日本空母紹介(大鳳編)

どうも、さるまんです。
チャットで名前を書くと伏字になる卑猥な同格空母からしばらくして日本の実在最強出落ち空母を完成させることが出来たので紹介していこうと思います。

日本tier9空母 大鳳

日本初の装甲空母として完成した大鳳は翔鶴型をベースにやたらと重量の嵩む装甲をどうにか問題なく備える為にエンクローズドバウ(艦首と飛行甲板の一体化)などを採用し苦心の末に完成した空母です。
まぁ、まさか魚雷一本で吹き飛ぶ出落ちになるとは誰も予想もしなかったろう不運の空母でもありますね。
イギリス海軍が作り上げた装甲空母のイラストリアス級は軽空母並みの搭載数の代わりに500キロ爆弾を弾いたと言いますし、大鳳も魚雷じゃなければなぁ……と思ってしまいますね。
爆撃でも普通にぶち抜かれそうな気がするのは気のせいで合ってほしいものです。

さてゲーム内の大鳳はと言うとボトムの可能性がなくなり、対空砲火は更に厳しくなっているものの順当な攻撃力の向上を果たした超強力空母です。
航空管制はバランス編成、制空編成共に雷撃機の追加を受けており、超火力のバランス編成と火力を両立した制空編成へと進化しています。

さらに装甲化された甲板のお陰で爆撃のダメージや不意の砲撃から耐えれる可能性も向上しており、隠蔽の悪化こそありますが防御力が向上しています。

弱点は無いと言っても過言ではありませんが、強いて上げるならば戦闘機の弾薬が少なくなっておりやや扱いにくくなっています。
搭載機数も83機ですが、不意の対空特化艦との遭遇には気をつけなくてはなりません。
同時攻撃する機数が機数ですので戦艦相手はまったく問題ないのですが巡洋艦だけは気をつけたいところですね。

纏めますと文句を言うのも躊躇われるレベルの空母です。
マッチング以外文句の無かった翔鶴からさらに強化されていますしね。

続きを読む 日本空母紹介(大鳳編)