WoWs ランク戦シーズン7クリア!

どうも、さるまんです。
ちょいとランク戦を全力で走る為にブログ更新放置してしまいました。
今日からまた日刊にしようと思っていますので、よろしくお願いします。

長く苦しい戦いだったプレミアムリーグ

今回のランク戦のテーマは手を抜いて楽にランク1に到達する、でした。
というのも前回のランク1到達での戦訓であるところの2週間終わりでプレイヤーの質が1ランク落ちて、非常に楽になったことが理由です。
リアル事情としてもそこそこ忙しく、WoWsをプレイするほどの集中力が残っていなかったのも一因ですが……。
なので初期の激戦期をスルーして比較的楽になった道中をすぱっと抜けプレミアムも短期間で踏破する目論見でした。

結果は152戦でのランク戦完走(プレミアム82戦、ファースト以下70戦)でした。
乗った艦はほぼ全体で制空龍驤でした。

目論見通りファーストリーグ以下はかなり楽に走れましたが、プレイしている最中のイライラ要素が結構あり精神衛生上はよろしくありませんでした。
非常にプレイヤーの質が悪く、またこちらも制空ごり押しされるのを避ける為に安牌として制空龍驤を乗るしかなかった為前線への圧力をかけにくかったからです。
外周戦艦とか外周駆逐艦とか独行駆逐艦とか見てるとちょいと悲しい気持ちになりました。

プレミアムリーグでは空母もそれなりの腕前になる反面層がそこそこ上手い人と、紛れ込んでしまった人でわかれるようになりファーストリーグよりもかなり苦戦することになりました。
途中一回だけあった意味不明なTK駆逐許さんからなとか思いながらも徐々に上り詰め最後の方で一気に7連勝で2-5につけ、そこから何回か負けたものの最後には到達出来ました。

全体を通して制空勝ちして駆逐にどれだけ魚雷を当ててスポット取り続けるかで勝敗が大きく左右されていたと思います。
制空勝ちしないと勝利に関与できないわけでそうなると後は空き巣的な視界取りを行うしかないので制空の腕のなさがまたしても露呈する形となりました。
またtier7ではサイパンの爆撃機で駆逐をコンスタントに削れていたのは割と大きかったんだなとも実感することに。
雷撃機1中隊でどれだけ駆逐を殴れるかで割と変わってきますね。

まとめますと、良好なバランスを期待したtier6ランク戦でしたが、やるならやはりある程度性能が整ってきたtier8が適正かなぁという感じです。
tier6は色々と足りなさ過ぎて味方に頼る面が多かったのが辛かったです。
後はランク戦本来の楽しさである上手いプレイヤーとの切磋琢磨要素を捨ててしまったのも失敗だったかな。

では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    WoWs tier6ランク戦作戦会議

    どうも、さるまんです。
    今日は現在開催中のtier6ランク戦をどう戦っていこうかと考えた記事になります。

    と言っても一択じゃね?

    現在、色々と忙しくランク10まで登りファースト入りしたところで止まっています。
    セカンドリーグは龍驤の1-2-2で楽しく遊んでいるだけで上がれたのですが、流石にファーストともなると考える必要があります。
    もっとも今までの通例から考えればしばらくすればある程度のプレイヤーは上がってしまうと思いますし、そうなると1-2-2で遊ぶ余地はあるだろうというのはありますが今から書く相性面が致命的です。

    今回の空母は1-2-2の雷爆龍驤と3-1-1の制空龍驤がメインというか相変わらずの日空独壇場です。
    今までのランク戦との差異は攻撃力のある編成が制空編成と比べて2中隊戦闘機が少ないという部分で、物量差>技量差になることが容易に想像できます。
    というか同等の腕前で雷爆編成側が上手い事やり過ごして仕事するビジョンが全く見えてこないので、グーとパーしかないジャンケンと言っても良いでしょう。
    と、なると制空龍驤一択とならざるえないわけです。

    ……控えめに言って空母の選択肢なくてクソゲーだな、これ。

    駆逐や戦艦が別に上手いわけではないので、これしかないというのが空母乗りの宿命ですね。

    では今日はこのへんで、ではでは。

    ↓クリックお願いします。

    人気ブログランキングへ

    • スポンサーリンク

      次期tier6ランク戦で何が多くなるか考えてみる

      どうも、さるまんです。
      今日は昨日のTAP記事を踏まえてtier6ランク戦、何が来るか考えてみようと思います。

      さらっと考えてみると幅広いぞ?

      まず空母から考えていきましょう。
      空母はまず龍驤一択になるだろうと思います。
      ただ航空管制は酷いジャンケンで、雷爆編成と制空編成なら制空編成が圧倒的に有利だろうことは明白です。
      制空編成が居ない環境なら雷爆編成で焼き殺すことも叶うでしょうが戦闘機2中隊差はやばいです、通りません。
      雰囲気を読みながら編成をチョイスし、場合によってはインディを引っ張り出すことも考えようかなというところですね。

      戦艦はイマイチどれが強いのか把握しきれていませんが、扶桑、アリゾナ、バイエルンと三隻とも甲乙つけがたい良艦揃いです。
      空母戦を考慮するとバイエルンですが、打撃力のある他の二隻も普通に見そうです。

      巡洋艦は知らん!と言いたいですが、パースとリアンダーが多くなるのでしょうか?
      煙幕がtier6でも猛威を振るうと思いたくありませんが、あり得る気もしてきます。

      駆逐艦はファラガットが大安定とも思うのですが、東雲と吹雪が案外頑張るのでは?とも思っています。
      ランク戦で駆逐艦はあまり乗れませんでしたが、やはり魚雷の抑止は大事だと思うからです。
      東雲は瞬間火力ではトップですし、吹雪は10kmの三連装三基は驚異的です。
      隠蔽で言えば初春が単独首位ですがイマイチなような面白いような、白露のようにはいかなさそうですが!

      意外と課金艦が猛威を振るうわけではなく、通常艦も強いので幅があり面白いかもしれませんね。

      なんだか雑な記事になりましたが、すまない疲れてるんだすまない……。

      では今日はこのへんで、ではでは。

      ↓クリックお願いします。

      人気ブログランキングへ

      • スポンサーリンク

        RU第6シーズンスーパーリーグを体験してきた

        どうも、さるまんです。
        今日はスーパーリーグを数戦体験してきた感想を書こうと思います。

        tier5でガチマッチってあるのかどうか

        さるまんが上がる前にスーパーリーグのミッションが変更されました。
        その内容は戦闘に出さえすれば貰えていたコンテナが両軍の2位までしかもらえなくなるというものです。
        うますぎやろ!とか思っていたのですが、案の定その甘い汁を最大効率で啜るために出撃即母港に戻るという行為が横行したとのことで修正されたようです。
        まぁ、そうなるなっていう内容というか即戻りはしなくても半分自殺くらいは横行して当然と自分ですら予測出来ていたので大丈夫かWG!なんて思っちゃいましたね。

        さてそれは置いておいてやるからにはコンテナ(゚д゚)ウマーしなければやる意味もありません。
        正直めんどいし時間も制限されているからやらなくていいかなとも思いましたが、旗もちょっと心もとないし貰いにいきたいところですしね。

        さて、tier5の強艦と言えばなんでしょうか?
        神風にグレミャーは当然のこと、ボーグも普通に強艦ですし、ケーニヒもいいですよね。
        さて、どれを選択するかと考えた結果編み出されたのはニコラスです!
        なんで?とか思う方も居るかもしれませんが、プレミアリーグで一番重要なのは経験値稼いで1位2位に入ることで勝つことじゃありません。(怒られそうだな)
        強敵相手に勝たねばならない胃がキリキリしそうな試合なんてものはプレミアで十分です、っていうかちょっと触った限り高Lv艦長じゃない人多そうだったしクリームくんも普通にいたしね。

        そんなわけで占領して経験値うまーできて駆逐をしばき倒せるニコラスくんに白羽の矢が立ったのでした。
        グレミャー強いよね、神風も魚雷が強い、だけど砲戦でニコラスくんには勝てません。
        その上煙幕射撃できる時間も長いのでこれ以上楽にコンテナ稼げるtier5艦もないでしょう!

        そんなわけでなんだかおふざけ感のある緩さを感じたスーパーリーグではニコラスで暴れまわろうかなと思います。
        ランク戦終わりの紳士の社交場にするならtier10がやっぱり妥当だったんだなぁなんて思いつつWGの真意とか今後見れたらいいですね。

        では今日はこのへんで、ではでは。

        ↓クリックお願いします。

        人気ブログランキングへ

        • スポンサーリンク

          WoWs RUランク戦日記-栄光のランク1達成

          どうも、さるまんです。
          ようやく、ようやくランク戦を終えることが出来たので総括を書いていこうと思います。

          結局は空母で

          まずはどういった流れか振り返ります。
          空母のみの100戦63%でプレミア入りし、そこから悪戦苦闘して空母を諦めて一時期ランク2-2まで迫るもR6まで落とされプレミアと1stを往復する生活をしていました。
          その後謎の啓示を受けて空母だけでプレミアの24星を取得し、ランク1となりました。

          1stのころはまだ戦えていた空母ですが、プレミア初期は明らかに格上の空母乗りが相手で一部拮抗していたのですが基本負けが込み、他の艦種でどうにかと思ってしまったんですね。
          結果は↓の画像の通り散々なものでしたが。

          素人がプレミアに来て、慣れてないベルに乗って活躍できるわけもなかった!
          そして空母で駆け上がれたのは上位層がすでに上がりきった2週間が経過したからでした。

          あがれたのは喜ばしいのですが、不満の残るランク戦になりました。
          また時間経過の影響を強く受けたのである意味で興味深く感じましたね、時間が過ぎるほど下からはあまりうまくないプレイヤーが上がり、上手いプレイヤーは上に抜けていくというのが露骨に表れていました。

          続きを読む WoWs RUランク戦日記-栄光のランク1達成

          ランク戦日記-沼にハマったときのランダム戦

          どうも、さるまんです。
          ちょっとネタもないのでガチで日記のようなものを書いていこうと思います。

          プレミア沼

          すでにプレミア入りしてから300戦が過ぎようとしていますが、2-2からぶっ飛ばされて5-3まで帰ってきました。
          これがアジアならもうクリアしてるぞおいい!なんて思ってしまうわけですが、連敗をする流れでプレイを辞めずにいたのは自分なので猛省しています。

          さて、ここで艦長スキルの見直しなんかをし始めて、エリート艦長経験値を振りなおしの為にランダム戦でマイノーターに乗ることにしました。
          2戦で2万たまったのでそこで終わったのですが、1戦目クラーケン、2戦目16万ダメージとランク戦の苦戦が嘘のように稼げまくりました。
          もう、なんていうかちんたら撃つベルなんかと比べ物にならない連射速度はやはり楽しいですし、WoWsはこんなに簡単なゲームだったっかなんて思うほどでした。
          そして何よりもマップがランク戦よりも圧倒的に開けていて煙幕も少なくて、艦数も多いのになぜだか感動してしまいました。

          要するに何が言いたいかと言うと煮詰まったらランダム戦で息抜きすべしってことです。
          同じ艦に乗り続けると動きも大体同じになるのでつまらないですし、脳味噌が固まって動きも悪くなります。
          そんでもって5割よりも勝てる戦場に行くと自信が回復しますしね。

          平常心を得るためにある程度息抜きが必要だなとか思ったランク戦中のランダム戦でした。

          では今日はこのへんで、ではでは。

          ↓クリックお願いします。

          人気ブログランキングへ

          • スポンサーリンク

            WoWs RUランク戦日記-プレミア地獄編

            どうも、さるまんです。
            この頃ランク戦についてしか書いてない気もしますが他にネタもないのでシカタナイデスネ。

            登っては降り、登っては降りるランク戦

            プレミアリーグに定着出来たはいいもののR4-0から全然進めないさるまんです。
            あまりにもマッチングしないので駆逐や果てはベルなどを一通り持ち出して遊んでみました。
            シムスで謎の4連勝したり、その後普通に連敗したり勝ったり負けたりを繰り返して再び元の位置に帰ってきたりしたので50%くらいしか出せないようです。

            そんな中でも気付きがありました。
            個人的にシムスは魚雷がなぁとか思ってたのですが、こいつ凄い動くぞ!とランク戦でひーひー言いながら逃げ回っていて感じました。
            シムスの長所は機動力にありと知ってはいたのですがあまり実感出来ずにいたので今更ながらそれを体感して感動しましたね。
            でもそんなレベルのプレイヤーがプレミアで駆逐に乗るのがそもそも間違いだなとか気付いたので自重しようかとか思っちゃうわけなのですが!

            さて、空母戦は五分五分の戦いが出来る人と遭遇せず、技量負けを戦っていて感じるレベルの人と遭遇することが増えています。
            何故バランス相手にこうも押し負けるのかと自分の技量にいら立ちを覚えるレベルなので航空機の動かし方など考えなおしていかないなと猛省しています。
            制空戦の練習がロシアで出来るのはこういう機会しかない!と前向きに頑張らないとですね。

            前向きに、試合数をこなせばきっといつかは頂きに届くはずだと信じてお船に乗っていかないといけませんね。
            とりあえずひと段落するまで安易にランク戦の記事を封印しようと思いつつ今日はこのへんで、ではでは。

            ↓クリックお願いします。

            人気ブログランキングへ

            • スポンサーリンク

              WoWs RUランク戦日記-2~4日編

              どうも、さるまんです。
              今日もランク戦について書いていこうと思います。

              血を吐きながら続けるマラソン

              何のために頂を目指すのかわからなくなりつつあるこの頃ですが、登り切らない限り終わらないので一刻も早く終わるように願いつつ思考の整理も兼ねて書いていこうと思います。

              【初日記事の後から2日目にかけて】
              実は前回の記事を書いた後不敗の秘策を完成させていました。
              それは制空サイパンで敵空母を完封し、爆撃を通して若干の有利環境を作りだし勝利するというものでした。
              サイパンの爆撃機は高威力高命中を誇るため、下手に飛龍の雷撃機を持ち出すよりも効率的だったことや技量で上回るユニカム空母乗りに対抗して制空戦闘で有利を取れるのが大きかったのです。
              そして制空戦闘で勝利しているのに負けるような試合ではセーフスターを取りやすいというのも大きかったです。

              その一因は最前線を走る敵味方ともにチームの席を埋めているユニカム達のお陰でした。
              ユニカムだけの戦場というものは不思議なものでフォーカスを阿吽の呼吸で行い、せめぎ合いをして試合を構築していきます。
              ユニカムしかいないわけですからチーム間の差は生まれにくく戦闘は拮抗します。
              そこに先述したわずかな有利を作り出すことで敵を徐々に徐々に崩してくれました。
              これぞ制空編成の理想形、誰が勝ちに導くのかが制空編成の問題点でありましたが味方が勝ってくれる、その背中を押し、上を守り抜く戦いでした。

              勝っても負けても満足感があり非常に幸福な時間でしたが、一昨日、昨日と記事に書いた通りに外出する必要があり試合数をそこまで伸ばせませんでした。

              続きを読む WoWs RUランク戦日記-2~4日編

              WoWs RUランク戦日記-初日

              どうも、さるまんです。
              今日は開幕したランク戦について書いていこうと思います。

              ランク戦 第6シーズン

              初めてランク戦開始に合わせてスタンバっていたのですが、いきなり勝率的に同格の空母と殴り合うことになりました。
              3戦までしかstatsを見なかったのですが、その後も鞘当て時点で手強さを感じるほどでやはりプレミアまで行っている空母乗りはRUでも脅威ですね。

              さて、そんなわけでぶっ通しで20戦やってきました。

              勝ち越し+2セーブスターでなんとかストッパーのあるランク12に到達。
              苦しさを感じることなくすんなりプレミアまで登り続けれた前期と違って疲労感がやばいです。
              当たり前ですが、開始直後は星を最初から貰っているそれなりにプレイしているプレイヤーとランク10~15でぶつかることになるので苦しいんですね。
              苦しい中で勝ちに導く練習をさせてもらってると思うことにします。

              続きを読む WoWs RUランク戦日記-初日

              WoWsランク戦シーズン5総括

              どうも、さるまんです。
              本日RU鯖でランク戦が終了しました。
              なので全体を通した感想なんかを書いてみようと思います。

              実質的に初参加のランク戦

              今までのランク戦参加はtier6まで、実質的に15まで上がって終わりだったのですが今回のランク戦ではプレミアリーグまで参戦することが出来ました。
              最終戦績はランク6に降格した段階での終了だったので非常に悔しい結果となってしまいました。
              最高戦績は5-5で一歩4に及ばなかったのが無念でなりません。

              思いつきでエディンバラの育成ついでに参戦したので非常に準備不足感の否めない参戦状況でしたがすんなりとエディンバラのみでランク5に到達しました。
              その後、プレミアリーグでの今までと違う戦場に苦心し、作ることの出来たレキシントン、終盤でのベンソンの投入に繋がっていくのですが結局のところ突破のカギにはなりえませんでした。
              今考えて見れば翔鶴をどうにか作成し、投入した方がまだまだランク1に到達する可能性が高かったと思うので判断ミスですね。

              さて、三隻に対する感想も書いていきます。

              続きを読む WoWsランク戦シーズン5総括