東雲Getしてきました!

どうも、さるまんです。
リアルでごたついたりボディーブロー食らったりしてますが今日も今日とて書いていきましょう。

キャンペーン『名誉ある貢献』

『名誉ある貢献』は初期キャンペーンの片割れでtier8以降の艦でクリアできるキャンペーンです。
報酬は吹雪のマイナーチェンジ版の東雲とスキルLv11の艦長になっています。

さて、紹介は適当なとこでやめて完走した感想を書いていこうと思います。
正直ミッション1と2で手間取ったくらいでミッション3以降はさくさくとクリアできました。
ミッション1に時間がかかったのは繰り返してピン取れることを知らなかったからなので、200発と戦艦5隻に絞ればすぐだったと思います。
ミッション4以降は楽な上にピンが多いタスクが多かったので猶更瞬殺でした。
ミッション5は報酬が美味く、その上に楽なタスクが多くて最後なのに一番直ぐに終わりましたね。

変に身構えずに楽なのを繰り返すことで東雲を取る位ならすぐに出来ると思います。
全部埋めようと思ったらミッション1辺りで躓きそうですけども。

続きを読む 東雲Getしてきました!

ドイツ駆逐艦紹介(Leberecht Maass級)

どうも、さるまんです。
開発が終わったのでレーベレヒト・マースの紹介やっていこうと思います。

そういえば前回紹介したエルンスト・ゲーデの動画を投稿しました。

動画内で結構ドイツ駆逐辛い、米駆逐で良くねやら言っていますが、レーベレヒト・マースで結構大きくドイツ駆逐に対する意識が変わったので次回手のひらクルーするのが確定していたりします。
ダメだね、早合点したら、こういう時に手のひらドリルな自分だと結構恥ずかしかったりします。

ドイツtier7駆逐艦 レーベレヒト・マース

レーベレヒト・マースはWW1後のドイツで初めて建造された駆逐艦です。
史実では何かと不具合が多かったりしましたが惑星WoWsではそんなことは起こらないので安心です。

ゲームでの性能とはというとゲーデから砲が1門増加しさらにリロード速度が向上(5.1s→4s)しているのでゲーデで不満のあった砲性能が大幅に向上しています。
更に魚雷も若干ではありますが射程がのびているので使い勝手が向上しているのがいいですね。

隠蔽もレーベに限ってマハンよりも優れています(tier8以降は米駆逐より悪い)。
しかし発砲補正による隠蔽の悪さが気になるのでどっこいどっこいというところでしょうか?
地味に旋回半径が改善してるので動きが良くなってるのが嬉しいですね。
またHPが周りよりも高いのがちょっと嬉しいです。(発砲補正悪いので不用意に撃つと削られやすいですが……)

纏めますとtier7にしてドイツ駆逐艦本気を出す、という感じです。
砲戦も出来るようになり魚雷もtier的に白露が居ますが高性能中々ですしね。
良くも悪くもtier7での優等生な駆逐艦ですね。

続きを読む ドイツ駆逐艦紹介(Leberecht Maass級)

ドイツ駆逐艦紹介(Ernst Gaede級)

どうも、さるまんです。
WoWsのアップデートが来た!ドイツ駆逐艦が来た!ということで紹介していきたいと思います。

ドイツtier6駆逐艦 エルンストゲーテ級

エルンスト・ゲーテ級は某艦隊をコレクションするゲームでも実装されているZ1型駆逐艦の設計案の1つで150mm砲と128砲を選択できるのが特徴的な駆逐艦です。

ざっくり解説しますと150mm砲はアップデート前の旧日駆砲のAPを強化し発火率を上げたもので、128mm砲は弾道が素直でリロードが若干遅くAPが強い米駆砲です。
日駆よりは良いものの米駆逐相手にはどの砲を使っても厳しいかなというところですね。
ソ駆逐とはどっこいどっこいですが、砲旋回が22.5秒と遅いので不利つくんじゃないかなぁとか思っちゃいますがどうでしょうね。

また魚雷は雷速が65ktsと良好な上に射程も8kmと日駆似の性能に533mmということもあり発見距離も短めで優秀です。
隠蔽の7.6kmからわずかに長い射程なので隠蔽雷撃も不可能ではないですが隠蔽艦長じゃないときわどいですね。
速力は37ktsでソ駆のOgnevoiにはわずかに劣りますが、吹雪、ファラガットよりは優速です。

纏めますと、砲は米駆と日駆の中間、魚雷は日駆には射程で劣るもののかなり優秀、隠蔽は米駆並で足は速い方と言ったところです。

正直言うと帯に短し襷に流しな駆逐艦ですね。
隠蔽艦長を投入した自分はちょっと砲戦が強い旧峯風のような戦い方をしています。
なんだかんだ魚雷が超性能なのは事実なんですよね。

続きを読む ドイツ駆逐艦紹介(Ernst Gaede級)

日本駆逐艦紹介(白露型編)

どうも、さるまんです。
今回は砲駆逐(笑)なtier7に突如現れた魚雷キチな白露を紹介をします。

日本tier7駆逐艦 白露型駆逐艦

白露型は初春型の改良型で魚雷発射管を3連装から4連装に変えたのをメインにこまごまとした改良を施しています。
有名どころだと夕立とか時雨当たりがメインでしょうか?ぽい?

さて、ゲームでの性能はと言うと通常の消耗品枠に追加して特殊な魚雷装填ブースターを装備し、それによって5秒で魚雷のリロードが終わるという特異な能力を有しています。
実質4基16門という島風に匹敵する射線数をtier7で装備するという砲駆逐ルートとは一体何だったのかと言わんばかりの雷撃キチっぷりを誇ります。
反面魚雷ブースターのリロードは4分とかなり長めで乱発出来るわけではないので平均的な魚雷火力では暁の方が上だったりします。

また砲も3基5門で暁に劣り、やっぱり撃ち合いには勝てない旧来の日本駆逐艦です。
さらに速力においても鈍足で34ktsはかなり辛いですね。
隠蔽は優秀な部類に入りますが速過ぎる同格駆逐が多いので逃げきれないこともままあるので旗で補いたいところです。

まとめると砲が強化されたりしている新日駆の中で魚雷命な駆逐艦に仕上がっています。
対駆逐戦は苦手ですが圧倒的な魚雷火力を活かして煙幕の制圧から戦艦を吹き飛ばすなどやっていきたいところですね!

続きを読む 日本駆逐艦紹介(白露型編)

日本駆逐艦紹介(暁型編)

どうも、さるまんです。
今日は初春と置き換えられた暁の紹介をしていこうと思います。

暁型駆逐艦

特型駆逐艦の最終モデルである暁型はその建造目的の通りにかなりの攻撃力を持っている駆逐艦です。
それはゲーム内でも同じで砲撃もそれなりに、雷撃も非常に強力となっています。

そんな暁は置き換え前の初春と比べて連装砲が一基追加され、魚雷も3連装魚雷が1基追加されるというみればわかる攻撃面の強化が加えられています。
さらに速力も36.5ktsから38ktsに向上し、さらにHPも11700から13100へと増加という嬉しい強化も加えられています。
反面やっぱり遅い砲の旋回速度がやや気になるところで、隠蔽もぐっと悪化し(それでもtier7で見れば一番良い隠蔽ですが)格下と格上に一方的にみられる可能性があるというのが悩みどころですね。
若干舵が重いのも気になるところでしょうか?

まとめると攻撃力が大幅にアップした反面、隠蔽が悪化したのに気を付ける必要のある駆逐艦と言った感じですね。
魚雷楽しい、砲もそこそこで攻撃的な良い駆逐艦だと思います。

続きを読む 日本駆逐艦紹介(暁型編)

アメリカ駆逐艦紹介(Benson級)

どうも、さるまんです。
そういえば紹介はしてなかったなということでベンソンの紹介をしていこうと思います。

アメリカtier8駆逐艦 ベンソン級

ベンソン級はマハン級からさらに進化を遂げ、全ての要素が高いレベルまで引き上げられた万能駆逐艦です。
主砲の発射レートが5秒に1発から3秒に1発に向上し、魚雷も威力と射線数が向上ししっかりと痛打が与えられるようになっています
さらにマハンでの問題点であった隠蔽性も素の隠蔽性の低下と隠蔽アップグレードのお陰で改善されています。
地味に速力もアップして吹雪が知らなかったのか?ベンソンからは逃げられないされちゃったりします。

この段階でも強力な駆逐艦なのにフレッチャーに進化すると日駆魚雷と大差無い性能の魚雷まで得てしまうのが恐ろしいですね。
ベンソンの時点では5連装が2基と十分な雷撃能力なのですがやや魚雷がゆっくり目というのが強いて上げれる弱みでしょうか?
遅いといっても射線数が射線数ですので非常に当てやすいので気にならないです。

纏めると纏めなくても迸るパーフェクト駆逐っぷりがやばいですね。

続きを読む アメリカ駆逐艦紹介(Benson級)

アメリカ駆逐艦紹介(Mahan級)

どうも、さるまんです。
今日はアメリカ駆逐艦の紹介をしていこうと思います。

アメリカtier7駆逐艦 マハン級

マハン級はファラガット級の改良型で雷撃能力が大幅に強化され隠蔽雷撃が可能になった艦です。
睦月の長距離魚雷と比較すると速度、威力ともに劣っていますが3基12門(片舷指向8門)は単純計算で2倍の射線数であり非常に凶悪です。
駆逐艦の魚雷は1発で浸水を引き起こせることも多く、1本当てれば工作班を消費させれるので射線数の多さはかなり嬉しいポイントですね。

反面ファラガットから隠蔽が更に悪化し、基本的に格上駆逐相手に隠蔽負けするようになります。
その上鈍足である為、ベンソンなんかに補足されるとお願い魚雷やスモークを使わないと逃げきれないので結構辛かったりします。
同格のプレミア艦のシムスが高速な上に隠蔽性もよく、旋回も良いということで下位互換扱いされていたりします。

しかしシムスの長距離魚雷は狙って当てれる速度では無い上にダメージも低く、本数もマハンの方が多いので個人的にはマハンの方が活躍しやすく感じました。
ファラガットから大幅に雷撃性能が向上しているので砲撃戦だけではなく雷撃も決めてようやく良い感じに仕事出来る駆逐艦と言えると思います。

続きを読む アメリカ駆逐艦紹介(Mahan級)

アメリカ駆逐艦紹介(Farragut級)

どうも、さるまんです。
今日も駆逐艦の紹介をしていこうと思います。

アメリカtier6駆逐艦 ファラガット級

ファラガット級は前級であるニコラス級から砲が一門増加し、投射力が上昇している駆逐艦です。
ニコラスより隠蔽が1km近く悪化し、速力も若干遅くなっていますがアプグレパワーで意外と気にならないですね。
魚雷は雷速と射程が伸びているものの隠蔽よりも短い6.4kmの射程になっていてるのでまだまだ戦艦にぶつけたりなどは難しいです。
かわりに2基8門と多めになっているので煙幕に分投げる分には射線数が多く、煙幕からの炙り出しに扱いやすいですね。
欲を出せば魚雷ももう少し射程が欲しいですがそれはtier7のマハンに取っておくとしましょう。

続きを読む アメリカ駆逐艦紹介(Farragut級)

ソ連駆逐艦紹介(Gnevny編)

どうも、さるまんです。
最近駆逐ばかりに乗っているのでRU鯖で駆逐と空母の戦闘回数が同じになろうとしています。
日駆逐では魚雷をメインに行動していたのですがアメリカ駆逐、ソ連駆逐はアグレッシブに殴りかかることが出来、凄い楽しいんですよね!
そんなわけでtier5まで進めたので紹介してみようと思います。

ソ連tier5駆逐艦 グネヴヌイ級駆逐艦

ほぼ魚雷艇の日本駆逐、砲戦メインからの高バランスのアメリカ駆逐と来て巡洋艦っぽいナニカなソ連駆逐になります。
海面発見距離は長いですが、その分弾道がアメリカ駆逐よりも大分素直で遠距離射撃での偏差がしやすく、微妙に湿気っているアメリカのHEと違い発火率も良いです。
要するに戦艦が燃えるというわけなのですが、それはそれですね。

グネブヌイはソ連駆逐の特徴ともいえる130mm砲を装備し、一気に火力が向上しています。
かわりに非常に砲の旋回が遅く、扱いにくくなっていますが次のオグニェーヴォイからは速度が2倍になりますので我慢ですね。
前述の通り砲戦能力は同格のニコラスよりも高いと扱っていても思いますのでなんとか活かしたいところです。

反面魚雷は4kmという何に使うのかというレベルであり、島影でばったりでもしない限り使う機会はありません。
煙幕に突っ込むにしても5kmはないと、という感じです……。

駆逐相手でも戦艦相手でも、そして巡洋艦でも舐めて腹を見せているならぶち抜けるのでなんというか尖りに尖っている駆逐艦です。
どれにも喧嘩を売れるだけに砲撃に夢中になるとショボ沈しかねないので適度に相手を選んで戦わないといけません。(隠蔽悪いのも響いて狙われる狙われる)
しかし砲撃がここまで快適なのは扱っていて楽しいので是非一度乗ってみて欲しい駆逐艦ですね。

では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    アメリカ駆逐艦紹介(Nicholas級)

    どうも、さるまんです。
    結構クレムソンからニコラスになって慣れてきたので紹介してみようと思います。

    アメリカtier5駆逐艦 ニコラス級駆逐艦

    アメリカ駆逐艦ルート唯一の未成艦ですね。
    クレムソンの6門から4門へと大きく減少するものの127mm砲へ大型化し、発射レートも分間15発という凄まじい投射量へと進化を遂げています。
    峯風比2.5倍の投射量を誇り、日本駆逐との撃ち合いでは負けることは……いやこれ日本駆逐の砲撃戦能力が低すぎるだけって感じですね。

    圧倒的な砲戦能力の代償に凄まじい山なり弾道で、10kmも離れるとほぼ真上から降り注ぐ感じになるのが非常に当てずらくなっています。
    8kmで機動力が高い相手でもなんとかという感じなので練習が必要ですね。
    ここからずっとこの砲を使い続けて行くとのことなのでここでなんとか慣れたいところです。
    滅茶苦茶燃やされる印象だったのですが意外と燃えないので数で殴る感じなんでしょうか?
    対駆逐戦では投射量もあり殴り合いもしやすいですが魚雷に注意したいところです。

    魚雷はクレムソン級と変化がないのとこの辺りから肉薄も難しいので駆逐相手に使う感じになります。
    前級と同じで左右に6門づつあるのでやはり咄嗟の遭遇戦でも魚雷を投射しやすいのは嬉しいところ。

    ファラガットから本番のようなのでここで砲撃になれつつ通り過ぎようかなと考えています。
    ぽんぽこ撃てるのは楽しいので煙幕射撃などのやり方を学びつつ使っていこうと思います。
    では今日はこのへんで、ではでは。

    ↓クリックお願いします。

    人気ブログランキングへ

    • スポンサーリンク