メイドインアビス9話感想(アニオリ回)

どうも、さるまんです。
今日は久しぶりにアニメの感想を書いていこうと思います。

大断層さんの活躍が増えるよやったね!

なんでまたこの回だけピックアップして感想書く気になったのかというと、原作メイドインアビスでは20ページ程度しかないかった第3層がつくしあきひと先生の原案?でアニオリをやるということで書こうと思いました。
実質原作ファン勢の愚痴みたいなものになるので、アニメからの人は回れ右するのが良いかなと思います。

続きを読む メイドインアビス9話感想(アニオリ回)

メイドインアビス1話から3話見ました

どうも、さるまんです。
イマイチやる気が出なくて折角だからとぼけーっと取りだめてたアニメを1話だけ見ようと思っていたら3話まで一気に見てしまったので紹介していこうと思います。
因みにAmazonで見れるのが嬉しかったりします。

世界観と丁寧な映像化に心惹かれる

奈落の底へと続く大穴アビスがある島で暮らす少女リコがアビスでの発掘?探検中にロボットのレグを見つけるとことから物語は始まります。
リコの母はアビスの深層で帰らぬ人となったようで、リコは母を越える為により深い階層へと潜る資格を得る為に努力をしていたのですが、レグとの出会いで大きく変わっていくこととなります。
3話で仲間たちの力を借りて本来許可の必要なアビスへの侵入を果たしたリコとレグですが、ここからどうなっていくのか、というところで終わっています。

1話で既に虜になっていたのですが、徐々に明らかになっていくアビスの設定がわくわくします。
後イチイチ背景の書き込みがやばいので、途中で力尽きないか不安ですが、3話まで綻びが見えなかったからきっと大丈夫。

どうも、少しづつ少しづつ進んで行くのかと思ったらここから地上に戻ることなく最下層まで一直線だそうで、地上に残った友人たちの出番もここまでか……となんだかしんみりしてしまいました。
そうそう、話によると原作はそこそこグロイらしいと聞いたのですが、どうなんでしょうね、手を出す気でいますが!

では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    2017年夏アニメ初動感想

    どうも、さるまんです。
    今日はアニメの初動感想でも書いていこうと思います。
    今期は前期の反省を活かして(?)2本程度に絞っていこうかなというスタンスでいます。

    Fate/Apocrypha

    Fate/ApocryphaはFateシリーズの外伝の一つで本家本元の世界線から微妙にずれた世界で、聖杯戦争ならぬ7対7のチーム戦形式で行われる戦いを描いた作品です。
    舞台はルーマニアで、ドラキュラの元になったヴラド3世なんかが登場したり、元々はオンラインゲーム企画だったころの資料なんかを見たことがある人はFate好きならあるのではないでしょうか?

    1話は恒例となった召喚と開戦前夜の回になります。
    Fakeでバーサーカーのマスターをしている彼がさらっと登場したりしつつ、説明回って感じでした。
    最近Fateや空の境界なんかを担当していた会社とは違いましたが近年のFateアニメにも負けない作画だったと思います(作画はあんまり気にしないのにみんな作画作画言うから……)
    原作の方は出版形式が特殊ということもあり触れていないので、アニメで楽しんだ後に手に入ると嬉しいんですが、出版し直しとかするんでしょうかね?

    とりあえず獅子豪さんがイケメンなので耐えれると思う。

    続きを読む 2017年夏アニメ初動感想