ソ連駆逐艦を進めんとす(新Ognevoi編)

どうも、さるまんです。
今日は昨日アップデートされて性能が変わったオグネヴォイについて書いていこうと思います。

ソ連tier8駆逐艦 オグネヴォイ

tier6からtier8に格上げされたオグネヴォイは新ツリーにおいては同じくtier8となったキエフと同じでようやく回りのトロイ単装砲から解放される駆逐艦です。
砲を改良すると今までの30秒から9秒まで大幅に回りが速くなり扱いやすくなります。
その上でミンスクから隠蔽の悪化も無く7.7kmの隠蔽で隠蔽とアップグレードを装備することで6.1kmの隠蔽性を得ます。
これはベンソンや秋月より0.3km程度悪い位の差で今までのソ駆逐と比べるとかなり隠蔽の良い部類です。

その上で5連装魚雷を2基装備し、射程10km、速度56ktsの長射程魚雷を装備出来ます。
速度は遅いですが射線数も多く、発見距離が1.1kmの見えないタイプの魚雷なので非常に心強い装備です。
また、対空防御砲火を装備出来る事から空母の攻撃で容易に沈められません。
速力も37ktsとソ駆逐としては遅めですが全体を見ると平均的で悪くはありません。

格上駆逐艦を相手にするとやや撃ち負け気味になりますが、同格はキエフ以外とは対等に撃ち合えるので十分でしょう。
纏めると何でも出来る良く纏まった駆逐艦で、アウトサイダーなソ駆逐の中では癒しのような優等生に仕上がっています。

続きを読む ソ連駆逐艦を進めんとす(新Ognevoi編)

ソ連駆逐艦を進めんとす(旧Ognevoi編)

どうも、さるまんです。
書くか迷ったのですが折角乗ったんだから書いとこうということでオグネヴォイについて書いていこうと思います。
新オグネヴォイは5連装魚雷×2の上に10kmの長射程なので結構な強艦になりそうな気配ですね。

tier6だったころのオグネヴォイは

グネヴヌイから大幅に改善された砲旋回が一番の強化に感じました。
熟練砲手がないと厳しかったグネヴヌイから一転し、砲の回る速度が2倍に!
逆に他の部分はHPが増えたくらいで隠蔽も悪化しているのでちょっと苦しいですが、tier6だしこんなもんかなって感じでした。

実際に使ってみた感想は良く燃える上にそこそこダメージも通るのは米駆砲でむずむずしていた身としてはすっごい快適に感じました。
駆逐戦では近距離のファラガットに気を付けるくらいで日駆はやっぱり餌、ゲーデも単発のみという状況で楽でしたね、4km魚雷が思ったより仕事するのに驚いたり。
格上相手は隠蔽差もあり、無理せずコバンザメしたり、まったり戦艦を燃やしたりと完全に巡洋艦化する前ということもあり扱いやすかったです。

ソ連砲のHEが1600から1900になるようなので純粋に強くなりそうですね。
新武装も楽しみなので来週くるver upが楽しみですね。

では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    ソ連駆逐艦紹介(Gnevny編)

    どうも、さるまんです。
    最近駆逐ばかりに乗っているのでRU鯖で駆逐と空母の戦闘回数が同じになろうとしています。
    日駆逐では魚雷をメインに行動していたのですがアメリカ駆逐、ソ連駆逐はアグレッシブに殴りかかることが出来、凄い楽しいんですよね!
    そんなわけでtier5まで進めたので紹介してみようと思います。

    ソ連tier5駆逐艦 グネヴヌイ級駆逐艦

    ほぼ魚雷艇の日本駆逐、砲戦メインからの高バランスのアメリカ駆逐と来て巡洋艦っぽいナニカなソ連駆逐になります。
    海面発見距離は長いですが、その分弾道がアメリカ駆逐よりも大分素直で遠距離射撃での偏差がしやすく、微妙に湿気っているアメリカのHEと違い発火率も良いです。
    要するに戦艦が燃えるというわけなのですが、それはそれですね。

    グネブヌイはソ連駆逐の特徴ともいえる130mm砲を装備し、一気に火力が向上しています。
    かわりに非常に砲の旋回が遅く、扱いにくくなっていますが次のオグニェーヴォイからは速度が2倍になりますので我慢ですね。
    前述の通り砲戦能力は同格のニコラスよりも高いと扱っていても思いますのでなんとか活かしたいところです。

    反面魚雷は4kmという何に使うのかというレベルであり、島影でばったりでもしない限り使う機会はありません。
    煙幕に突っ込むにしても5kmはないと、という感じです……。

    駆逐相手でも戦艦相手でも、そして巡洋艦でも舐めて腹を見せているならぶち抜けるのでなんというか尖りに尖っている駆逐艦です。
    どれにも喧嘩を売れるだけに砲撃に夢中になるとショボ沈しかねないので適度に相手を選んで戦わないといけません。(隠蔽悪いのも響いて狙われる狙われる)
    しかし砲撃がここまで快適なのは扱っていて楽しいので是非一度乗ってみて欲しい駆逐艦ですね。

    では今日はこのへんで、ではでは。

    ↓クリックお願いします。

    人気ブログランキングへ

    • スポンサーリンク