メイドインアビス9話感想(アニオリ回)

どうも、さるまんです。
今日は久しぶりにアニメの感想を書いていこうと思います。

大断層さんの活躍が増えるよやったね!

なんでまたこの回だけピックアップして感想書く気になったのかというと、原作メイドインアビスでは20ページ程度しかないかった第3層がつくしあきひと先生の原案?でアニオリをやるということで書こうと思いました。
実質原作ファン勢の愚痴みたいなものになるので、アニメからの人は回れ右するのが良いかなと思います。

続きを読む メイドインアビス9話感想(アニオリ回)

ガンダムビルドファイターズ バトローグが配信されていたので

どうも、さるまんです。
今日は久しぶりにアニメの感想でも書いていこうと思います。

GBFシリーズの最新作

なんかアニメ見ながら作業したいなーと思いながらAmazonのビデオを彷徨っている時に見つけました。
GBFシリーズは初代が凄い好きだったのですが自作のトライが、GBFのダメなところである終盤の格闘脳を見事に引き継いでしまい次元なんたら流連打だったので脱落。
ニコニコでちょいちょい流れて来た脇役たちの熱いバトルだけつまみ食いしてました。(それにしてもチーム戦の要素あんまり活かせてなかったような……)

そんな複雑な気分で2作目を見ていたので新作やるよ!というのも不安多めであまり熱心に情報を集めていなかったのですがついつい見てしまいました。
そんでバトローグはどうも外伝作品らしく10分という短さの中でバトル全盛という中々楽しめる内容でした。

ガンプラバトルに原作キャラのAIが載せれるようにというロマン溢れる前振りの後にすぐさまバトルに突入。
リボンズ(00のあむゲフンゲフン)VS シャア(中の人はオリジンの本人)というちょいと片手落ちなドリームマッチに。
軽く調べてみたら池田秀一さんの体調が悪いという話もあるようで、流石に歳だしなぁと思いながらもやや残念でした。

内容としては良く動くBFらしいワクワクするバトルで、今後もこんな感じで頑張ってくれないかなと楽しみです。

もう一つもあるようなのでそっちも要チェックや!なんて思いながら今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    メイドインアビス1話から3話見ました

    どうも、さるまんです。
    イマイチやる気が出なくて折角だからとぼけーっと取りだめてたアニメを1話だけ見ようと思っていたら3話まで一気に見てしまったので紹介していこうと思います。
    因みにAmazonで見れるのが嬉しかったりします。

    世界観と丁寧な映像化に心惹かれる

    奈落の底へと続く大穴アビスがある島で暮らす少女リコがアビスでの発掘?探検中にロボットのレグを見つけるとことから物語は始まります。
    リコの母はアビスの深層で帰らぬ人となったようで、リコは母を越える為により深い階層へと潜る資格を得る為に努力をしていたのですが、レグとの出会いで大きく変わっていくこととなります。
    3話で仲間たちの力を借りて本来許可の必要なアビスへの侵入を果たしたリコとレグですが、ここからどうなっていくのか、というところで終わっています。

    1話で既に虜になっていたのですが、徐々に明らかになっていくアビスの設定がわくわくします。
    後イチイチ背景の書き込みがやばいので、途中で力尽きないか不安ですが、3話まで綻びが見えなかったからきっと大丈夫。

    どうも、少しづつ少しづつ進んで行くのかと思ったらここから地上に戻ることなく最下層まで一直線だそうで、地上に残った友人たちの出番もここまでか……となんだかしんみりしてしまいました。
    そうそう、話によると原作はそこそこグロイらしいと聞いたのですが、どうなんでしょうね、手を出す気でいますが!

    では今日はこのへんで、ではでは。

    ↓クリックお願いします。

    人気ブログランキングへ

    • スポンサーリンク

      2017年夏アニメ初動感想

      どうも、さるまんです。
      今日はアニメの初動感想でも書いていこうと思います。
      今期は前期の反省を活かして(?)2本程度に絞っていこうかなというスタンスでいます。

      Fate/Apocrypha

      Fate/ApocryphaはFateシリーズの外伝の一つで本家本元の世界線から微妙にずれた世界で、聖杯戦争ならぬ7対7のチーム戦形式で行われる戦いを描いた作品です。
      舞台はルーマニアで、ドラキュラの元になったヴラド3世なんかが登場したり、元々はオンラインゲーム企画だったころの資料なんかを見たことがある人はFate好きならあるのではないでしょうか?

      1話は恒例となった召喚と開戦前夜の回になります。
      Fakeでバーサーカーのマスターをしている彼がさらっと登場したりしつつ、説明回って感じでした。
      最近Fateや空の境界なんかを担当していた会社とは違いましたが近年のFateアニメにも負けない作画だったと思います(作画はあんまり気にしないのにみんな作画作画言うから……)
      原作の方は出版形式が特殊ということもあり触れていないので、アニメで楽しんだ後に手に入ると嬉しいんですが、出版し直しとかするんでしょうかね?

      とりあえず獅子豪さんがイケメンなので耐えれると思う。

      続きを読む 2017年夏アニメ初動感想

      アニメ『アリスと蔵六』全体通した感想

      どうも、さるまんです。
      今日は夏アニメが始まっているのに焦りつつ前期最後まで見たアニメその3な『アリスと蔵六』の全体通して感想を書いていこうと思います。

      おじいちゃんとロリのほんわか物かと思ったら

      まずほんわかものかと思ったら1話のバトル物か?という衝撃的と言うか掴みの変化球を投げられつつも蔵六のキャラとサナとの絡みで試聴を決定しました。
      中盤でなんか長い戦いになるかと思われた組織が速攻で解散、帰ってきたほんわかムードを歓迎しつつ、困惑しつつ身構えていました。
      そして始まった第二部では能力物ならではの葛藤や、友情!なんかがいい具合にシリアスとほんわかを織り交ぜつつ展開されました。
      終盤は周りの大人たちがシリアスやってて当の本人たちはほんわかしていたわけなのですが!

      記憶を振り返ってみると各種要素が取っ散らかっているようにも思えるのですが、終始はらはらしたり、ほんわかしてのんびり見れたりといてその辺があまり気にならなかったのが不思議です。
      終盤の蔵六がやや空気になりかけていましたが、最後にしっかり一喝とそして保護者としての仕事をしてくれたので満足。

      原作も手を出そうかなと思えるほどの良作でした。

      では今日はこのへんで、ではでは。

      ↓クリックお願いします。

      人気ブログランキングへ

      • スポンサーリンク

        2017年春アニメ感想 その15

        どうも、さるまんです。
        休みと言う事もあって溜まってたアニメの消化を頑張ったのでその感想を書いていこうと思います。

        ええアニメや……

        【アリスと蔵六 8話~11話】
        8話から新しいアリスの夢のはーちゃんのお話になります。
        はーちゃんは人の想像力を奪って命令することの出来る能力があるようで(公式ママ)それを使って喧嘩ばかりしている両親を操り良い両親へと変えてしまいます。
        その事で元の親に戻らなくなったことで家出を画策し、その途中でさなと遭遇することになります。
        能力を使うことに躊躇なくなっていたはーちゃんは、蔵六やみんなを止められてもしゃもしゃしたさなと出会う事で悪いことをしていたのだとようやく気付きます。
        その後ははーちゃんの友達からさなが助けてとお願いされて、ワンダーランドに閉じ込めてお仕置きしてやろうとしたら能力が緩衝して脱出不能に。
        ワンダーランドを彷徨って、最後に正直にお互いのことの話をして仲直りというか理解し合ったというかそういうところで11話は終わりました。

        4話続けてみたら流石にすっきりしたぜ!
        能力物に出てたら最強格になりそうなはーちゃんでしたが、子供らしく周りが見えておらずさなに怒られることで気付くという流れは結構ざっくりとえぐるようでした。
        さなもさなで、不安で不安でもしゃもしゃするという体験を受けて行動を起こす辺りに感情の動きが良く練られていて見ててハラハラしました。
        11話辺りになると序盤で出てきて放置されていたワンダーランドがようやく再登場し、さなとはーちゃんが仲直りする裏でなんか大事なこと言ってるぞ!とそわそわすることに。

        語彙力があまりないですが、はらはらしたり、ほんわかしたり、うひってなったりと乱高下の激しいアニメですが好きだなぁって言える内容でした。
        2期あるかは調べてませんが、恐らく次回で片が付くはず!楽しみに待っていようと思います。
        続きを読む 2017年春アニメ感想 その15

        グラブルのアニメを1クール見ての感想

        どうも、さるまんです。
        今日は先日終わったグラブルの感想を書こうと思います。

        まずは12話の感想

        前回のルリア救出後、アウギュステに戻ってのリヴァイアサンとのバトル。
        戦闘ではひたすらにガチャキャラのラッシュをかけて、主人公PTが空気になりつつもトドメ。
        そして、オイゲンを仲間に加えて次の島へという流れで最終回?は締めでした。

        今回はサービス回のようでガチャキャラが滅茶苦茶出てきましたが、正直言って出し過ぎやりすぎに感じました。
        勿論少しはグラブルやってる身なのでわかるキャラもチラホラいたのですが、ここまでさらっと出す程度にとどめていたガチャキャラが脈略もなくメイン張りに画面を占領して動き回るのは困惑しました。
        前話でしっかりとルリアの手を取って綺麗な連携をして戦闘をした後のことだったので、なんというかもっとどうにかならないかと思ってしまいます。
        トレハン二人組なマリーカルバはあまりそう感じなかったのでバルツ編の前からもっとこういったガチャキャラを出しつつ、最終回で顔見知りが手助けしてくれる流れだったらもっと納得できたんだろうなぁ思うと残念です。
        ウェーイとか、商人なカルテイラ出せたんだからもっとこう、ね?

        後騎士団名乗りながら色々放置して見てただけな扱いになってしまったシャルロッテさんはそれでいいんですか?大丈夫?みたいに思ったり。
        いやまぁ、元の騎士団自体帝国と仲が良いから仕方ないのかもしれませんけど、なんというかその……。

        最後の最後でソシャゲ原作だったなぁと思いだしてしまう内容に少しがっかりしました。
        続きを読む グラブルのアニメを1クール見ての感想

        2017年春アニメ感想 その14

        どうも、さるまんです。
        2週間ぶりですが、書いていこうと思います。
        2週間貯めただけなのになんだろう、この物量……とげんなりしていますが、少しは消化してきました。

        王道ファンタジーはやはり良い

        【グランブルーファンタジー 10話~11話】
        さらわれたルリアを助けたは良いもの、捕まっている間に昔してしまったことで精神攻撃を仕掛けられ目覚めなくなってしまったルリアを助ける為にルーマシー群島へ。
        そこでユグユグに助けをかり、グランがルリアの精神世界へというのが2話繋げての流れになります。

        いやもう、王道ファンタジーご馳走様です!って感じで定番ながらやはり良いものですねっていう感想しか出て来ません。
        ルリアの過去回収と、それに対するグランのきっちりとした主人公らしいイケメン対応にただただ満足。
        そしてルリア復帰後はPTとしてかなり上手く連携した戦闘に熱くさせられました。
        きっちり術師の杖に銃当てるラカム兄貴の活躍は素晴らしいよ、うん。

        ちょいちょい作画が怪しくなってきていますが、それでもよせた時は良いままなので力尽きずに最後まで頑張ってほしいところですね。
        続きを読む 2017年春アニメ感想 その14

        2017年春アニメ感想 その13

        どうも、さるまんです。
        気付いたら書いてる感想の本数も少なくなっていますが、気のせいです。

        アニメの感想

        【進撃の巨人 2期9話】
        今回も決戦前夜のような話。
        連れ去られたエレンとユミルが、なんとか話して情報を引き出そうとする中でライナーが壁の中の兵士と壁の外の戦士に分離したということが判明します。
        考えてみればあんだけ殺しておいて罪の意識も全くないわけもなく、違和感の正体はそういうことだったのかと納得しました。
        ただまぁ、もう元の関係に戻れるわけもなく冷静なベルトルトと比べてライナーはちょっと不穏ですね。
        さらっといつの間にか退場するんじゃないかなんて思ったりもしつつ、次回ようやく決戦かな?

        【月がきれい 8話】
        爆発しろ。

        あっさり四角関係を爆破していくとはこのリハクの目をもってしてでも……。
        びっくりしながらもだえ続けた後半でした。

        【グランブルーファンタジー 9話】
        今回からアウギュステ列島編で、OPEDに出てたおっさん枠が加入します。
        ゲーム版の声優はひろしの人なのですが、療養中ということで代役でしたが日が浅いので違和感も少なかったです。
        ただまぁ、やっぱりなんか汚い感じがする(褒め言葉)ひろしの人の方がいいなぁとも思うので復帰を祈るばかりです。

        今回は観光回ということで、ガチャキャラが登場したようです。
        うぇーい!はCMでもたまに見るんですが、なんかこいつら面白いな……!っていうか人気キャラなのかなってなりました。
        商人はカルテイラという人のようでシェロちゃんの同期なのだとか。
        えせ大阪弁は、兵庫マンとしてはいいぞもっとやれって感じです、関西弁なんてそこまで厳密でもないしね。

        そして定番かよ……!というちょっと待っててからのさらわれは美しさすら感じました。
        ストーリーは実はかなり先まで読んでいるのですが、魔物が来たぜ!で話が切られないのと上手い事話を膨らまして展開しているのですごい満足感です。
        今後もやはり一番で期待したい感じですね。

        (サクラクエストとアリスと蔵六は録画してるんですが、見れてません。次回まとめてかけたらいいなぁ)

        では今日はこのへんで、ではでは。

        ↓クリックお願いします。

        人気ブログランキングへ

        • スポンサーリンク

          楽園追放を見ました

          どうも、さるまんです。
          今日はアマゾンプライムで見れるもので気になってた楽園追放 -Expelled from Paradise-を見たので軽く感想を書こうと思います。

          楽園追放

          見たくてオススメもされていたのですが、なんか機会がなくてスルーしていた作品ですが、内容は王道のSFでした。
          世界観としては地球上の文明が崩壊し、人類の大半が宇宙にある電脳空間で暮らしていて地球上では細々と人々が暮らしているというものです。
          ストーリーは電脳空間の保安局に所属している主人公と、地球で暮らしている地上調査員エージェントが、電脳空間に謎のハッキングを仕掛けた犯人を捜すというものでした。

          前半部分は主人公のアンジェラが慣れない生身で地上で行動する中で、生身の良さ、つらさなどを地上で生活するディンゴと共に理解していくというような内容で2時間弱と言う短いながらも世界観を深く広げるのに一役かっていました。
          個人的にはこういう世界の雰囲気とかを出していってくれるのは好きなので興味深くみれましたね。
          そして後半のバトルシーンではオプションパーツを使っての多数対1の渋い戦いがかっこよかったです。
          イマイチロボはデザインかっこよくないなと見る前は思ったのですが、ぐりぐり動くと全然印象が変わってきますね。

          全編通して、違う価値観に触れて感化され、自分で決めるという流れは王道で良いと思いました。
          アマゾンプライム使ってる人はすぐ見れるのでかなりオススメです。

          では今日はこのへんで、ではでは。

          ↓クリックお願いします。

          人気ブログランキングへ

          • スポンサーリンク