日本駆逐艦紹介(夕雲型編)

どうも、さるまんです。
今日は開発はしたものの持て余している夕雲型について書いていこうと思います。

日本tier9駆逐艦 夕雲型駆逐艦

史実の夕雲型は陽炎型の改良型で、殆どが戦争中の竣工の為に戦訓を取り入れながら改良が続けられました。

さて、ゲームの夕雲型は史実通り陽炎型から様々な面で強化された駆逐艦となっています。
主砲は装填が7秒から5.7秒に大幅アップし、砲旋回も26秒から23秒にアップしています。
また、主砲装填速度を高める主砲改良3を考えると、砲旋回の悪化は気になるものの組み方では砲戦にも対応します。

魚雷は陽炎からあまり変化がありません。
癖のある短距離高速魚雷であるF3を装備できますが、8kmしかないのはtier9ともなると射程にとらえにくいのが難点です。
島風の12km魚雷を追加する予定があるそうなので、それが来て雷速を付けて9.6km魚雷として運用するのが本線になりそうです。

隠蔽は陽炎からわずかに悪化した5.5kmで陽炎以外を先に発見できますが、他の駆逐艦の隠蔽も目覚ましく改善しており気をつける必要があります。

纏めると大幅に砲戦面で強化されているので対駆逐艦戦で有利になったものの売りだった魚雷や隠蔽がやや陳腐化しているのが気になるところでしょうか?
夕雲もかなりバランスの取れた駆逐艦なんですが、フレッチャーがより強い魚雷とより強い砲撃力を持ってるのが悪いですよね、うん……。
続きを読む 日本駆逐艦紹介(夕雲型編)

ドイツ駆逐艦紹介(Z-23)

どうも、さるまんです。
久しぶりに艦が増えたので紹介していこうと思います。

ドイツtier8駆逐艦 Z-23

15cm砲を装備した駆逐艦で、15cm砲の開発が遅れた影響で128mm砲を装備していた経歴を持つ駆逐艦です。

ゲームではそれを反映して128mmと150mmを装備することが出来ますが、128mm砲は第一砲塔が単装砲になってしまうので4門、150mm砲は第一砲塔が連装砲になるので5門になるので投射量で変わりはありません。
因みにB船体+15cm砲じゃないと連装砲にならないのでこのtierなら当たり前のことですが装備にフリー突っ込みましょうね!

さて、軽く15cm砲を運用した感じ、高威力で短時間の交戦でダメージを出しやすいのが魅力的に感じました。
発火率も優秀なので戦艦相手にペチペチ撃つのも、駆逐だからと舐めている巡洋艦にAPを刺したりと使い道は結構あります。
問題は発射レートの遅さからくるAIM力の必要性でしょうか?

128mm砲はイマイチ火力も投射量もないので実質15cm砲一択なのではないかと思います。

魚雷は順当に強化され、威力以外は日駆並み一部越えうる性能となっています。
9.5kmで66kts、リロードも素で90秒というのはかなり投げやすく戦艦の抑止力になってくれます。
レーベレヒトマースではイマイチぴりっとしない魚雷から本体の隠蔽向上も相まってかなり強力な武装にランクアップしているのを実感できるでしょう!

隠蔽面ではベンソンや日駆勢に劣り、オグネヴォイと同等程度です。(より悪いのがキエフとかいう我が道を行く系なのは秘密)
その為若干先制されやすいのですが、隠蔽アプグレの差が無い分まだ楽になったと前向きに構えましょう。
ソナーも順当に強化されていっており駆逐戦で魚雷刺さる可能性はかなり低いですしね。

tier9のZ-46でバランス型として完成するツリーらしくtier8でバランス型駆逐として纏まり始めており攻撃面では中々優秀です。
ただやはり隠蔽を考えると味方の援護を受けやすい辺りを意識して立ち回り駆逐の排除に努めるのが大事そうな駆逐艦ですね。

続きを読む ドイツ駆逐艦紹介(Z-23)

日本駆逐艦紹介(陽炎型編)

どうも、さるまんです。
今日は開発出来た陽炎について書いていこうと思います。

日本tier8駆逐艦 陽炎型駆逐艦

陽炎型は軍縮条約後に建造された日本海軍の艦隊決戦思考に特化した駆逐艦でそれ故に砲撃戦、魚雷戦はかなりの性能なのですが反面対空と対潜性能がイマイチな駆逐艦になってしまいました。
ま、WoWsでは対空も対潜もあまり関係ないので環境から見て最強そうですが、魚雷戦よりの性能になっています。

まず陽炎の一番の強みはtier8~10にかけて最良の隠蔽性能にあります。
ほぼ同値の夕雲が5.5kmであり、先に発見されるということがありません。(それでも0.3km程度なのでケツを向けることを覚えておきたいですが……)
他には魚雷の性能が優秀でリロードが遅くなっていますが、67ktsと高速でその使い易さは魚雷をよく使っている人ならわかるでしょう。

弱いところはやはり砲戦になるのですが、これもやや改善されているのでベンソン以外ならなんとかなります。
ただ、流石にタイマンでは苦しいので味方の支援を当てにするなら、と注釈が付いてしまいますね。
また射程が短すぎるのと足が遅いのもマイナスですね。

強みがはっきりしている魚雷を使っていく日駆らしい駆逐艦ですが、砲もしっかり絡めていくことでダメージを伸ばすことが出来そうです。
魚雷の装填時間も含めて高tier日駆の入門編みたいな性能になっていますね。

続きを読む 日本駆逐艦紹介(陽炎型編)

ソ連駆逐艦を進めんとす(新Ognevoi編)

どうも、さるまんです。
今日は昨日アップデートされて性能が変わったオグネヴォイについて書いていこうと思います。

ソ連tier8駆逐艦 オグネヴォイ

tier6からtier8に格上げされたオグネヴォイは新ツリーにおいては同じくtier8となったキエフと同じでようやく回りのトロイ単装砲から解放される駆逐艦です。
砲を改良すると今までの30秒から9秒まで大幅に回りが速くなり扱いやすくなります。
その上でミンスクから隠蔽の悪化も無く7.7kmの隠蔽で隠蔽とアップグレードを装備することで6.1kmの隠蔽性を得ます。
これはベンソンや秋月より0.3km程度悪い位の差で今までのソ駆逐と比べるとかなり隠蔽の良い部類です。

その上で5連装魚雷を2基装備し、射程10km、速度56ktsの長射程魚雷を装備出来ます。
速度は遅いですが射線数も多く、発見距離が1.1kmの見えないタイプの魚雷なので非常に心強い装備です。
また、対空防御砲火を装備出来る事から空母の攻撃で容易に沈められません。
速力も37ktsとソ駆逐としては遅めですが全体を見ると平均的で悪くはありません。

格上駆逐艦を相手にするとやや撃ち負け気味になりますが、同格はキエフ以外とは対等に撃ち合えるので十分でしょう。
纏めると何でも出来る良く纏まった駆逐艦で、アウトサイダーなソ駆逐の中では癒しのような優等生に仕上がっています。

続きを読む ソ連駆逐艦を進めんとす(新Ognevoi編)

ソ連駆逐艦を進めんとす(旧Ognevoi編)

どうも、さるまんです。
書くか迷ったのですが折角乗ったんだから書いとこうということでオグネヴォイについて書いていこうと思います。
新オグネヴォイは5連装魚雷×2の上に10kmの長射程なので結構な強艦になりそうな気配ですね。

tier6だったころのオグネヴォイは

グネヴヌイから大幅に改善された砲旋回が一番の強化に感じました。
熟練砲手がないと厳しかったグネヴヌイから一転し、砲の回る速度が2倍に!
逆に他の部分はHPが増えたくらいで隠蔽も悪化しているのでちょっと苦しいですが、tier6だしこんなもんかなって感じでした。

実際に使ってみた感想は良く燃える上にそこそこダメージも通るのは米駆砲でむずむずしていた身としてはすっごい快適に感じました。
駆逐戦では近距離のファラガットに気を付けるくらいで日駆はやっぱり餌、ゲーデも単発のみという状況で楽でしたね、4km魚雷が思ったより仕事するのに驚いたり。
格上相手は隠蔽差もあり、無理せずコバンザメしたり、まったり戦艦を燃やしたりと完全に巡洋艦化する前ということもあり扱いやすかったです。

ソ連砲のHEが1600から1900になるようなので純粋に強くなりそうですね。
新武装も楽しみなので来週くるver upが楽しみですね。

では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    東雲Getしてきました!

    どうも、さるまんです。
    リアルでごたついたりボディーブロー食らったりしてますが今日も今日とて書いていきましょう。

    キャンペーン『名誉ある貢献』

    『名誉ある貢献』は初期キャンペーンの片割れでtier8以降の艦でクリアできるキャンペーンです。
    報酬は吹雪のマイナーチェンジ版の東雲とスキルLv11の艦長になっています。

    さて、紹介は適当なとこでやめて完走した感想を書いていこうと思います。
    正直ミッション1と2で手間取ったくらいでミッション3以降はさくさくとクリアできました。
    ミッション1に時間がかかったのは繰り返してピン取れることを知らなかったからなので、200発と戦艦5隻に絞ればすぐだったと思います。
    ミッション4以降は楽な上にピンが多いタスクが多かったので猶更瞬殺でした。
    ミッション5は報酬が美味く、その上に楽なタスクが多くて最後なのに一番直ぐに終わりましたね。

    変に身構えずに楽なのを繰り返すことで東雲を取る位ならすぐに出来ると思います。
    全部埋めようと思ったらミッション1辺りで躓きそうですけども。

    続きを読む 東雲Getしてきました!

    ドイツ駆逐艦紹介(Leberecht Maass級)

    どうも、さるまんです。
    開発が終わったのでレーベレヒト・マースの紹介やっていこうと思います。

    そういえば前回紹介したエルンスト・ゲーデの動画を投稿しました。

    動画内で結構ドイツ駆逐辛い、米駆逐で良くねやら言っていますが、レーベレヒト・マースで結構大きくドイツ駆逐に対する意識が変わったので次回手のひらクルーするのが確定していたりします。
    ダメだね、早合点したら、こういう時に手のひらドリルな自分だと結構恥ずかしかったりします。

    ドイツtier7駆逐艦 レーベレヒト・マース

    レーベレヒト・マースはWW1後のドイツで初めて建造された駆逐艦です。
    史実では何かと不具合が多かったりしましたが惑星WoWsではそんなことは起こらないので安心です。

    ゲームでの性能とはというとゲーデから砲が1門増加しさらにリロード速度が向上(5.1s→4s)しているのでゲーデで不満のあった砲性能が大幅に向上しています。
    更に魚雷も若干ではありますが射程がのびているので使い勝手が向上しているのがいいですね。

    隠蔽もレーベに限ってマハンよりも優れています(tier8以降は米駆逐より悪い)。
    しかし発砲補正による隠蔽の悪さが気になるのでどっこいどっこいというところでしょうか?
    地味に旋回半径が改善してるので動きが良くなってるのが嬉しいですね。
    またHPが周りよりも高いのがちょっと嬉しいです。(発砲補正悪いので不用意に撃つと削られやすいですが……)

    纏めますとtier7にしてドイツ駆逐艦本気を出す、という感じです。
    砲戦も出来るようになり魚雷もtier的に白露が居ますが高性能中々ですしね。
    良くも悪くもtier7での優等生な駆逐艦ですね。

    続きを読む ドイツ駆逐艦紹介(Leberecht Maass級)

    ドイツ駆逐艦紹介(Ernst Gaede級)

    どうも、さるまんです。
    WoWsのアップデートが来た!ドイツ駆逐艦が来た!ということで紹介していきたいと思います。

    ドイツtier6駆逐艦 エルンストゲーテ級

    エルンスト・ゲーテ級は某艦隊をコレクションするゲームでも実装されているZ1型駆逐艦の設計案の1つで150mm砲と128砲を選択できるのが特徴的な駆逐艦です。

    ざっくり解説しますと150mm砲はアップデート前の旧日駆砲のAPを強化し発火率を上げたもので、128mm砲は弾道が素直でリロードが若干遅くAPが強い米駆砲です。
    日駆よりは良いものの米駆逐相手にはどの砲を使っても厳しいかなというところですね。
    ソ駆逐とはどっこいどっこいですが、砲旋回が22.5秒と遅いので不利つくんじゃないかなぁとか思っちゃいますがどうでしょうね。

    また魚雷は雷速が65ktsと良好な上に射程も8kmと日駆似の性能に533mmということもあり発見距離も短めで優秀です。
    隠蔽の7.6kmからわずかに長い射程なので隠蔽雷撃も不可能ではないですが隠蔽艦長じゃないときわどいですね。
    速力は37ktsでソ駆のOgnevoiにはわずかに劣りますが、吹雪、ファラガットよりは優速です。

    纏めますと、砲は米駆と日駆の中間、魚雷は日駆には射程で劣るもののかなり優秀、隠蔽は米駆並で足は速い方と言ったところです。

    正直言うと帯に短し襷に流しな駆逐艦ですね。
    隠蔽艦長を投入した自分はちょっと砲戦が強い旧峯風のような戦い方をしています。
    なんだかんだ魚雷が超性能なのは事実なんですよね。

    続きを読む ドイツ駆逐艦紹介(Ernst Gaede級)

    日本駆逐艦紹介(白露型編)

    どうも、さるまんです。
    今回は砲駆逐(笑)なtier7に突如現れた魚雷キチな白露を紹介をします。

    日本tier7駆逐艦 白露型駆逐艦

    白露型は初春型の改良型で魚雷発射管を3連装から4連装に変えたのをメインにこまごまとした改良を施しています。
    有名どころだと夕立とか時雨当たりがメインでしょうか?ぽい?

    さて、ゲームでの性能はと言うと通常の消耗品枠に追加して特殊な魚雷装填ブースターを装備し、それによって5秒で魚雷のリロードが終わるという特異な能力を有しています。
    実質4基16門という島風に匹敵する射線数をtier7で装備するという砲駆逐ルートとは一体何だったのかと言わんばかりの雷撃キチっぷりを誇ります。
    反面魚雷ブースターのリロードは4分とかなり長めで乱発出来るわけではないので平均的な魚雷火力では暁の方が上だったりします。

    また砲も3基5門で暁に劣り、やっぱり撃ち合いには勝てない旧来の日本駆逐艦です。
    さらに速力においても鈍足で34ktsはかなり辛いですね。
    隠蔽は優秀な部類に入りますが速過ぎる同格駆逐が多いので逃げきれないこともままあるので旗で補いたいところです。

    まとめると砲が強化されたりしている新日駆の中で魚雷命な駆逐艦に仕上がっています。
    対駆逐戦は苦手ですが圧倒的な魚雷火力を活かして煙幕の制圧から戦艦を吹き飛ばすなどやっていきたいところですね!

    続きを読む 日本駆逐艦紹介(白露型編)

    日本駆逐艦紹介(暁型編)

    どうも、さるまんです。
    今日は初春と置き換えられた暁の紹介をしていこうと思います。

    暁型駆逐艦

    特型駆逐艦の最終モデルである暁型はその建造目的の通りにかなりの攻撃力を持っている駆逐艦です。
    それはゲーム内でも同じで砲撃もそれなりに、雷撃も非常に強力となっています。

    そんな暁は置き換え前の初春と比べて連装砲が一基追加され、魚雷も3連装魚雷が1基追加されるというみればわかる攻撃面の強化が加えられています。
    さらに速力も36.5ktsから38ktsに向上し、さらにHPも11700から13100へと増加という嬉しい強化も加えられています。
    反面やっぱり遅い砲の旋回速度がやや気になるところで、隠蔽もぐっと悪化し(それでもtier7で見れば一番良い隠蔽ですが)格下と格上に一方的にみられる可能性があるというのが悩みどころですね。
    若干舵が重いのも気になるところでしょうか?

    まとめると攻撃力が大幅にアップした反面、隠蔽が悪化したのに気を付ける必要のある駆逐艦と言った感じですね。
    魚雷楽しい、砲もそこそこで攻撃的な良い駆逐艦だと思います。

    続きを読む 日本駆逐艦紹介(暁型編)