2016年春アニメ感想その3

どうも、さるまんです。
そろそろ視聴継続するアニメも少なくなっているこの頃ですが、とりあえず最新話までの感想を書いていこうと思います。

今期の一番はやっぱりマクロスΔ

マクロスマクロス2

一通り見ていますが、安定感抜群に面白いのはやっぱりマクロスΔです。
毎回戦闘シーン+歌があり露骨な休憩回がないのもウリの一つでしょうか?
今回の主人公はバトロイド(普通のロボット形態)が得意のようで『踊ってやがる!』なかっこよさはまた新しい感じがしますね。
主人公のハヤテも第6話で初撃破で思い悩むなど、これからの成長にも期待です。
個人的にはじっくりと成長して行って欲しいので、やっぱりこういう思い悩むイベントなんかは大好物ですね。

第6話のアステロイドベルトでの障害物のある中での戦闘はかっこいいですし、CGがぐいぐい動くのに感動しました。
どんどん技術が進歩して行ってるのが垣間見れる戦闘シーンですね。
ライブシーンというかマクロスで重要な歌ですが、なんだか懐かしい感じもある独特ないい曲が多く乗れるのもいいところ、スルメ曲が多いのもポイントですね。

安心して見れるタイプのアニメは貴重なので、これからも頑張っていって欲しいところです。

他のアニメの感想

カバネリ
【甲鉄城のカバネリ】

この作品も今のところ安定して面白い作品ですね。
戦闘シーンしっかりやってれば大体面白く感じるんだなとかそういう単純ながら重要なことをやってるのはいいと思います。
ようやくカバネリを戦力としてという建前で認めたり、丸く収まったところで拠点につくとまた一悶着ありそうで楽しみなところです。
作画安定し過ぎてやべぇ!って思うのがあの絵で安定してるとこなんですよね。
最新5話でややペースダウンした感はありますが、現在も今期期待の一角です。

 ogp3
【迷家】

ようやく物語が動き出した感のある迷家ですげ、見ていると結構しんどくなる作品ですね。
各個人のトラウマを乗り越える、変わるをこれからやっていくかと思うのですが、回想中心に展開していくとしたら中々胃もたれしそうです。
最初からそう言った感じの雰囲気が出ていたなと思い出してみればそうなのですが、これからさらにどう転ぶかですね。

まとめ?

なんだか安心して見れるのがマクロスしかなくてちょいと残念な気がしてきました。
海のガルパンかと思ったハイフリはなんか艦これアニメを思い出させるバラバラ具合ですね。
途中で止まっている他のアニメはどうなんだろうとか思いながら、まったりとチェックしていこうかな?

では今日はこのへんで、ではでは~。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

2016年春アニメ感想その2

どうも、さるまんです。
今期のアニメは見てみると意外と面白いのも多くていいですね。
毎回来季のアニメ見るものないわーとか言ってる気もしますが、面白い作品と出会えるのは結構嬉しいです。
さて今回は前回書いたのとはまた違う作品の感想なんかになります。
カバネリ.jpg

甲鉄城のカバネリ

『進撃の巨人』の監督とあの悪名高いクソアニメ『革命機ヴァルヴレイヴ』の脚本が送る突如現れた化物と戦う系オリジナル作品。
ヴァルヴレイヴは中々トチ狂っててどうしてこうなった……というクソアニメで、ふぁ!?ってとなりながら最後まで困惑させられたネタアニメだったので暇な人は見てみると良いかもしれません。
周囲を取り囲む学生に銃ぶっ放して道を作って「モーゼと呼びたまえ」とか言ったモーゼ議員なんかこう色々と楽しいクソアニメです。(ロボはかっこいいのに……)
さて、実に不安度MAXなこの作品ですが、実際蓋を開けてみると王道なゾンビモノチックな作品でなかなかおもしろいです。
主人公のキチ科学者ぽさとかは中々イイキャラしてますし、がっつりとアクションシーンが入るので是非二話まで見て欲しいですね。
これからがどうなるか楽しみな作品ですね。

続きを読む 2016年春アニメ感想その2

2016年春アニメ感想その1

どうもさるまんです。
全く上手くプレイできてないと思ってる時に上がるWN8ほど辛いものはないですね。
さて今回書いていくのは2016年春アニメの感想です。
個人的に一話を見て今期一番の期待の星だなと思ったのはこちら。
MOD4.PNG

Re:ゼロから始める異世界生活

うわ、異世界転移物だ。
今期のアニメ一覧を眺めている時にこのタイトルを見た時に思ったのはまさしくこの一言でした。
最近異世界転移物が多すぎて食傷気味であるのはもちろんなのですがそれにしてもあからさまなタイトル過ぎてうへ……となったしまったわけです。
それを何故、トップに持ってきたかというと一話位は見てやるかという上から目線からでした。
作業の片手間に流す程度だったのですが、主人公のノリに二世代前くらいのラノベのノリをふんわりと感じ取り段々ガッツリと見る体勢に。
大体半分を超えたところでお!と思えるところが出てきて視聴継続決定、EDの入り方でこれは期待だ!というところまで上がってきました。
この作品は所謂ループ物です、ループ物といえばマブラヴオルタやシュタインズゲートなんかが有名どころでしょうか。
ループ入ってからのギアの上がり具合は結構なもので、凡百な平時を補って余りあります。
主人公も結構頑張って解決しようと努力する姿勢なんかも好印象ですしね。
なろうで今も公開しているということで原作にも手を出してみようかなやむところです。

スポンサーリンク

続きを読む 2016年春アニメ感想その1