。

    主砲はやや悩ましいグナイゼナウですがそれ以外の部分は非常に優秀です。
    対空砲はtier10の物を装備しており5.4kmからほぼ最大火力で対空砲火を行うことが出来、空母としては相手にしたくない威力を誇ります。
    また最高速も32ktsと高速で舵の利きも良好です。(旋回半径は広いですが!)

    装甲はバイタルはドイツ戦艦らしく硬いのですがそれ以外の部位が柔らかく、意外とダメージを受けたりします。
    なので硬いからと油断してたら手痛いダメージを受けてしまいますね。

    纏めると主砲が癖があるものの全体的に綺麗に纏まった戦艦となっています。
    ほぼ同条件で主砲が扱いやすいシャルンの方が好かれてしまうのは宿命か……!

    続きを読む ドイツ戦艦を紹介して見る(Gneisenau編)

    動画投稿しました その14

    どうも、さるまんです。
    なんだか記事数も増えてきたのでまたカテゴリーの整理もしないとなとか考えていたりします。
    もっと細分化して記事に行きやすくするのも大事だと思いますしね。

    さて、この記事を書き終わったらそれはやるとして、今日は投稿した動画について書いていこうと思います。

    魚雷は正義、ティルピッツ!

    なんとなーく買ってしまったティルピッツ1戦目で上手い事(?)いったのでそのまま動画にしましたという感じです。
    よくもまぁ初動の突撃で生きて帰れたもんだと思います。
    当時は初動の出遅れで頭一杯で戻る選択肢はないと判断し味方も付いてきてる!(と思った直後に転舵開始してたようです)と思い突っ込んだので動画でも触れていますがそもそもルート選択ミスでしたね。
    ティルピッツの硬さと少し多いHPのお陰で耐えきれたのですがもう1隻居たり、魚雷をもう1本受けていれば沈むスレスレでしたのでやるもんじゃないなと編集して笑っていました。

    グナイゼナウでも思いましたが近接戦で魚雷を使えるのは最後の最後で有利に切れるカードであり積極的に使うものではありませんが非常に頼もしい装備ですね。
    艦を立てた状態で突っ込めば全然ダメージを受けませんし、戦況が優位で転びようがないときに突っ込んで格上戦艦に魚雷をぶち込むのは気持ちいいです。
    反面駆逐相手なら副砲の方が威圧しやすいと思うのでビスマルクと一長一短という感じですね。

    すごい戦艦らしい戦艦で乗っていて楽しいのでまた動画で出番があるかもしれませんね。

    もうちょっと乗ったらティルピッツの記事も書こうかなと思いつつ今日はこのへんで、ではでは。

    ↓クリックお願いします。

    人気ブログランキングへ

    • スポンサーリンク

      森久保SSR追加と無常な……

      どうも、さるまんです。
      森久保ォ!SSR追加おめでとう!

      森久保乃々SSR追加

      ニコニコを眺めていると↑の動画を見て実装されたのを知り、今出せるお金で30連引いてきました。
      結果はまぁ、無常な敗北だったわけなのですが限定SSRじゃないというだけで首が繋がった気分です。(デュラハンみたいにね)
      ……めっちゃ悔しくて貯金に手を付けるか悩むレベルなのですが一瞬で8000円近く溶けている現実と向き合う必要があり、これが少ない貯金を食い散らかした挙句に出ない可能性を見てしまうと撤退の判断が正しくないけど正しい気がします。
      ちょうど森久保がホーム画面で諦めませんかと言ってくれていることですし……。

      スカチケ販売されたら課金しようと思います、うん。

      それはまぁさておいてさるまんも知っていたのですがデレステのコミュでボイスが実装されています。
      さらにこのタイミングで4話目も開放されていたりとやばいですね。
      内容としてはなんか最終話的な雰囲気がありつつも来週なというのにこう笑いました。
      ボイスなしでも可愛い森久保ですが、ボイスがつくと一気に変わりますね。
      通常コミュだと震えてる感じが減って結構落ち着いて喋ってる感じになるのも個人的に好きかもしれません。

      続きを読む 森久保SSR追加と無常な……

      RU鯖の空母情勢

      どうも、さるまんです。
      あまりにもしんど過ぎて朝こそっと昨日の日付で書いてるのですが、まぁ見栄えの問題と言うことでここはひとつ。
      さて、今回はロシアサーバーの空母事情について書いていこうと思います。

      RU鯖の空母情勢

      何故書こうかと思ったかと言うとRUでも飛龍をゲットしたからです。

      アメリカ空母はレキシントンまで行っていますし、良いころ合いかなと。

      RU鯖はこの画像を見てもらえればわかると思うのですがアメリカ空母の数が多い環境だったりします。

      そして編成は雷爆が非常に多いというなんだこれ……とアジア鯖出身の身では思ってしまう情勢になっています。
      同時にtier8以降のアメリカ空母の勝率が普通に50%越えていたりとなんだか面白い状態に。
      こりゃあんまりアメリカ空母の強化や日本空母との調整がそこまで行われないわけです。
      だって若干劣るとは言え50%越えてんだもの……、そりゃ問題ないと判断もされるよね、という感じに。
      まぁ、そもそもロシアの空母の戦闘数が少ないのも大きいとは思うのですが。

      つまりこれって日本空母で行けばアメリカ空母をかもれるのでは、なんて思ってしまいますね。
      また、空母乗りの腕もアジアの方が上なのでは?と思う事も多々あり、拮抗したなという戦闘も少なくそのせいであんまり空母動画用の素材が集まらなかったりします。
      反面プレミアリーグでの空母はわかってる翔鶴が非常に多かったことから上位層の腕前はアジアとも大差ないと思いますので油断してるとそういう空母乗りと遭遇するのですが!

      雷爆LEX VS 雷爆LEXだとただでさえ展開の速いRU鯖の展開が高速化するのも面白いところですね。

      慣れてしまって鈍りそうですが、そうならないようにきっちり仕事したいところですね。
      ではとりあえずこのへんで、ではでは。

      ↓クリックお願いします。

      人気ブログランキングへ

      • スポンサーリンク