WoWs ver0.6.10.1日本語化MOD配布

どうも、さるまんです。
作らなくてもいいかなとか思いながらとりあえず置いておきます。

今回も構造上の変化無し

作り方はver0.6.4の記事ver0.6.3の記事などを見てください。

今回も構造上の変化はないのですが、アップデート容量も小さかったこともあり、2周年コレクションのテキストじゃね?という疑惑もあるのでぶっちゃけいらないっちゃいらないだろうとは思います。

WoWs ver0.6.10.1日本語化MOD(pass:765)
サンプルはこちらです、動作確認はしていますが導入は自己責任でお願いします。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    WoWS Info – 1st September 2017(TAP記事紹介)

    どうも、さるまんです。
    動画のエンコードが開始出来たので一安心しつつ、読んでいきましょう。

    Sea Group記事の紹介

    確定情報では無く、あくまで予定だったり開発中の情報だったりしますのであまり当てにしすぎないようにしてくださいね。
    後、google先生に頼っているので間違えている場合があります。気になる方は本当かどうか真実を自分の目で確かめてください!

    WoWS Info – 1st September 2017

    ・STでのレーダー、IFHE
    レーダーの変更は元に戻りました。
    IFHEは139mm以上の発火率は元に戻ったが、小口径のペナルティは減少したままになっています。
    発火率が変化する可能性は未だに残っていて、現在の設定を組み合わせてSTでテストされます。

    ・迷彩の追加
    30ダブロンで艦長経験値+100%と隠蔽と最大散布界のアレ
    60ダブロンで艦長経験値+100%と経験値+100%と隠蔽と最大散布界のアレ

    ・クラン
    海軍基地とクラン戦のルールのテストが開始。
    tier10で7vs7、艦種制限など。

    ・グラーフ・ツェッペリン
    熟練した空母乗りの一人であるFarazelleth氏が(2×5-3×3-1×8と3×5-2×3-1×8)を提案しており、これが好ましく上手く行くものだと信じていますが、他のアイデアも試してみたいと思ってる。

    読んでの感想

    レーダーはとりあえずデータ取れて実装ラインに乗ったから戻ったのか、微妙だから戻ったのか気になるところですがそこまで変わらん(英巡は死ぬ)くらいだと思うので確定するまではあまり気にしないでいいかな。
    IFHEは選択肢的に小口径のペナルティ軽くするくらいでいいと思っているのでこれくらいでいいのではという感想になりました。

    迷彩の追加は素直に良いなとは思います。バレンタイン迷彩人気というか買い込む資金あれば買ってたし妥当ですね。
    グラーフ・ツェッペリンはこの案で通ると嬉しいなぁとは思うものの変化球投げてきそうで不安、まぁ後4ヶ月はこないらしいのでどう転がってもおかしくないのでやはり今現在ではそこまで深く考えなくてよさげです。

    クラン戦の実装はtier10かぁと少し意外に思いました。
    tier6でまたランク戦みたいな酷いバランスでやらされるものかと考えていたので!

    では今日はこのへんで、ではでは。

    ↓クリックお願いします。

    人気ブログランキングへ

    • スポンサーリンク

      WoWS Gamescom Q&A(TAP記事紹介)

      どうも、さるまんです。
      TAPにGamescom関係のQ&Aが来ていたので読んでいきます。

      Sea Group記事の紹介

      確定情報では無く、あくまで予定だったり開発中の情報だったりしますのであまり当てにしすぎないようにしてくださいね。
      後、google先生に頼っているので間違えている場合があります。気になる方は本当かどうか真実を自分の目で確かめてください!

      WoWS Gamescom Q&A

      Q:クランウォーズまだー?

      A:クランウォーズは近いところに来ていますし、海軍基地も9月には実装されますよ!


      (こんな画像も上がってましたね)

      続きを読む WoWS Gamescom Q&A(TAP記事紹介)

      WoWs ver0.6.10の情報(SEA Group記事紹介)

      どうも、さるまんです。
      今日はSea Groupの記事を紹介していきます。

      Sea Group記事の紹介

      確定情報では無く、あくまで予定だったり開発中の情報だったりしますのであまり当てにしすぎないようにしてくださいね。
      後、google先生に頼っているので間違えている場合があります。気になる方は本当かどうか真実を自分の目で確かめてください!

      0.6.10 NEW CONTENTS AND CHANGES UPDATE III

      ・日本空母
      加賀を含む日本空母全てで、戦闘機隊が全滅した場合のリロード時間が2.5倍から3倍に増加した。
      また白龍はこれと同様のペナルティを雷撃機と爆撃機でも受ける。

      ・クランの拠点について
      海軍基地がクランの新機能として追加される。
      5つの建物といくつかのアンロック可能なボーナスが存在します。
      主なリソースはオイルでアクティブなプレイヤーが多いほど溜まっていきます。

      ※ざっくりと書いていきます。

      本部
      クランメンバーの上限+10
      クランメンバーの上限+10(上記を先に作る必要あり)

      造船所
      tier5艦の購入費用-5%
      tier6艦の購入費用-5%
      tier7艦の購入費用-5%
      tier8艦の購入費用-5%

      乾ドック
      駆逐艦の修理費-3%
      巡洋艦の修理費-3%
      戦艦の修理費-3%
      空母の修理費-3%

      研究所
      各ツリーそれぞれに経験値+2%

      読んでの感想

      日本空母のnerfが来ましたが正直言ってこれは米空母をBuffすることで合わせて欲しかったなぁって部分ですね。
      なんていうか基本的にリロード時間が長くなってしまうのは快適ではないと思うので残念です。

      そんでもってクランの拠点機能が追加とのことで、てっきりWoTでいう拠点戦が追加されるものと思っていたのですが、どうやらそうではないっぽい?
      オイルイベントのシステムを利用してランダム戦で稼いでいくことになるのかな、と言ったところですね。
      内容としてはクランメンバーの人数の上限開放とtier8艦の購入費の割引が美味しいかなとは思いますが、あまり大きな差ではありませんね。
      てっきりWoTと同じリザーブ形式のボーナスかと思っていましたが、旗も迷彩もあるWoWsではこちらの方が良かったですね。

      では今日はこのへんで、ではでは。

      ↓クリックお願いします。

      人気ブログランキングへ

      • スポンサーリンク

        煙幕の改訂とコンカラーの主砲(TAP記事紹介-2017/08/18)

        どうも、さるまんです。
        今日も今日とてTAPを紹介していきます。

        TAP記事の紹介

        確定情報では無く、あくまで予定だったり開発中の情報だったりしますのであまり当てにしすぎないようにしてくださいね。
        後、google先生に頼っているので間違えている場合があります。気になる方は本当かどうか真実を自分の目で確かめてください!

        ・WoWS Info – 16th August 2017
        ・WoWS Info – 18th August 2017

        ・コンカラーの419mm砲の内部テストの改変
        419mm3連装砲4基のシグマ値が2.0から1.8に減少します。
        それにより遠距離射撃の効率が悪化するので、457mm連装砲4基の価値は上昇します。

        ・煙幕のSTテストの改変
        煙の中から発砲すると、船から船への発見距離が増加します。(元々発見前ならば影響がなく、発砲した艦は恒久的に隠れていました)
        正確な値は、各艦船の隠蔽と口径に基づいて計算され、平均的な距離は駆逐艦で2.5km、巡洋艦では5.9km、戦艦では13.6kmとなります。
        効果の持続時間は20秒間です。
        この変更により、煙幕射撃を行う事を意図していなかった艦では煙幕射撃を行うことが不可能になります。(戦艦と殆どの巡洋艦)
        さらに積極的なプレイと、敵の煙幕に突入するリスクに対してより多くの報酬があります。

        また煙幕内の発砲ペナルティは煙幕を挟んで向こう側の艦にも適用されるようになりました。
        各艦船の隠蔽と口径に基づいて計算されますが、スキルやアップグレードの影響を受けません。
        各船の正確な値は、ポートの仕様に記載されています。

        読んでの感想

        砲精度は大和に次いで良かったのが、同じ口径のグローサーと同等まで落ちるってイメージですね。
        流石に419mmで精度が良いとモンタナが可愛そうなのでこれは妥当ですが、457mm砲も持っていることから好みで使い分けできそうですね。

        そんでもって煙幕の改変は前の時間が減少するのと比べると大分丸いものですね。
        中で発砲したり、またいで発砲しても口径デカければばれて、口径小さければ問題ないならランク戦での戦艦が煙幕貰ってと言うのも消えますし駆逐艦も変に被害受けることもありません。
        今の問題をいい感じに直してくれるのではないでしょうか?

        PTに落とし込む過程で変な風にならないと良いなと思いつつ、今日はこのへんで、ではでは。

        ↓クリックお願いします。

        人気ブログランキングへ

        • スポンサーリンク

          グラーフ・ツェッペリンとイギリス戦艦(TAP記事紹介-2017/08/16)

          どうも、さるまんです。
          今日も今日とてTAPを紹介していきます。

          TAP記事の紹介

          確定情報では無く、あくまで予定だったり開発中の情報だったりしますのであまり当てにしすぎないようにしてくださいね。
          後、google先生に頼っているので間違えている場合があります。気になる方は本当かどうか真実を自分の目で確かめてください!

          WoWS Q&A – 16th August 2017

          ・グラーフ・ツェッペリンの内部テスト情報
          HE爆弾は新しい投下形式となっている。
          それはどの方向からでも同じ攻撃効率となる形状ですが、駆逐艦や巡洋艦相手では命中数が少なくなり、戦艦相手に複数火災を起こすにはより熟練した手動攻撃の技術が必要です。
          AP爆弾は投下角度が改善され貫通力が増しました。
          代償として投下に5秒の時間がかかり、これによって回避の可能性を与えてしまいます。

          また副砲は射程が6.25kmに落ちたものの精度が倍になり、これは手動制御や上級射撃で7kmの敵に正確な射撃を与えることを意味しています。

          ・イギリス戦艦のAP
          イギリス戦艦のAPは特別な信管設定が施されています。
          信管は通常の0.33秒ではなく、0.15秒に設定されており、これによりAPの効率に大きな影響を与えています。
          動作が早い信管を持つことで過貫通が減少し、目標の内部で爆発を起こしやすくなります。
          戦艦の上部構造物や、空母などの装甲は薄いものの大容量のものに有効です。
          この設定はすでにフッドで実装されています。

          読んでの感想

          WGのグラーフ・ツェッペリンの爆撃弄りへの情熱は正直苦笑いしてしまいそうですが、AP爆弾の貫通性アップと弾着まで時間がかかる仕様は読んでる分では面白く感じます。
          予測投げと、その対価の貫通大ダメージの関係は技量が介在する余地があると思うので(範囲次第だけど……)魚雷の重要性とトレードオフになるくらいを期待したいですね。

          イギリス戦艦のAPはえーとこれはバイタル抜きにはどういう影響があるんだろう?
          ここ最近結構情報収集を怠っているのでフッドの使用感とか全然わかってないんですよね。
          巡洋艦相手でも過貫通が減ったりするのは強そうとか思ってしまうけど、戦艦あまりうまくはないしな、と思う内容でした。

          では今日はこのへんで、ではでは。

          ↓クリックお願いします。

          人気ブログランキングへ

          • スポンサーリンク

            WoWS Q&A(TAP記事紹介-2017/08/12)

            どうも、さるまんです。
            今日も今日とてTAPを紹介していきます。

            TAP記事の紹介

            確定情報では無く、あくまで予定だったり開発中の情報だったりしますのであまり当てにしすぎないようにしてくださいね。
            後、google先生に頼っているので間違えている場合があります。気になる方は本当かどうか真実を自分の目で確かめてください!

            WoWS Q&A – 2nd August 2017

            イギリス戦艦の修理班のアップデート
            ・tier3からtier8まで、ウォースパイト同様の修理班を装備します。
            ・tier9-10では修理速度が400%の速度で行われ、リロード時間も短くなっています。
            英巡を思い出す修理班ですがバイタルの回復ボーナスが欠けています。

            グラーフ・ツェッペリンについて
            ・以前テストされていた2-3-0編成は駆逐艦に対してあまりにも効果的過ぎました。
            より汎用性の高い2-1-2編成は、一般的に興味深いものではありません。
            よってAP爆弾を装備した2-0-3をテストしています。
            このAP爆弾は245mmの貫通力を持ち、35mm装甲に有効です。

            イギリス戦艦はどうやら修理班強化の方針に決まったらしく、思いっきり再生する方向のようですね。
            特にtier9、10での英巡と同じような再生の仕方をされてしまうと取り逃したのに頭を抱えることになりそうです。
            そんでもってグラーフ・ツェッペリンは素直に2-3-0のままで渡すんだ!って叫んでいます。
            正直駆逐艦を殺せない空母に価値無しも同然なのでAP爆弾で戦艦メタなんかやるよりも魚雷の数でぶち殺したいところなのです。
            AP爆弾でどうにかバランス取りを図っている雰囲気にちょっとげんなりしています。

            では今日はこのへんで、ではでは。

            ↓クリックお願いします。

            人気ブログランキングへ

            • スポンサーリンク

              WoWS Q&Aその2 (TAP記事紹介-2017/08/02)

              どうも、さるまんです。
              今日も今日とてTAPを紹介していきます。

              TAP記事の紹介

              確定情報では無く、あくまで予定だったり開発中の情報だったりしますのであまり当てにしすぎないようにしてくださいね。
              後、google先生に頼っているので間違えている場合があります。気になる方は本当かどうか真実を自分の目で確かめてください!

              WoWS Q&A – 2nd August 2017

              今日はさくさくっとやっていきます。

              Q.ヴァンガード来るの?

              A.プレ艦でそのうちに。

              Q.観測機使用時弾道は変わりますか?

              A.遠距離射撃時はもちろん山なりになるが、特に弄っていない。

              Q.スポットアシストってどんな仕組み?

              A.ある船が他の船が偵察しているターゲットに与えられたダメージです。
              たとえばレーダーをオンにして煙の中に駆逐艦を見つけたら、あなたのチームメイトが撃ちます。
              あなたがいなければ、あなたのチームメイトはこのDDを見ることができないため、報酬を得るでしょう。
              もう1つの例 – DDで最前線でスカウトしている場合、おそらくいくつかの敵を見つけるでしょうし、あなたのチームがそれらにダメージを与えることができれば、ボーナスも得られます。

              二隻以上がスポットしている場合は、両方とも同等のボーナスが得られるので、いくつかの仲間とスカウトするのはいいことです。

              Q.サイパンにAp爆弾の追加はありますか?

              A.ないです。

              Q.Duca d’Aostaを買って愛した人はいつイタリアの他の船を見る事ができますか?

              A.開発計画には入っていますが、この場で事前告知することは出来ません。

              分割する必要なかったか?

              ヴァンガード来るという情報と、スポットアシストの仕組みについては割と大きい収穫でした。
              訳すのスルーした戦艦多いんだが?に対してはなんというかその、AP爆弾追加もするし、というのはHAHAHAナイスジョークって感じですがうん……。
              まぁ、見たらさらにQ&Aとか来たのでそれも見ておかないとなとか思いながら今日はここで終わり!眠いしランクは辛いし、ぬぬぬ……。

              ↓クリックお願いします。

              人気ブログランキングへ

              • スポンサーリンク

                WoWS Q&A (TAP記事紹介-2017/08/02)

                どうも、さるまんです。
                今日も今日とてTAPを紹介していきます。

                TAP記事の紹介

                確定情報では無く、あくまで予定だったり開発中の情報だったりしますのであまり当てにしすぎないようにしてくださいね。
                後、google先生に頼っているので間違えている場合があります。気になる方は本当かどうか真実を自分の目で確かめてください!

                WoWS Q&A – 2nd August 2017

                今回くっそ長いので分割させてもらいます。

                Q.課金空母の前に約束されていた空母の再構築は何時ですか?
                加賀、エンタープライズは手に入れましたし、グラーフ・ツェッペリンも見えてきています。

                A.課金艦の前に再構築が来ると約束していたかは疑問です。
                全体的な問題が幾つもあった為、私たちは新しい空母に集中していませんでした。
                これには、UIの問題、クラス内のバランス問題、チュートリアルの欠如が含まれます。
                これらのものは、他のものとともに私たちを非常に全体的かつ深刻な問題に導きます。

                既存の空母や巡洋艦のコンセプトを調整する必要があるだろうか、全体的なオーバーホールが必要なのだろうか?
                もしそうなら、私たちはそれをいくつかの大きなアップデートで実装するか、それとも段階的にするべきか?

                今のところ、新しい空母を実装する最大の障害であるUIを修正しました。
                日米の空母バランスは進行中であり、今後のアップデートで期待できます。
                チュートリアルは作業中ですが基本的な動きや単純なものが最初に実装されます。
                全体的な再構築は難しい、古いプレイヤーにとってストレスになるので新しいものがより好きになれるものかを考え続けます。
                そしてその間に、私たちは、進化、革命的ではない方法で、既存のCVバランスへの様々な小さな品質の変更を行うことを目指しています。

                続きを読む WoWS Q&A (TAP記事紹介-2017/08/02)

                WoWs ver0.6.9PTとスモーク改変取り下げ

                どうも、さるまんです。
                今日はPTのことを書こうと思ったら内容がないよう状態だったので、どちらかと言えばTAP記事です。

                PTはキャンペーンのテスト

                今回のPTはキャンペーン実装前恒例となった簡単な内容にした山本五十六のキャンペーンのテストです。
                で、他にはまるっと何もない状態でのスタートになるようで、肩透かしも良いところですね。

                と、言うのも恐らくテストする気満々だったろう煙幕周りが延期になったのが大きいです。

                TAPでの延期についての記事

                前の記事で煙幕の改変に対して、最悪のアップデートだという反発(どの辺りが、というのが具体的に出ていないのがなんとも)もあり恐らくそれに反応しただろうというものです。
                簡単に説明するとスーパーテストでの変更で論争になっている焦点の洗い出しと、他の手段がないかの模索をする為、ということだそうです。
                そんでもってPTで実装されない理由として、STされたものが全てPTに行くわけではないとも書かれていますね。

                そんなに?という部分はどうしても守秘義務が絡んで漏れ聞こえてくるのを見るしかないSTの情報なのであれなのですが、raddit辺りなら転がっているんでしょうか?(最近見てない)

                ともかく、第2テストとかも起こりそうなver0.6.9と煙幕の改変に注目していかないといけませんね。
                では今日はこのへんで、ではでは。

                ↓クリックお願いします。

                人気ブログランキングへ

                • スポンサーリンク