Caligula Overdose クリア後の感想

どうも、さるまんです。
7月のフリープレイのCaligula Overdoseをクリアしたので折角なので感想を書こうと思います。

光るところはある微妙ゲー

まずは総評を。
システム面がキャラクターシナリオと音楽の足を引っ張ってクソゲーサイドに引きずり込んだ結果アベレージで微妙ゲーになってしまったゲームというのがCaligula Overdoseの感想です。
前の記事を書いた後、なんでこんな怒りが湧いてくるのかと自分で考えていたんですが節々で光る素材は沢山転がっているにも関わらずストレスフルなシステム面でイライラさせられたんだなと納得できました。
だってただつまらないシステムダメなゲームってし続けないじゃん、しかもフリープレイだし。
やって良かったゲームだとは思っているけど、他人に勧めれるかというと怪しいくらいの立ち位置ですね。

ではそれぞれの要素に対する感想も書いていきましょう。
舞台設定としてはネット上の人々の集合無意識メタバーセスでボーカロイドちっくなμとアリアが自己を持ち、舞台となる世界を作ってその後μが暴走して人々を世界へ閉じ込めてしまったというものになっています。
この設定は結構面白いなと思っていて、閉じ込められたとは言うものの現実で酷い経験をしてμにそれに対する救いを与えられて平穏に過ごせる場を与えられるんだけど苦しみを取り除かれたことに違和感を感じて偽物の世界に気づくという流れはゼーガペインを思い出しました。
ゼーガペイン良いですよ。

脱線しましたけど、残念ながらこの世界観設定ほとんど触れられない
メタバーセスの単語も最終盤に思い出したのかのようにちょろっとだけでてきただけという……。
違和感を感じて偽物の世界を認識するというのもメインキャラでも割と雑に、NPCはもっと雑に。
活かして、その設定活かして!とちょっと思ってしまいました。

お次はストーリーとキャラクター。
メインストーリーは正直量産ソシャゲのストーリーと大差ありません。
楽士のボスであるソーン関係が本腰を入れて関わりだしてからようやくと言ったところ。
低予算感の滲み出るダンジョンと面白くないメインストーリーのコンボは中々ダメージを受けました。
しかし、キャラエピソードは面白く鼓太郎が中学生と発覚した時はああ、なるほどなとなったりしましたし、主人公とのふれあいで前向きに現実へ帰る決意をするキャラ達の心の動きは良かったです。
全体的に重苦しい帰宅部メンツと割とフランクなのも混ざってる楽士では楽士のが読んでいて面白かったのですが、現実へ帰ると決心したサイドである帰宅部のが重めというのが意味深です。
残念な面としてはやはり場面移動が少なく立ち話で大体エピソードが進行しちゃうのがどうなのかなぁと折角PS4なんだし部室から移動するのもうちょい多くても良かった気がします。

好きになったキャラクターはイケP、鍵介、維弦あたりでウィキッドも気になりました。
男の面白いキャラクターって結構好きでイケPが相棒って呼んできたり鍵介のコメディリリーフと真面目を両立する立ち位置が面白かった。
残念ながらウィキッドの掘り下げは小説版のようで、本編ではめっちゃ浅堀でした。
仕方ないとはわかってるけど、本編だけでわからない商法を選択するのは好きになれないなぁ、でも買おうか悩む術中に嵌る自分がいます。

エンディングでは楽士ENDが中々衝撃的でした。
サイコパスとして琵琶坂が登場するのですが、それを遥かに超える外道っぷりを主人公が発揮
仲間の心に踏み入り信頼を勝ち得た主人公の裏切りに罵倒を仲間たちから投げかけられるのは中々やばかったです。
案内マスコット役のアリアからもお前を殺すと言われる始末、救いのないサイコさを主人公が徹底していました。
ただソーンも撃ち殺すと思っていたのでただのソーンルートで、楽士ENDかというと微妙、撃ち殺しても微妙だけど。

このエンディングを見て思ったのは主人公がキャラクターたちに踏み込まれる事がなかったのが残念かなと。
主人公はドコドコ踏み込んでいくのにキャラクターたちは主人公にほぼノータッチで最初にμとの会話で聞いた主人公が来た理由は使われずでした。
ここをもっとイベント分岐作ってマルチエンドにすれば面白い話が作れそうですけど、登場人物はみんな割と自分の問題に手一杯なんですよね。
だから主人公の問題に構う余裕が無くて、問題解決に尽力してくれた主人公を盲信気味。
結果的に主人公の悩みは宙ぶらりんになってしまうわけで、となると世界滅ぼすまでは行かなくても帰宅部を妨害してもおかしくないよねと、意外と唐突でもない感じ。
もう少し主人公に色をつけてデフォルトネームを上げても良かったんじゃないかなぁ……。

お次はバトル。
もう少しテンポに気を配り敵配置を見直せば良くなったと思う。
広い割りに敵がうじゃうじゃ居て、レベル差でスルー出来るとは言え親密度稼ぎでどの道狩らないといけない。
そう言ったストレス要素が絡み合って実際の出来から大きく評価を落としてしまった気がします。
もう少し調整に力を入れれば……と思いますが、動画制作を思い出す形式なのは狙ったのかこっちの考えすぎかな?

んでBGMはカリギュラの良いところの大部分を占めてますね。
上田麗奈さんがほぼ全ての楽曲の歌唱を担当していて、すげぇ歌い分けしてるなとびっくりしました。
私が好きだったのは一番はコスモダンサー(Remix)、続いて天使の歌、Love Scorp、おんぼろでした。

Amazon Musicで配信されているのでフルが気軽に聞けて嬉しいところ。
カリギュラの何気に良いところはMAPのイントロBGMから戦闘開始で歌付きにシームレスになるところですね。
あの演出は結構いかしてる。

まとめ

最初の方であれ、これクソゲーなのでは?という感触から大分持ち直しました。
なんというか予算と納期の潤沢なカリギュラをやりたいですね。
次回作がもし出るとしたらグチグチ言いながらもやってそうです。

それではそろそろデトロイトを始めようかな、ではでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク