自走大規模改変来る!(WoT ver9.18実装!)

どうも、さるまんです。
最近まーたWoTをプレイしていませんが、NA鯖でver9.18が来るという事で読んでみた感想を書いていこうと思います。

WoT ver9.18

ver9.18は3つの要素で出来ています。
まず、マッチメイカーの改良
これはトップが少なく、ボトム、ミドルが多くなるようにする改変です。

次に軽戦車のtier10までの実装です。
軽戦車マッチが廃止されて他の車種と同じマッチングになるのに合わせての変更ですね。

最後は自走砲の改変です。
榴弾の威力と貫通を大幅に下げ、APやHEATが削除されワンパンが無くなりました。
そして代わりに乗員の能力を下げるスタン効果がデバフとして付与されることになりました。

中々今までのWoTを根底からひっくり返すような内容になっていますね。
では順番に触れていこうと思います。

続きを読む 自走大規模改変来る!(WoT ver9.18実装!)

THE ARMORED PATROL記事紹介(2017/03/24)

どうも、さるまんです。
ネタがないのでちょっと面白かったWoTの記事を紹介しようと思います。

TAP記事の紹介

確定情報では無く、あくまで予定だったり開発中の情報だったりしますのであまり当てにしすぎないようにしてくださいね。

WG Dev Stream Q&A

・サンドボックスサーバーでテストしているスタン機能が否定的に受け取られた場合、開発者は自走砲の削除を検討しています。

・私たちは自走砲が3両小隊を組めるようにするか考えています。現在は五分五分です。

・様々な考慮の結果、課金軽戦車を修正しないことに決めました。
tier10LT後のツリー車両と同様のMMになります。

・例えばAMX 13 90にEXPがある場合、それはtier8に止まります。
しかし、プレイヤーはtier9とtier8の車両を獲得し、搭乗員はtier9の車両に移動します。

続きを読む THE ARMORED PATROL記事紹介(2017/03/24)

WoT RU鯖レポート その2(RUはカオスだぜ編)

どうも、さるまんです。
今日は以前書いたRUレポートの2本目になります。

パソミの報酬が五臓六腑に染み渡る

狩る側に回ることのない地獄のtier3を生き延び、どうにかこうにかtier4にたどり着いてからは天国でした。
依然としてボトムにほり込まれてしんどいですが、tier2差を連発されるよりはマシともう感激していました。

それにWoTはtier4からパーソナルミッションがアンロックされます。
知っている方も多く居るとは思いますが、ちょっとした内容のミッションをクリアすることで5万~7.5万クレジット貰えるのでようやく極貧生活から解放されます。
でもなんていうかやっぱりtier4行くまでは本当につらくてしんどくてやばいので、これ初心者さんが課金戦車買っちゃうのもやむ無しかなとか思ってしまいますね。
だって殆どボトムで蹂躙されるだけのモブキャラ役でクレジットも経験値も雀の涙しかもらえないんだもの。
ともかくtier4までくれば色々改善されるので頑張って、と何処に向けてるかわからない記事の中で書いてみます。

続きを読む WoT RU鯖レポート その2(RUはカオスだぜ編)

目指せマウス!ポルシェツリーを登る(四号戦車D型)

どうも、さるまんです。
じわじわとWoTを進めています。なんだかだらだらとやっていると昔を思い出しますね。

Pz.Kpfw. IV Ausf. D

今日紹介するのはこちら。
某ガールでパンツァーな主人公機の四号戦車のtier4版です。
ドイツツリーはASIAではE75とE50まで進めたのですが、P虎が弱かったのとVKAにあまり魅力を感じなかったのが理由で進めていませんでした。
ですが、現在はP虎も多少は改善され、tier8もマウスの子供で12.8cm砲を扱える中々の存在になったのでこれは作らんとな!と思ったのが発端です。

さて、そんな中で四号戦車D型の紹介をしていこうと思います。
D型はtier的に見て中々の貫通と単発火力を持つ7.5cm砲と優秀な出力重量比を持ち合わせた中戦車です。
同格のT-28と似通った性質を持っていますが、あちらが手数型こちらが単発とすみわけが出来ておりその上で車体が小さいので扱いやすさではD型のが上です。
やや精度、照準速度が悪いのが気になるところですが、当て続けるのも難しいですからね。
また遭遇しやすいKV-1相手に安定して貫通出来る辺りもGOOD!

反面相変わらずぺらっぺらな装甲は改善の兆しすらなく、格上の持つ大口径榴弾砲を防ぐ手立ては皆無です。
無理です、諦めましょう1パンされるので狙われたらダメな類の戦車です。

まとめると中戦車なので当たり前ですが真っ正面から殴り合うタイプの車両ではないものの足と砲を活かしてきっちり立ち回ると稼げますね。
この特性はH型でも同様なのでしっかりと学んで覚えて使いこなしたいですね。

では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    WoT RU鯖レポート その1(tier3は辛いぜ編)

    どうも、さるまんです。
    この頃色々なモチベが低下気味ですが、だらだらと書いていこうと思います。

    RU鯖は人が居る!けどやはり低tierは……

    今日はどうやら回線の調子が良いようだということでWoTのRUクライアントを起動しました。
    そうするとRU9のpingは破格の45!という驚異的な数値で、これは自分の環境が悪かったんだなとか思いながら接続しました。
    しばらくプレイしても跳ねることは無くプレイできたのでその感想を書いていこうと思います。

    流石のRUサーバーと言えどtier1、tier2のマッチングには2分程度時間がかかりました。
    ですが、そんな中でもフルメンバーでの対戦がちらほらあり、ASIAではそもそもマッチしなかったこともあったので驚きました。
    相変わらずのお遊戯会じみた空気の中で脳味噌からっぽにしてプレイすること数戦、どうにかtier3まで到達しました。

    tier3からはマッチングも速くなることだろう……。そう思って待つこと数秒、速攻でマッチしたのにワクワクする自分の目の前にはB2の群れが飛び込んできました。
    訓練費用にすら困る初期のお寒い財政で課金弾を最初から詰めているわけも無く蹂躙されました。
    ま、たまにはこういうこともあるよなーと次戦はKV-220やKV-1の群れと戦うことになりました。

    HAHAHA……WoTってそう言えばこういうゲームだったな。
    マッチングするは良いものの遭遇する車両は圧倒的に性能に差がある車両ばかりであり、もうなんというか良いやってなりました。
    相変わらずWGゲーの低tierはクソゲーだなとか思ったのが収穫でイマイチRUの癖なんかを知ることができませんでした。
    WoTの本番はtier5からだったなーへへへ、そうだった、忘れてたぜ。

    レーヴェでもぶち込んでやろうかと思ったのを留めつつ今日はこのへんで、ではでは。

    ↓クリックお願いします。

    人気ブログランキングへ

    • スポンサーリンク

      WoT 海外クライアントの日本語化&復活のJ1mb0’s

      どうも、さるまんです。
      今日は備忘録的にWoTの海外クライアントの日本語化方法を書いておこうと思います。

      WoWsのベースがRUなんだからWoTも、ねぇ?

      WoWsでRUのプレアカを購入している以上、アジアでもプレアカを購入するのはもったいないということでWoTのRU移住を試みてみました。
      WoTのRU鯖と言えばRU9(ウラジオストック)が快適とたまーに聞こえてくるのが特徴で新潟のラインを通ればASIAのシンガポールより近いのが売りですよね。
      とりあえずさるまんの環境ではping80と中々の数値ではあったのですが、ちょいちょいASIA以上にpingが跳ねるのと最近の回線不調気味も考えて様子見中です。

      さて、雑談も程々にやり方書いていきましょう。

      まずWoT戦技研さんちから【fonts_sd.swf】を貰ってきます。
      これは1バイト文字しか表示できない海外クライアントに2バイト文字を表示出来るようにするためのものです。
      【res\gui\flash】の中に置いておくものなのでMOD化するなら【res_mods\gui\flash】の中に入れる感じですね。

      そんでもって表示出来るようにした日本語の説明は【res\text】の中身全部です。
      これはアジアサーバーのクライアントとからコピーしてきましょう。

      以上の二つをres_modsにほり込めば日本語化完了です。
      思ったより難しくなかったですね。

      続きを読む WoT 海外クライアントの日本語化&復活のJ1mb0’s

      五式重戦車を紹介する(15cm榴弾マン)

      どうも、さるまんです。
      今日はWoTで作成した戦車の紹介をしていこうと思います。

      Type 5 Heavy

      五式重戦車は四式重戦車から全体的な向上を果たした正当進化した重戦車です。
      単純に分厚い装甲はほぼ全面で+20mmの増厚を受け殆どの正面が280mmに達しました。
      弱点だった左右の傾斜部分は200mmから270mmとなり、弱点とは言えない厚さまで向上しましす。
      唯一キューポラは装甲の増厚はほぼ無いも同然で相変わらず弱点のままです。

      実用的な面では昼飯とよそ見を徹底することで全面300mmの圧倒的な装甲厚、そして左右の傾斜部を捨てれば他の部位は330mmとすることも可能であり同格重戦車の課金弾も弾きうる硬さです。
      しかしながらあくまでも理論値であり、そもそもその体勢にすると真正面に290mmの弱点(左右の傾斜と砲塔側面)が出現する辺りWGのあからさまな調整が見て取れます。
      そもT110E3の課金弾は余程傾けないと普通にぶち抜いてくることも覚えておくべきでしょう。
      40度傾けてチラ見せしているところをまさか正面からぶち抜かれるとは夢にも思っていませんでした。

      さて装甲はさておいて、攻撃面。
      14cm砲は格下が多いマッチであれば精度向上、照準時間の短縮もあって暴れることが可能ですが同格や硬めのtier9が多いマッチに遭遇すると苦しいの一言でした。
      15cm砲はリロードが四式から大幅に向上し、ようやく実用的な砲として選択肢に入ります。
      砲塔側面など、どの戦車でも比較的装甲を誤魔化している場所に射ち込めれば500~600ダメを与えれますが正面に馬鹿正直に撃てば300も出ないこともあり得ることから、存外知識量が求められる装備です。
      如何に狙える中で最も薄い部位を狙えるかがこの砲での一番の課題となるでしょう。

      注意点として、ダメージはどんな相手でもきっちり通せますが同格相手だとDPMは負けることが多いことを意識して一発でも跳弾を狙いHPを節約することがポイントです。

      まとめますと、見た目こそデカくなんでもパワーで押しつぶすような印象を受けますが、存外テクニシャンな運用を求められる重戦車だと思います。

      続きを読む 五式重戦車を紹介する(15cm榴弾マン)

      ver0.9.17.1で強化された四式重戦車に乗ってきた

      どうも、さるまんです。
      今日は久しぶりにWoTの記事を書いていこうと思います。

      Type 4 Heavy

      ver0.9.17.1で強化された四式重戦車ですが、許可内容が装甲厚の増加と新15cm砲の追加としか書いておらず、イマイチどこが強くなったかわからなかったのですが昔の装甲厚を書いてあるサイトを見つけたので比べてみました。

      こんな感じでした。
      主に正面装甲が10mm増厚され、キューポラが大分安心感のある(通常弾相手なら)装甲厚になっています。
      反面弱点である両サイドの傾斜部分は200mmのままで相変わらず昼飯時の弱点部位であり気をつけないといけないのは変わりません。
      しかし格下と同格中戦車のHEATを持っていない一部(E50やM46など)の相手には傾けなくても安定して弾くようになり、昼飯よそ見をすれば220mmの部分が真ん中に出来る以外は全面300mm越えになります。
      傾斜部分が改善されていないのは少し残念ではありますが、その分五式重戦車で+70mm増の270mmになるのを考えれば仕方ないのでしょうね。

      続きを読む ver0.9.17.1で強化された四式重戦車に乗ってきた

      WoTとWoWsを比べてみた!

      どうも、さるまんです。
      最近久しぶりにWoTにログインして中々楽しくプレイ出来たので比較記事を書いていこうと思います。

      WoWsの良いところ

      まずは軸足を移したWoWsのWoTと比べて良いところから書いていこうと思います。

      WoWsの良いところ
      プレアカにさえすればクレジット稼ぎを考えることなくクレジットが貯まっていく。
      (tier10でも課金迷彩を購入することで心配無くなるどころか課金艦並みに稼げるようになる
      経験値を稼ぐ面でも迷彩や信号旗などで補正を付けやすく、一気に育成出来る
      WoTの自走砲に似た空母が存在するもののスキルによる対策も講じやすく、尚且つ空母側に技量が必要でワンクリックで吹き飛ばされる理不尽感が少ない
      UIなどがWoTを下地にしつつもに改良されており、設定なども弄りやすくなっている。
      アップデート速度が速く、調整が頻繁に行われている。

      個人的にWoWsでWoTよりも評価しているのは資金周りです。
      WoTでは高tierを回すために課金戦車を回してクレジットを稼がなくてはならず、これが中々ストレスになっていました
      ゲーム内まであくせくクレジットの為に働かせるのは正直うんざりしていたので戦っているだけで自然にクレジットの貯まるWoWsは嬉しい仕様でした。
      またtier10の課金迷彩も少しお値段はしますがそれでもtier8課金戦車なんかを購入するよりはお安く済み、尚且つ大幅に稼げるようになるので高評価です。

      そして自走砲と空母の関係性です。
      WoTで駆け引きをしている最中にいきなり大ダメージを食らわされて死ぬことになる自走砲はWoTから離れた理由です。
      反面空母はtier4とtier5では流石に猛威を振るいますが、tier6ともなると対空性能が向上するため好き放題暴れることが出来なくなり、tier7からtier8では若干苦境に追いやられます。
      tier9以降は流石に盛り返してきますが、それでもtier4からあまり火力が上がるわけではないので一撃死は中々起こらず現在では良い塩梅だと思います。
      上になるほど技量を要求され、空母以外の艦船も大分対空能力を高く出来るので中々通しにくいですしね。

      WoTでストレスになる部分が大分改善されているのがWoWsの良いところです。

      続きを読む WoTとWoWsを比べてみた!

      WoTのver9.17のMODについて

      どうも、さるまんです。
      作成予定は無いとか言いながらチェックする当たりなんというか、うん。

      WoTのMOD関連のフェアプレイポリシーが公開されていたんですね。
      バニラ版クライアントの「照準ロック」機能より高機能な自動照準を可能とするものがアウトということでAutoaim indicationが死亡しているのに驚きました。(やったぜ確認するMODが1つ死んだ!
      ともなると元々ver9.16時に採用していたのは結構少ないのでさくっと紹介していきます。

      幾つかのMOD

      ・XVM
      い つ も の
      なんかver9.17.0.1になってましたが普通に変えてみたら動きました。
      defaultはプレイヤーパネルと拡張パーツの切り替えだけ変更して動作を確認しました。

      ・j1
      いい加減墓に埋めてやろうぜ?とか思いながら調べたところ後続MODが出来ている?
      やらなんやら見ましたが落としたところ動かなかったので放棄。
      j1以外の照準MODを探して落してください、自分は探さないよ。

      ・Advanced zoom modes for World of Tanks
      普通に新しいの落としてチェックしたら稼働しました。
      自車を中心にしたズームアウトは平気っぽい?

      あと傭兵さんちのオートログイン入れました。

      こんな軽めのを2つ投入して回した感じ普通に動いたのでこれで良い方はどうぞ。
      9.17 XVM&ズームアウト(pass:765)
      URL→https://www.axfc.net/u/3753893

      フェアプレイは大事だけどオートエイム無くなったからHTしかプレイできなさそうだなぁとか思ってるさるまんでした。
      では今日はこのへんで、ではでは。

      ↓クリックお願いします。

      人気ブログランキングへ

      • スポンサーリンク