Banished日記 その3

どうもこんばんは、さるまんです。
ようやく動画作る時間もとれそうで来週くらいには投稿したいところです。

ハイネセンビレッジ自由歴2年春~

さて早速ハイネセンビレッジについて書いていきましょう。
キャプチャ9.PNG
現在の懐事情はこんな感じです。
食料は安定域まで備蓄が進んでいますが、他の資源がやや心もとないですね。
薪はもう一回の冬をなんとか乗り越えることが出来るものの、木材は風前の灯で村周辺の木材を伐採してなんとかというところでしょうか。
村の人口は初期の移民組が全員成人し、村が出来てから生まれた子供がようやく一人、というところです。
まだまだ開拓の余地があるのでテキパキと木材の確保を行っていきたいところ。
キャプチャ10.PNG
冬のうちにかけておいた橋の先にある、石や鉄が転がっている荒れ地を木材確保の場所にしよう!ということで木こり小屋を建設開始。
この辺りが森になるのは結構先だし、木材確保の悩みはそう簡単には終わりそうにありません。
家を2件追加し、南にも道を敷いたりしながらあっという間に秋になっていきます。
食料は増え続けるものの木材が足りない……、と思いつづける3年目は村の中核が出来た2年目と違い我慢の年になっていきました。

スポンサーリンク

続きを読む Banished日記 その3

Banished日記 その2

どうもさるまんです。
第一回を書いた後に思ったんですが、動画と同じ村をやってしまうとダメじゃね?いや、それはそれでいいのかなんて悩むこの頃です。
折角書き始めたのですから続けていこうと思います。

ハイネセンビレッジ自由歴1年秋~

前回は薪わり小屋と家を一軒立てたところで終わりましたね。
ハイネセンビレッジは開拓開始した時から17人の大所帯(子供も含まれていますが)で家を一軒建てたところで家が無い村人が13人います。
キャプチャ4.PNG
なのになぜ、一軒だけなのかというと、さすがの村人達も真冬に野宿なんてしません。
彼らは村に一軒だけある家に上がり込んで暖を取り、寝泊まりしてくれます。
しかし一軒家に17人が雑魚寝か……なんて想像するだけで辛そうですね、ゲーム的にも健康度が下がっていきます。
なので早めに家を建てたいところですが、家を建てると薪を使って暖をとり、子供が生まれていきます。
これはまだまだ山菜小屋一つ、木こり小屋一つで食べていっているこの村には重石になってしますのです。
なので、ゲームをプレイしている最中は年一軒建てようなんて思っています。後々発展のために立てまくるのですがこの時期はそんなことを考えています。

スポンサーリンク

続きを読む Banished日記 その2

Banished日記 その1

どうもさるまんです。
WoTのネタが出てこないし、じゃあBanishedで動画作ろうとしているのもあって折角だから撮影している最中のことを書いていこうなんて思ってのBanished日記開始です。

Banishedってどんなゲーム?

ざっくり言うと中世版のシムシティです。
ジャンル的には村経営シミュレーションゲームで中世だけあってバランスが結構シビアで安定したと思ったら滅びているなんて日常茶飯事だったりします。
慣れている人ならいざ知らず、ほぼ初見の自分にはなかなか厳しい洗礼を浴びせてくれました。
老衰で村人口が急激に減少したり、竜巻が資源生産施設&村の中心地を直撃したりとで合わせて4回くらい滅びています。
特に滅びる原因になってきたのが老衰による生産力の減少+教師死亡による教育無しの大人が野に放たれることによる生産力の減少のダブルパンチ。
木材資源の枯渇によって薪が生産できなくなり、遠方への進出もできなくなることで起きるじり貧。
色々と歯ごたえのあるゲームで、こんなゲームがSteamでなんと2000円で買えちゃうのですからうれしいところですね。
MODで日本語化も対応しており、なにかとやり始めるには敷居が低いゲームだったりします。

スポンサーリンク

続きを読む Banished日記 その1