TOTAL WAR: ARENAのクローズドβテスト開始!

どうも、さるまんです。
今日はさらりとWGが共同開発しているゲームの紹介をしていきます。

ざっくり言うと中世の会戦ゲー

TOTAL WAR: ARENAはTOTAL WARシリーズの新作で所謂RTSゲーです。
システム的には10人vs10人で1人は3ユニット操作できるという割かし操作する対象が少ないRTS初心者にも取っつきやすいものとなっています。
出てくるユニットは騎兵や歩兵、投石器やバリスタ、弓兵などで実に中世然とした会戦ゲー感を漂わせています。

テスト応募はこちら

おま国されていた以前のテストに参加していた感想は何かと戦車やら未来兵器たちで戦うRTSばかり触れていた自分にとってはかなり新鮮でした。
なんかよくわからない中でのプレイは歩兵での戦線構築が主でしたが、騎兵での高機動での戦闘も中々スリリングで面白く(溶けやすいから難しい!)弓兵での援護プレイも味方を普通に巻き込むので考える必要がありました。
因みに割と楽しかったのは3プレイヤー分の部隊に捕まり、仕方なく防御スキルを使って拘束している最中に味方から遠慮なく投石器でぶん殴られたことです。

文字ではわかりにくい面も多いと思われますのでニコニコ動画になにかないかと調べていたら動画が上がっていたので張っておきます。
情報規制が解除されたの最近なのになぁ、おかしいよなぁ!

クローズドβの招待状が何時来るかわくわくしつつ今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    WoWsのクラン戦がtier10らしいので作るお船を考える記事

    どうも、さるまんです。
    今日はWowsのクラン戦がテスト開始されたらしいので書いていこうと思います。

    きのこれない!と絶叫する空母乗り

    TAPにSTでクラン戦がテスト開始との情報が乗りました。
    ルールはtier10で7vs7らしく、艦種制限もあるとのことから複数の艦種を持って対応が楽だぜ!って感じでした。

    ……空母乗りとは言え制空下手な自分に枠がないのでは?
    そう危惧した自分は何を作るか考える羽目になったのでした。

    とりあえず手持ちにあるのは白龍とマイノーターです。
    白龍はおそらく制空編成を使う事が必要とされるので、使いこなしぇません……とか言ってる自分は無理。
    マイノーターはあれはあれで迂闊ムーブが許される船でもないのでダメ。
    乗れる船がない……。

    ということで手持ちから近い中でどれを作るか最近考えていました。
    まず真っ先に上がったのがミッドウェイ、制空編成は結構優秀だと思っているので(tier10で碌に攻撃できないだろうことを思えば)育成枠筆頭です。
    問題はエンタープライズの火力に慣れきった状態でエセックスに乗り続けるのを要求される事です。(正直やめたいつらいつらい)

    次は駆逐艦でZ-52かギアリング、と思ったのですが、ギアリング作るならグロゾ作った方が良くね?と思う事に。
    しかしまぁ煙幕射撃nerfくるとはいえ、防御的煙幕は有用だと思うのでギアリングも作らないとなという当たり前の事実。
    島風は夕雲あるのですんなり作れるとは思いますが、どうなんでしょうね?

    戦艦は大和一択なので悩む必要はありませんが、ビジュアル最悪な某浮かぶ猥褻物を通るのが最悪ですね。

    結局のところあんまり進めてるツリーから外れる事もなさそうだなということに気付いただけでした。

    では今日はこのへんで、ではでは。

    ↓クリックお願いします。

    人気ブログランキングへ

    • スポンサーリンク

      GW勢のグラブル バイブカハHLを解説してみんとす

      どうも、さるまんです。
      今日は久しぶりにグラブルの記事でも書いていこうと思います。

      高級鞄名物大縄跳びさん

      前回がマグナ攻略だった癖になんでこんな高難易度マルチの話題を出しているのかと突っ込まれそうですが、そもそも読んでた人少なそうだしマグナなんてどこにでも転がっているのでいいじゃんと開き直っていきます。

      さて、バイブカハHLですが所謂高級鞄HLと言われてる6人マルチの一つです。
      6人マルチは旧石マルチのHL版が存在していて、それのワンランク上の難易度のHLですね。
      他のHLマルチと同様にエリクシールが使用不可の為、全滅したら即終了の厳しいものとなっています。

      バイブカハで入手出来るのは↑のル・フェイで、神石用の武器です。(マグナでは効果が薄すぎるのでいらない
      直泥の他に毎戦1~2個落ちるアニマを100個集めて交換することも出来ますが、月在庫が1個なのでちまちま集めることになります。

      続きを読む GW勢のグラブル バイブカハHLを解説してみんとす

      メイドインアビス9話感想(アニオリ回)

      どうも、さるまんです。
      今日は久しぶりにアニメの感想を書いていこうと思います。

      大断層さんの活躍が増えるよやったね!

      なんでまたこの回だけピックアップして感想書く気になったのかというと、原作メイドインアビスでは20ページ程度しかないかった第3層がつくしあきひと先生の原案?でアニオリをやるということで書こうと思いました。
      実質原作ファン勢の愚痴みたいなものになるので、アニメからの人は回れ右するのが良いかなと思います。

      続きを読む メイドインアビス9話感想(アニオリ回)

      動画投稿しました(WoWs エンタープライズ動画)

      どうも、さるまんです。
      今日は動画投稿したので後書き的に書いていきます。
      なんかこのくだりも久しぶりすぎてなんかこう、あれですね、うん。

      エンタープライズの触りの動画

      まずは長い事放置していて申し訳ありませんでした。
      動画でも触れていますが、体力的にぐったりしていたのも多分にありますが、ねんまりしていたのも事実なのでようやく気が向いたというところです。
      今後はのんびりまったり手を適度に抜きつつ動画を上げていこうと思います。
      旧動画シリーズの魔理沙一人でやってたみたいなのでいいかなって感じです。

      今回の動画はエンタープライズの良いところ(雷撃力)と悪いような良いようなよくわからんところ(爆撃)がわかりやすくかつ攻撃選択面で良いところを付けてかなと思ったからです。
      負け筋から逆転したので動画栄えするかなという邪な考えもありますが、プレイ時よりも敵味方の大和が戦犯ムーブなのにちょっと唸りましたがそれは結果論なので置いておきましょう。

      見返すと攻撃面、雷撃もイマイチな部分も多々ありもっと研鑽出来るのがわかってモチベーションが上がりました。
      やっぱりリプレイ見返すのは面白いですね。

      では今日はこのへんで、ではでは。

      ↓クリックお願いします。

      人気ブログランキングへ

      • スポンサーリンク

        WoWS Info – 1st September 2017(TAP記事紹介)

        どうも、さるまんです。
        動画のエンコードが開始出来たので一安心しつつ、読んでいきましょう。

        Sea Group記事の紹介

        確定情報では無く、あくまで予定だったり開発中の情報だったりしますのであまり当てにしすぎないようにしてくださいね。
        後、google先生に頼っているので間違えている場合があります。気になる方は本当かどうか真実を自分の目で確かめてください!

        WoWS Info – 1st September 2017

        ・STでのレーダー、IFHE
        レーダーの変更は元に戻りました。
        IFHEは139mm以上の発火率は元に戻ったが、小口径のペナルティは減少したままになっています。
        発火率が変化する可能性は未だに残っていて、現在の設定を組み合わせてSTでテストされます。

        ・迷彩の追加
        30ダブロンで艦長経験値+100%と隠蔽と最大散布界のアレ
        60ダブロンで艦長経験値+100%と経験値+100%と隠蔽と最大散布界のアレ

        ・クラン
        海軍基地とクラン戦のルールのテストが開始。
        tier10で7vs7、艦種制限など。

        ・グラーフ・ツェッペリン
        熟練した空母乗りの一人であるFarazelleth氏が(2×5-3×3-1×8と3×5-2×3-1×8)を提案しており、これが好ましく上手く行くものだと信じていますが、他のアイデアも試してみたいと思ってる。

        読んでの感想

        レーダーはとりあえずデータ取れて実装ラインに乗ったから戻ったのか、微妙だから戻ったのか気になるところですがそこまで変わらん(英巡は死ぬ)くらいだと思うので確定するまではあまり気にしないでいいかな。
        IFHEは選択肢的に小口径のペナルティ軽くするくらいでいいと思っているのでこれくらいでいいのではという感想になりました。

        迷彩の追加は素直に良いなとは思います。バレンタイン迷彩人気というか買い込む資金あれば買ってたし妥当ですね。
        グラーフ・ツェッペリンはこの案で通ると嬉しいなぁとは思うものの変化球投げてきそうで不安、まぁ後4ヶ月はこないらしいのでどう転がってもおかしくないのでやはり今現在ではそこまで深く考えなくてよさげです。

        クラン戦の実装はtier10かぁと少し意外に思いました。
        tier6でまたランク戦みたいな酷いバランスでやらされるものかと考えていたので!

        では今日はこのへんで、ではでは。

        ↓クリックお願いします。

        人気ブログランキングへ

        • スポンサーリンク

          WoWs ver0.6.10日本語化MOD配布

          どうも、さるまんです。
          軽い確認をした日本語化MODについて書いていきます。

          今回も構造上の変化無し

          作り方はver0.6.4の記事ver0.6.3の記事などを見てください。

          アップデートの仕方の変更が来たのでびくびくしながら中身を見ましたが変更点はありませんでしたね。

          WoWs ver0.6.10日本語化MOD(pass:765)
          サンプルはこちらです、動作確認はしていますが導入は自己責任でお願いします。

          ↓クリックお願いします。

          人気ブログランキングへ

          • スポンサーリンク

            イギリス戦艦実装!(WoWs ver0.6.10アップデート)

            どうも、さるまんです。
            今日はRUでアップデートが来ましたので書いていこうと思います。

            WoWs ver0.6.10

            今回のアップデートでようやく、ようやくイギリス戦艦が実装されました。

            アジアのパッチノート

            RUではこれに合わせてフッドのツリーでの販売が開始されてイギリスtier7戦艦三銃士が結成されることに。(…)

            イギリス戦艦の実装の影響ですが、戦艦はずぶの素人なのでイマイチわかりませんがtier9とtier10の超回復はやばいのは間違いないのではと思います。
            さるまん個人での期待の星はKGVで、4連装砲を2基と連装砲1基の356mm砲という手数型な砲と強いHEの組み合わせがなんとも楽しそうですね。

            イギリス戦艦はHEがドイツ戦艦と同様の口径1/4の貫通力を誇る反面、AP弾は早く信管が作動するものとなっており巡洋艦相手に強く戦艦相手にはイマイチな仕様となっています。
            単純に考えれば巡洋艦相手にはAPで、戦艦相手にはHEとなるのですが457mmともなれば巡洋艦相手のバイタルパート貫通をHEで起こしかねない貫通となっています。
            その為、IFHEを試してみる方向やtier9辺りで伸びる対空を活かすための上級射撃のチョイス、高い隠蔽を活かすための隠蔽スキルなど艦長も好みで多様性が生まれそうです。

            運用面でも好みや方針などで差が出来そうですし、手堅い強さではない面白さがイギリス戦艦にはあるように思えるのでWoWs始めて以来一番のわくわくを感じています。
            ネルソンに使ったフリー経験値があればと悶絶しつつも給料日を待つか低tierに乗り込むか悩もうと思います。

            では今日はこのへんで、ではでは。

            ↓クリックお願いします。

            人気ブログランキングへ

            • スポンサーリンク

              アイドルマスター SideM LIVE ON ST@GE!が配信されたので、いや、あれ?

              どうも、さるまんです。
              アイドルマスター SideM LIVE ON ST@GE!が配信されました!

              配信はされたがスタートはしていない

              おおお!とダウンロードしたのも束の間、ミリシタと同じでとりあえずダウンロードは出来ますよという状態の模様。
              ダウンロードはApple storeで出来るので、事前に準備完了しておいた方がいいかもしれません!

              リンクはこちら

              明日か何時になるのかはわかりませんが、楽しみです、うん。
              ミリシタは次の日だっけ?とか記憶を遡りつつ、掲示板やらtwitterやらで網を張っておきたいところです。

              では短いですが今日はこのへんで、ではでは。

              エンタープライズをそこそこ乗っての感想

              どうも、さるまんです。
              今日は以前紹介したエンタープライズを紹介時より乗り込んでみたので、その感想になります。

              WGが求める空母の理想形

              エンタープライズはWGが求める空母の理想形です。
              というのもWGは度々空母は制空の比重を増やしたいと発言しており、次いでAP爆弾周りから察するに戦艦へのカウンターの役割を担うことを強く求めているようです。
              さらに言えば、駆逐艦相手にあまりにも決定打を与えてしまうのも嫌っているというのは最近話題のグラーフ・ツェッペリンのST調整での雷撃機取り上げからもわかります。(あれは3中隊の上にダメ判定ない時間短縮したせいだけど)

              これを踏まえた上でエンタープライズの性能を見ていくと、まず機数配分が戦闘機隊重視の物となっており、攻撃機の機数は足りないというほどではないですがやや気になる機数となっています。
              そして雷撃機は駆逐艦相手には避けられる可能性も出てくる隙間の広いもので、爆撃機は戦艦にはそこそこではあるものの不確定要素の塊なAP爆弾です。
              ここまでWGが何をやらせたいか露骨な空母もないような気がします。

              これに気付いてしまうとWGさせたいことをやらされている感が出てきて少々気に食わない面もありますが、少し乗りこんでみて悪くないどころか相応に強い空母だと今では思っています。

              続きを読む エンタープライズをそこそこ乗っての感想