原画試験だ!芹沢監督だ!(アニメタ4巻発売!)

どうも、さるまんです。
今日は久しぶりに漫画の感想でも書いていこうと思います。

やっぱり波乱なユキムラの明日はどっちだ

ネタバレ注意

続きを読む 原画試験だ!芹沢監督だ!(アニメタ4巻発売!)

BLUE GIANTがなんか1巻からまた発売していたので

どうも、さるまんです。
今日も今日とて漫画について書いていこうと思います。

『BLUE GIANT SUPREME』ドイツ編開幕!

マンガワンで知って買っていたBLUE GIANTですが、しばらく見ないうちになんか10巻と1巻と2巻が出ていたのでうん?とか思いながら買ってきました。
とりあえず一通り読み終わったので説明しますと、『BLUE GIANT』の1巻から10巻で日本編が終了
そんでもって色々あって『BLUE GIANT SUPREME』から大がドイツに渡った後のお話になります。
つまり、あれだよ、普通に続き物で大の物語は続いていきます。

『BLUE GIANT SUPREME』も相変わらずいい作品には違いないのですが、やはり続き物と言うこともあって最初から買って行って欲しいですね。

以下10巻から2巻までのネタバレを含む感想になります。

続きを読む BLUE GIANTがなんか1巻からまた発売していたので

メイドインアビス原作買いました(6巻は7/29発売)

どうも、さるまんです。
今日はアニメで見て見事釣られくまーして買ってきたメイドインアビスの感想を書いていこうと思います。

超特急で降りていくアビス探訪

ネタバレ注意、ネタバレ見たくない方は自衛してください!

1巻はまんま区切り含めてアニメの3話までだったので割愛。
細かい解説などは漫画からかなり省略されている(あれでも)ので、1巻買わずに続きから買えばいいようと言う訳でもないので注意。
さくっとかっとされかねない1巻をしっかり3話かけてやってくれたアニメはありがたいですが、やはり情報量が多い故にやんわりとカットされていますね。

2巻からアビスに突入するわけなのですが、ここで早速スピーディーさが発揮され、駆け足で1層をちゃかちゃかと降りてしまい、2層で初の白笛のオーゼンと遭遇します。
めっためったにやられて鍛える為とは言え、えげつねぇ大人だ。とか思っていたら、これでもかなり優しい方(作中白笛基準)というのに気付くのは4巻辺りで登場する白笛を見てからでした。
優しいって言ってもあまりにもリコに対するメンタルアタックと、レグに対する鬼気迫る虐め方でやべぇよ……やべぇよ……ってなっていたのは事実なんですけれども……。
愉快な冒険譚から、ある意味リアルなダークファンタジー感への変遷期でした。
巻末のライザの絵が素敵でしたね。

3巻はメインヒロインなナナチの初登場巻でした。(なんかEDに毛むくじゃらがすでにいるな?
オーゼンに訓練をつけてもらうのも束の間、3層を降りていくのは、……速攻で終わりました。
レグと出会った時に遭遇したドラゴンちっくなあれとの交戦はあったものの基本縦穴なのもありちゃちゃちゃと降りていきましたね。

そして4層ですが、タマちゃんのやばいボス感がもうやばかったです。
ここまであまりにも順調だった道行でしたが、ここに来て致命的な事態が起こりました。
メイドインアビスを調べてて真っ先に踏んだグロ部分で、リコがタマウガチの毒を受けて右手が腫れあがり4層の上昇負荷である全身からの出血が起こりながら切除するしかない、というシーンですね。
ここでやばかったのはむしろ、腕を切り落としてでもなお進むために関節からではなく肘で腕を切り落とそうとしたリコさんなのではなかろうか……。
レグはリコを守れなかったことに対して悔やみながら、そして腕切り落とせっていうリコの指示にメンタルがボロボロになっているというのに!

そんでもってそんな中でナナチが登場です。
メイドインアビスってこの先の展開もですが、落してさらに落とす展開がなく、どちらかと言えばすぐ救いだったり助けの手が伸びてくるので読んでいて気が楽です。つまり、何かと言うと、ナナチは可愛いですね。(ボ卿感

ナナチとミーティという二人のなれ果ての過去を挟みつつアビスの呪いについての説明があり、最後はミーティを送ってやるところで終わりました。
アビスの呪いの仕方の説明や、所々はいるポップで和む会話だったりが楽しい裏で、ボンドルド卿のえげつない実験の様子が描写されたりとより振れ幅が広くなっていきましたね。
3巻後半は鋼鉄メンタルなリコさんが居なくて、メインヒロインな影のあるナナチとレグがメインだったのがより大きかった気もします。

5巻全部の感想とか無理だぜ、ということでまとめ

とりあえず6巻も出る事ですし、この辺りで一度まとめると、ほんわか冒険ものを目的に買った人なら間違いなく3巻で(弱い人なら2巻で)脱落しそうですが、骨太で描写も細かく設定がわんさかでる好きな人は凄い好きな作品だと思います。
グロいと聞いてちょいとチキってはいましたが、そこまでではなくあっさりとしたグロ(なんだそれは?)で、途中でも書いていますが、しっかりと救いがあるのも良いポイントです。
後は、そうですねロリが好きなのは絵柄と度し難いカバー裏でわかるのですが、ロリ特化でもなく背景から他の年長の登場人物もちゃんとカッコイイのが良いところですね。

4巻からは個人的に作中でかなり好きなボンドルド卿が登場するので、感想書かなきゃ……。

では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    アルテ7巻買いました

    どうも、さるまんです。
    夏の暑さにやられかけていますが、漫画を読んでクーラーつけて乗り切りたいところですね。
    今日は前々から買っていたアルテの新刊が出ていましたので感想を書いていこうと思います。

    カタリーナのお話がひと段落して、アルテは……

    ネタバレ注意です、一応ね。

    続きを読む アルテ7巻買いました

    漫画感想:ドラゴン家を買う。

    どうも、さるまんです。
    今日は漫画を買ったので折角だからと感想を書いてみようと思います。

    ドラゴン家を買う。

    ドラゴン家買っちゃったかーとか店頭に並んでるのを見つけて思わず手を取ってしまった作品です。
    内容としてはぽんこつなドラゴンが安住の地を求めて幽霊屋敷や、新ダンジョンを作ってみるとかというお話で、割と楽しめました。

    ただ結構メタメタというか、ギャグ調なのを重視していて中世の建築事情とかファンタジーの建築あるあるとかがあるわけではないのが少し残念なところでした。
    小道具の説明やらは楽しいし、ドラゴンがコロコロ表情変えるのは可愛くていいのですが一回読んだらそれで良いかな感と言うか雑誌で読んだら面白いし好きだけどコミックス買うほどではないよな感というか伝わらないような微妙なモヤモヤ感が渦巻いていました。
    あれです、雑誌のにぎやかしてきな中堅感を楽しみたいならオススメです(?)

    では今日はこのへんで、ではでは。

    ↓クリックお願いします。

    人気ブログランキングへ

    • スポンサーリンク

      『漫画アシスタントの日常』感想、うーん?

      どうも、さるまんです。
      今日はtwitterで見かけた漫画をさくっと買って読んだのでその感想を書こうと思います。

      この感想はややネガティブな内容を含みます。
      ですので、この漫画が好きな人は回れ右するのをオススメします。

      タイトル通り、漫画アシスタントの漫画だが……

      続きを読む 『漫画アシスタントの日常』感想、うーん?

      人形の国1巻買いました(弐瓶勉最新作)

      どうも、さるまんです。
      給料日だひゃっほいと本屋に直行したら面白そうなのを見つけたので、というか大御所の新作が出てたので買ってきました。

      今までも世界観が良さそうで興味はあったのですが結局手を出せずにいたので折角1巻から追えるということで手を出しました。

      変身バトル物?世界観が素敵

      極寒の惑星で細々と暮らしていた青年が、なんやかんやあって変身して同じように変身できる奴らを倒してパワーアップしつつ仇の帝国をぶっ潰す!ってざっくり言い表すとそんな内容でした。

      ざっくりし過ぎている気がしますが、説明少なくて雰囲気で察しろ!って感じなのできっと多分これは私が1から10まで説明するよりは読んでもらう方がよいのです、うん。

      ここからネタバレ注意と一応書いておきます。
      続きを読む 人形の国1巻買いました(弐瓶勉最新作)

      最近のマンガワンの感想(2017/05/12)

      どうも、さるまんです。
      最近漫画の感想が続いていますが、まぁたまには良いよねってことで!

      青のオーケストラ

      最近連載が開始されたあんさんぶるせいしゅんどらま漫画だそうです。
      まだあらすじにあるオーケストラ部も出ていない前振り段階ですが、1話と2話を読んだ感じ中々引き込まれる導入でした。
      ざっくりした内容に触れてみると父親の影響でバイオリンを弾かなくなった主人公が、バイオリンが下手くそなヒロインちゃんと出会って変わっていくという風な感じでした。
      2話ではヒロインがなにやら喧嘩をしているというところで次回へ!と中々上手い事読まされた感じがして悔しい!なんて思ってしまう引きでしたね。

      まだまだ序盤なのでどうなるかはわかりませんが、とりあえず追いかけてみようと思った作品です。

      続きを読む 最近のマンガワンの感想(2017/05/12)