日本空母紹介(翔鶴編)

どうも、さるまんです。
今日はようやく手に入れたtier8日本空母翔鶴の紹介になります。

日本tier8空母 翔鶴

翔鶴型は飛龍を参考に拡大発展して完成した空母で、一種の完成系に至った空母です。
一番艦の翔鶴はやたらめったらと大破した戦績を持っていて不幸やら言われていますが、正直あんだけ大破しまくって大丈夫だったのはある種運が良いよななんて思ったりしますね。
エンタープライズと散々やり合った挙句に、唯一エンタープライズが撃沈に関わってないのも中々因縁を感じるのも高ポイントだったりします。(なんのポイントでしょうね……)

さて、史実の話はこのへんで置いておいてWoWsの話をしましょう。
WoWsの翔鶴はと言うと艦載機の搭載数や航空管制に変化はないものの飛龍での唯一の弱点だった雷撃機が更新され、また艦載機全体の速度向上を果たした飛龍の正当強化型になります。
他の変化と言えば対空砲の向上ですが、3.1kmから本気出す25mmではあまり頼りになりません。
対空砲強化ガン積みは有効ではあるのでしょうが、普通に戦闘機で制空戦の出来る翔鶴ではイマイチな気がします。

そして翔鶴自身の変化とは別の所で周りの対空が向上するのでこれも気にしないといけませんね。
tier10にほり込まれるということはつまりデモインやらマイノーターやらの鬼対空を相手することになるのでより一層気をつけた目標選択が必要になってきます。
図らずも飛龍での雷撃機で四苦八苦したのと同じような状況になるのでもう慣れたものでしょうね。

使い込めば楽しいのは間違いない空母だと思います。

使用感の方はもうちょい乗り込んでからにする予定です。
では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク