WoTのver9.17のMODについて

どうも、さるまんです。
作成予定は無いとか言いながらチェックする当たりなんというか、うん。

WoTのMOD関連のフェアプレイポリシーが公開されていたんですね。
バニラ版クライアントの「照準ロック」機能より高機能な自動照準を可能とするものがアウトということでAutoaim indicationが死亡しているのに驚きました。(やったぜ確認するMODが1つ死んだ!
ともなると元々ver9.16時に採用していたのは結構少ないのでさくっと紹介していきます。

幾つかのMOD

・XVM
い つ も の
なんかver9.17.0.1になってましたが普通に変えてみたら動きました。
defaultはプレイヤーパネルと拡張パーツの切り替えだけ変更して動作を確認しました。

・j1
いい加減墓に埋めてやろうぜ?とか思いながら調べたところ後続MODが出来ている?
やらなんやら見ましたが落としたところ動かなかったので放棄。
j1以外の照準MODを探して落してください、自分は探さないよ。

・Advanced zoom modes for World of Tanks
普通に新しいの落としてチェックしたら稼働しました。
自車を中心にしたズームアウトは平気っぽい?

あと傭兵さんちのオートログイン入れました。

こんな軽めのを2つ投入して回した感じ普通に動いたのでこれで良い方はどうぞ。
9.17 XVM&ズームアウト(pass:765)
URL→https://www.axfc.net/u/3753893

フェアプレイは大事だけどオートエイム無くなったからHTしかプレイできなさそうだなぁとか思ってるさるまんでした。
では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    WoTのMOD更新について

    どうも、さるまんです。
    WoTもハロウィンイベントでverアップしていたようで等々WoTのMOD更新をすっぽかしてしまいました。
    アジア鯖のプレアカもきれているので、WoWsに飽きたら復帰考えるかなーという感じです。

    さてWoTのMODパック更新は停止していますがこのまま投げっぱなしもなんだか嫌なのでさるまんがやっていたチェックの方法を解説したいと思います。

    MODチェックの手順

    1.セーフモードで起動して戦闘を1回する
    これは新しいバージョンのリプレイファイルを取得する為に行います。
    リプレイファイルはXVMのプレイヤーパネル表示やクロスヘア、各種インターフェースの確認に利用します。
    弄ってはリプレイで表示を確認するを繰り返すのに必須です。

    2.XVMをいれる
    色々とMODを入れるわけですが、その下地になるのがXVMです。
    最新verを確認して導入し、defaultフォルダを突っ込むところが最初のステップになります。
    ここでリプレイを起動して不具合が起こっていないか確認します。
    XVMの更新次第ではdefaultがそのまま使えないこともままあり、MAPがばぐったりします。
    その場合は弄った部分(さるまんはプレイヤーパネルと拡張パーツの自動でもどる位ですが)だけをそのままに新しいdefaultに更新します。
    これできちんとしたリプレイになったらそのままで良いですし、変化がない場合はしたらば掲示板のXVM専門スレッドや、MODスレッドを見に行きます。

    自分が上手くいってないと他の方も上手くいってないことも多く、参考になる情報が転がっていることも多いです。

    3.使用MODの最新版が出ているか確認する
    XVM以外は存外前verでも動くことも多いですが動かないこともそれなりに起こります。
    ここで確認する最新版は配布サイトではなく公式のフォーラムのMODのスレッドを参照しましょう。(MOD名+Forumで検索すれば出てくることが多い)
    これは何故かというと配布サイトではverだけ変えて古いままになっている場合があり時間を無駄にすることが多いからです。
    もっとも配布サイトにしかないMODもあるのでその場合は頼ることになります。

    4.表示変更系MODを突っ込んでリプレイで確認する
    これは別にどっちでもいいのですが、起動、落して弄りを繰り返すより面倒くさくないので先にやってしまっています。
    横着せずに一つづつ確認しましょう、まとめて突っ込んで不具合が起きると調べなおしになるので。

    5.オートエイム、ズームアウトMODを調べる
    この二つはチュートリアルで調べます。
    指示をガン無視してティーガーⅡを撃破するとパンターのところでズームアウトが可能になるのでそこで試します。
    オートエイムは道中でも機能するのでそこで調べます。
    この二つは素直に機能してくれることも多いですが、ズームアウトの方はホイールでのスナイパーモードへの移行が機能しないこともままあり、面倒くさいですね。

    6.普通にランダム戦を回す
    上の工程で上手くいっていれば普通に機能するはずです。
    出来るだけ最新版のMODを使えば不具合は起こりにくいはずですがアプデ後初期の場合はXVMも本調子じゃない場合もあるので情報を集めましょう。
    XVMが犯人以外のパターンはさるまんは経験したことがないので、やっぱりXVMが悪い(名推理)

    基本的には上手く動作しているかを1つ1つ確認する作業ですが、今は公式のMOD導入も進んでいるので前よりは楽ちんのはずです。
    有名MODは不具合の情報共有も早いのでやっぱり掲示板覗きに行くのが速いですね。

    では今日はこのへんで、ではでは。

    ↓クリックお願いします。

    人気ブログランキングへ

    • スポンサーリンク

      【WoT/WoWs】海外サーバーでの課金の方法

      どうも、さるまんです。
      ふふふ、お金が入ってきましたので早速ロシア鯖で課金してきました。
      なので今回は海外サーバーで課金する方法を解説しようと思います。

      意外と簡単な課金の仕方

      ロシアサーバーで課金しようとするとこんな画面になります。
      WebMoneyはコンビニで売っているアレではなく、ロシアの電子マネーのことのようです。
      なので後の選択肢と言えばクレジットカードかPayPalになるのですが、海外のサイトでクレジットカード使いたくなかったり、そもそも持ってないという人もいると思います。
      そうなると自然とPayPalになるのですが、クレジットカードで決済するのに会社を一個挟んで処理することで情報が流れないのをウリにしている決済方法だそうです。
      なので結局できないのか、なんて思ってしまいそうになるのですがそうではないのです。


      そこで使うのがVプリカです。
      クレジットカードっぽい使い方の出来るプリペイドカードでこいつのお陰で気軽に課金できるようになります。
      要するにVプリカをPayPalにクレジットカードとして登録して使用可能にするというわけですね。
      Vプリカの地味に嬉しい機能として後から追加するVプリカを残高の残っているものと合体できるというもので微妙に残った金額を簡単に使いやすいです。

      アカウントはVプリカとPayPalを同時に登録する必要がありますが結構わかりやすく使えたのでオススメです。
      因みにVプリカの残高以上の購入をしようとすると失敗と出るので間違えたときも安心ですね。

      これでシャルンホルストにシムス、レニングラードを買えたので遊ぶぞー!

      では今日はこのへんで、ではでは。

      ↓クリックお願いします。

      人気ブログランキングへ

      • スポンサーリンク

        WoTのver9.16のMODについて

        どうも、さるまんです。
        WoWsに完全に移住している状態ですが、今回もやっていくとしましょう。
        次回以降は書くか怪しいのであまり期待はしないでくださいね。
        というかWoT自体のMOD採用なんかが凄く良い……のであんまりMOD突っ込まなくてもよくなったのが嬉しいですよね。
        ダメージインディケーターにダメージログとこれは良い追加だぁなんて思ったりしてました。

        後第六感の音声を設定することも出来るようになったのが嬉しいですね。
        これはしたらばの方に情報上がってましたので参考にするといいかも?

        MODの状況

        ・XVM
        普通に来ていますね。
        defaultは一部編集した奴のみを移動させましたが大丈夫でした。

        ・J1mB0’s Crosshair Mod(非純正)
        前verの物が使用可能でした。
        他の照準MOD探すつもりだったのですが、WoT半分引退状態なのもあり、探せていません。
        なにかいい照準MODないかなぁ。

        ・Autoaim indication
        ここの作者さんは何時も神速対応なのでウレシイ……ウレシイ……
        なんだかオートエイムの範囲が狭くなったように感じます。
        EU公式フォーラム

        ・Battle Assistant
        検証出来る車両がないので見てません。
        MODパックにも入れないのでセルフでどうぞ。

        ・FragCorrelationBar + TeamHPpools
        XVMか公式かわかりませんが、数値色々と見やすくなってたので要らないかなとか思っています。
        こちらも採用していませんのでセルフでどうぞ。

        ・Advanced zoom modes for World of Tanks
        動かなかったので新しいの拾ってぶち込んできました。
        動いたので良し、ホイールも機能するように組みました。

        ・Damage Indicator
        公式で(ry

        すっごい突っ込むMODが減ってホクホク顔でした。
        オートログインがまだのようですが、XVMを弄れば記憶してくれるのでそれでもいいかも?

        defaultフォルダのlogin.xcの赤ペンで囲ったところをtrueに書き換えるとできます、できた。
        詰め合わせには採用していませんので不便だなぁと思ってる方はどうぞ。

        9.16 MOD詰め合わせver1(pass:765)
        参考程度に今纏めたのを置いておきます。
        とりあえず数戦して動作確認はしていますが、不具合などありましたら一応報告お願いします。
        なんとか改善しようとじたばたはしてみます。

        では今のところはこのへんで、ではでは。

        ↓クリックお願いします。

        人気ブログランキングへ

        • スポンサーリンク

          WoTのver9.15.2のMODについて(9/21更新)

          どうも、さるまんです。
          最近戦車の方はご無沙汰でしたがver9.15.2が来たようなので折角沢山の方が見てくれているので今回もMODについてしらべてこようと思います。
          因みにXVM来てんじゃーん!とXVMだけ更新してみたら見事に戦闘のロードで落ちました、シカタナイネ。

          MODの状況

          ・XVM
          とりあえず最新版をダウンロードしてdefaultをほり込んだのを起動して見ましたが問題はありませんでした。
          問題ありました、minimapの部分が変わっているようで、minimap~.xcの部分を新しいものに更新する必要があるようです。
          しっかりHPバーも出てるし電球もでるしで有り難い限りです。

          ・パスワード保存MOD
          前verの物でもしっかりと使えました。
          これがあるだけでMODのテストがしやすくなるので嬉しいところですね。
          ガレージに戻れなくなるという情報もあるので要確認。

          ・J1mB0’s Crosshair Mod(偽)
          こちらも前のverのものでしっかりと動いています。
          ちなみに今使っている偽の元はSEELEさんちのMODパックより拝借しています。(XVMが普通のじゃないらしくてMODパックでは使ってないんだよな!)

          ・Autoaim indication
          ver9.15.2の物は来ていませんがEU公式フォーラムの8/10の分を使ってみたところ動いてくれました。
          EU公式フォーラム

          ・Battle Assistant
          自走持ってないのでわからん。とか言いそうになりますが、使えているという情報がありますね。

          ・FragCorrelationBar + TeamHPpools
          前のverで動きました。

          ・Advanced zoom modes for World of Tanks
          前のverで動きました。
          マウスホイールでのスコープモードへの移行が出来ない不具合有り。

          ・Damage Indicator
          前のverで(ry
          いや、動いてくれるのはありがたいことですね、うん。

          傭兵さんちのダメージログはまだなようなのですが、まぁそのうちにくるでしょって感じですね。
          全体的にすんなりと動いたので物足りない気もしつつ(かと言って時間かかるとぶーたれるのにな)今回も平和にWoTを出来る環境が整いました。
          と思ってテストプレイしたらなんだか敵の最終発見位置のアイコンがとっちらかることに、なんだこれ気持ち悪い。
          名前の部分はちゃんとしたところに出てるんですけれども。
          現状よくわかっていないので、この部分はまた今度とさせてください。

          原因がわかりました。
          上のXVMの項目で触れたように以前のverのdefaultフォルダをそのまま使っていると問題が起きるようです。
          また、マウスホイールでスナイパーモードに出来なくなる問題はAdvanced zoom modes for World of Tanksの\scripts\client\gui\modsにあるmod_battleflash.pycが原因のようです。(多分)
          一個一個MOD追加したところこいつの時に引っかかった感じなんですよね。
          とりあえず別のものに置き換えたら動作を確認しました。(9/21 13:09追記)

          9.15.2 MOD詰め合わせver3(pass:765)9/21 13:41更新
          参考程度に今纏めたのを置いておきます。
          最近WoTやってる時間がかなり減っていますので問題があっても気付けない可能性がありますのでその際にはコメントで教えていただければと思います。
          導入は自己責任で確認は自分の環境で行うようにお願いします。
          ver2からの変更点はマウスホイールでのスコープモードへの移行できない不具合の修正になります。

          では今のところはこのへんで、ではでは。

          ↓クリックお願いします。

          人気ブログランキングへ

          • スポンサーリンク

            クラン【I-MAS】解散について

            どうも、さるまんです。
            最近忙しくなり、疲れてそのまま寝てしまったりすることも増えています。
            今回はその関係でどうにもならなく前に対応しようということで運営しているクランについてになります。

            クランの解散

            5/8に設立し、ちょうど4ヶ月の間運営してきたWoTでのアイマスクラン【I-MAS】を解散します。
            理由としては自分が忙しくなることで今以上のアクティブ率の悪化とクラン運営において対応が遅くなってしまうことを危惧してになります。
            設立時の記事に書いた設立の理由である、クランマスターの不在はなんとしても回避したいのが大きいです。
            まさか自分自身が不在になりかねない状況になっているというのはブーメラン刺さっている感じですね。
            また、現在765Pのクランマスターは復帰しているようです。

            引継ぎを副クラマスの4人と相談したのですが、忙しいなどの理由で難しいとのことです。
            当初の目標であった拠点戦をもっとやるクランというのも現在さっぱり出来ない状態にありますので非常に力が足りず心苦しいのですが、このまま放置するのも良くないと判断しました。
            今後は姉妹クランである765Pに移籍をしてもらうか、各自新しいクランを探してもらうということになります。

            未熟なクランマスターでしたがありがとうございました。

            ↓クリックお願いします。

            人気ブログランキングへ

            スポンサーリンク

            WoTで上達するには(最初の伸び編)

            どうも、さるまんです。
            今日はWoTで運営しているクランの入隊基準引き下げに伴って必要になった新人さんへの技量向上方法などについて書いていこうと思います。

            どうすればいいのか?

            自分が聞きたい!と叫ぶ程度にWoTでは下がり調子なのですが、少なくとも最初の成績が上がり始めた時期については覚えています。
            さるまんはWoTのスマホ版をプレイしていたので、車両知識は多少なりともっていたのですが、WoTで重要となるマップ知識を習得していませんでした。
            なので、腕前が上がってきたのはtierがそこそこ上がり、マップを覚えた時期からでした。

            なのでWoTで最初必要な知識は車両知識とマップ知識だと思います。

            どこでその知識を覚えるかですが、これは意外とwebサイトに転がっています。

            戦車知識で言えばwikiの車両解説img wikiのネタを挟んだ紹介や、tank.ggで見る装甲厚など。(車両名を選択&右上の3D modelをクリック)
            車両は一般的な評価なんかが色々とあり、装甲厚はなんかユニカム相手だと硬くなってる気がしますが基本的に一定です。
            一方的に負けたり、弾かれた相手なんかを確認すると覚えれて行けると思います。

            次にマップ知識ですが、これが中々曲者です。
            当ブログで書いたりしていますが、検索して回っていただければわかると思うんですが全然違ったりするんですよね。
            なので、あくまで大体の主交戦ポイントなどの要点を参考にしつつ自分でどの辺りで戦うか、どこで押すか、どこで引くかを考える必要があります。
            WoTは変な戦場に突っ込まれることが多々あります。
            定石通りの戦場?知ったことかと偏る味方、笑ってしまう位統率の取れてる集団突撃など多々あります。
            なので、参考にしつつ自分で覚えましょう。

            他にはそれなりに上手い人に聞くという選択肢もあります。
            わからないことを随時聞くというのも手っ取り早くはあります。
            しかし、正解をぽんっと渡されてしまうと良く分からないけど、やってるになってしまうので、理由なんかを考える必要がありますね。
            考えて、上手くなりましょう。(ならないとなぁ……)

            では今日はこのへんで、ではでは。

            ↓クリックお願いします。

            人気ブログランキングへ

            スポンサーリンク

            超高速オートローダー59-16

            どうも、さるまんです。
            珍しくなってしまっているWoT関連の記事を書いていこうと思います。
            今回は車両の紹介で、中国tier6軽戦車の59-16を紹介していきます。

            中国tier6軽戦車 59-16

            59-16は小さな車体、良好な隠蔽性、水準並みの視認範囲、良好な出力重量比から来る高い機動力を持つ軽戦車です。
            ただ偵察に使っても十分以上の強さをもっているのですが、この戦車最大の特徴は76mmオートローダーになります。

            オートローダー砲を持っている軽戦車はAMX12t、T37などがいるのですが、それらと比較した時の最大の強みは圧倒的なリロードの速さと発射間隔にあります。
            T37とAMX12tが20秒かかる中での装填時間9秒、そして発射間隔1.3秒は圧倒的です。
            しかし、代わりに他の二両と比べてAPで貫通85mm、APCRでも106mmというのは格上戦が多い軽戦車では中々厳しい状況も出てきます。
            格上でも貫通が安定する57mm砲か、オートローダーの火力か悩むことになりますね。

            個人的にはオートローダーでパンパン撃ってあっという間にダメージを稼ぎ出す方が好みですが、安定した軽戦車として使用してもいいと1両で2度おいしい戦車ですね。

            では今日はこのへんで、ではでは。

            ↓クリックお願いします。

            人気ブログランキングへ

            スポンサーリンク

            WoTで日本語入力出来ない場合の対処方

            どうも、さるまんです。
            今日は小ネタを一つ書いていこうと思います。

            WoTで日本語入力がまともに出来ないんですけど!

            WoTで日本語入力は1文字づつしか出来ないという人が結構いるのですが、これはどうやらwindows10を使っている人がなっているそうです。
            この対処方は公式のtwitterの方でもやり方が書いてあるのですが、これだけだとわかりにくいので画像を添えて説明して行きます。

            WoTのショートカットを選択して右クリックし、プロパティを選択。

            そして開いたウィンドウの互換性のタブをクリックして開き、互換モードで
            プログラムを実行する→windows8に設定で完了です。
            もし、デスクトップにあるショートカットを作っていないならWoTLauncher.exeで同様に設定しましょう。

            上手くいっていれば文字を入力しようとすると左上にこんな感じの画像が出るようになると思います。
            真ん中をクリックしてIMEを設定することで上手く入力が出来るようになります。
            これでも上手くいかない場合は右の項目をHiraganaにすることで元に戻ります。

            では今日はこんなところで、ではでは。

            ↓クリックお願いします。

            人気ブログランキングへ

            スポンサーリンク

            WoTのver9.15.1.1のMODについて(8/13更新)

            どうも、さるまんです。
            WoTにver9.15.1.1来ちゃいましたね。
            今月1週間ぶり2度目だよ、ペース速いわ!変更点大したことないわ!
            まぁ、ぐちぐち言いながらもMODの動作確認をしてきました。

            ver9.15.2の記事はこちら

            MODの状況

            簡潔に書きますと、res_mods内の9.15.1フォルダのリネームとXVMの更新で現在自分の使用しているMODはちゃんと動きました。

            使用MOD
            ・XVM
            ・J1mB0’s Crosshair Mod(偽)
            ・Autoaim indication
            ・FragCorrelationBar + TeamHPpools
            ・Session Statistics
            ・Advanced zoom modes for World of Tanks
            ・Damage Indicator
            ・YoheyDamageLog9.15.1
            ・メールアドレス・パスワード保存MOD

            また、XVMの更新によってガレージの多段化が正常に機能するようになり、また一つ便利になったという感じです。

            ガレージの多段化についてはcarousel.xcの赤ペンで囲んだ中身の数字を好きな数字に変更することで行えます。


            ↑多段化はこんな感じ

            しかしMAPがこんな状態に。

            今回のアップデートでMAPが元に戻った影響でしょうか?
            も、文字とアイコンが小さすぎる……!意外と場所が正確にわかったりしていい面もあるのですが出来れば戻したいところです。
            しかしXVMはまだminiMAPを弄れないので変更できない感じなんでしょうか、うーん。

            また、XVMの敵の発見被発見を表示する電球が見える人と見えない人が居る問題なのですが、古いバージョンでXVMを使用する際にフォントをダウンロードする必要があったそうで、それをダウンロードしている方に問題が起きているとのことです。
            ですのでwindowsのコントロールパネルの中にある古いフォントを削除することで上手く動作するようになるという情報を確認できました。
            さるまんは比較的に最近やり始めたのでこの影響を受けなかったようです。

            意外といじらなくて良かった良かったという事で今日はこのへんで、ではでは。

            9.15.1.1 MOD詰め合わせver2(pass:765)
            参考程度にMODを詰めたのを置いておきます。(8/12 16:29作成)
            導入は自己責任で確認は自分の環境で行うようにお願いします。
            不具合などを確認したら順次更新するつもりですが、個々の環境で起きる問題が違うようなので対応は難しいかもしれません。

            ver9.15.2の記事はこちら

            ↓クリックお願いします。

            人気ブログランキングへ

            スポンサーリンク