Banished日記 その1

どうもさるまんです。
WoTのネタが出てこないし、じゃあBanishedで動画作ろうとしているのもあって折角だから撮影している最中のことを書いていこうなんて思ってのBanished日記開始です。

Banishedってどんなゲーム?

ざっくり言うと中世版のシムシティです。
ジャンル的には村経営シミュレーションゲームで中世だけあってバランスが結構シビアで安定したと思ったら滅びているなんて日常茶飯事だったりします。
慣れている人ならいざ知らず、ほぼ初見の自分にはなかなか厳しい洗礼を浴びせてくれました。
老衰で村人口が急激に減少したり、竜巻が資源生産施設&村の中心地を直撃したりとで合わせて4回くらい滅びています。
特に滅びる原因になってきたのが老衰による生産力の減少+教師死亡による教育無しの大人が野に放たれることによる生産力の減少のダブルパンチ。
木材資源の枯渇によって薪が生産できなくなり、遠方への進出もできなくなることで起きるじり貧。
色々と歯ごたえのあるゲームで、こんなゲームがSteamでなんと2000円で買えちゃうのですからうれしいところですね。
MODで日本語化も対応しており、なにかとやり始めるには敷居が低いゲームだったりします。

スポンサーリンク

ハイネセンビレッジ

さて今回こそはという意気込みで作成したこの村の名は『ハイネセン』あの銀河英雄伝説の自由惑星同盟の首都よりいただいてきました。
中世といえば帝政全盛期だと思うので、民主主義や平等主義を掲げて故郷を捨てたと考えると中々ゲームの内容とマッチしているのではないかと自分でご満悦。
やはりこの世界線でもアーレ・ハイネセンは途中で脱落した様子(なむなむ)。
キャプチャ.PNG
↑設定はこんな感じ。
毎回この設定で作っているのですがぶっちゃけ最高難易度だと思います。
山岳地形はとにかくマップ生成次第で狭くなって土地を広く使って作成しにくなっちゃいます。
他の設定は言わずもがなな難しい方の設定で、大マップなのは長く続けたいから!
初期位置.png
マップはこんな感じで湖や大河なんかがあって結構いい感じの地形でわくわく。
赤丸の地点が初期位置で川がそこそこ近いので交易所の設置も速めに狙えそうです。
南進する前にこのあたりで力を一度蓄えてその後第二集落として南に村を築いていきたいところです。
まずは初期位置をささっと整地して資材置き場を設置、
キャプチャ2.PNG
その後、初期地点北の森に木こり小屋と山菜小屋を立てました。
初期の時期に重要な山菜小屋はかなりの量の食料を生産してくれて、農業や畜産の出来ない難しいの難易度では生命線ともいえます。
木こり小屋は植林も伐採もしてくれる施設で、木材不足に陥りやすいため当然のように設置します。
山菜小屋に4人、木こり小屋に2人配置してとりあえずは色々と事足りるはず。
しばらくしたら薬草小屋と狩猟小屋も建てたいところ。
キャプチャ3.PNG
そして薪わり小屋と家も立てて一息ついたところで今日はこの辺でおしまいにしたいと思います。
意外とこう書いていくと少ない時間なのにいろいろやっているなとわかる村ゲーでした。
またネタの無い時とか動画作りながら書いていこうと思います。
ではでは~。
↓クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す