アメリカ戦艦紹介(Arizona編)

どうも、さるまんです。
今日は久しぶりに艦船の紹介を書いていこうと思います。

ペンシルバニア級戦艦2番艦 アリゾナ

アリゾナは真珠湾攻撃において弾薬庫が爆発し、完全損失となった戦艦です。
その為、姉妹艦のペンシルバニアは他のアメリカ戦艦同様に対空砲ガン積みされているのですがアリゾナはその改修を受ける以前の姿となっています。
ペンシルバニアは5インチ砲を積んだりもしているのでもし実装されたらテキサス系列の対空特化戦艦になりそうですね。

さて、ゲーム内のアリゾナはと言うと、一つ上のtierの戦艦と同等の精度による打撃力とやや高いHPを持った使い易い戦艦となっています。
精度はやたらと真ん中に飛んでいく、と使っていれば思うほどで同格のやたら散らばる砲と比べると雲泥の差です。
綺麗に纏まって飛んで行ったAP弾が敵の戦艦に突き刺さる様は感動すら覚えます。

しかしながら魚雷耐性が同格のNMと比べて5%ほど低いことと、対空砲が遠距離対空砲の威力こそ同じものの近距離の対空砲は1/2の威力であり非常に頼りない数値になっています。
転舵速度もやや遅く、旋回半径こそ同じなものの空母全盛期真っ只中のtierであることを考えると不安になってしまいますね。

まとめ

総評としては課金艦らしい尖った部分と弱い部分を併せ持ちつつも、火力のある楽しい戦艦です。
ああ、書き忘れましたが米戦艦らしく20ktsしかでません、鈍足です。

砲精度だけでも買ってよかったと思わせるだけの魅力的がありますが、ツリー艦の上位互換的なアラバマすらあることを考えるとやや劣る選択肢となるでしょうか?
お手頃価格なのが嬉しいところではありますけどね。

では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    アメリカ戦艦紹介(Texas編)

    どうも、さるまんです。
    RU鯖でインディペンデンスに到達したので招待ボーナスのテキサスを貰えました。
    なので軽く乗った感想を書いていこうと思います。

    ニューヨーク級戦艦2番艦 テキサス

    テキサスは同tier5戦艦ニューヨークの2番艦であり、1944年仕様となっています。
    1944年と言えば終戦直前で空母対策に山ほど対空砲を搭載した時期であり、tier的に見てずば抜けた対空能力を持っています。
    どれくらいの対空火力かと言うとニューヨークと単純比較で3倍になっています。

    しかしながら対空砲の射程が3.5kmしかなく、上級射撃や対空砲アップグレードを積みたいところですね。
    さるまんはとりあえず対空砲アップグレードを搭載して射程を4.2kmに上昇させました。
    射程を伸ばした方が良いとのことですが、15kmもあれば十分戦えると思いますので対空を更に伸ばすのも普通に有りなんじゃないかなとか考えています。

    対空の高さは有名ですのであまり狙われないのは残念ではありますが、うっかり近づいてしまった敵戦闘機を2機あっさりともぎ取ったりと凄まじさを感じさせてくれます。
    最前線に立って殴り合いをしている最中に瑞鳳に狙われた時なんかは9機撃墜して雷撃は1本とかいうニヤニヤしてくる状態になりました。
    空母にお悩みの方はテキサスを使ってみてはいかがでしょうか!

    砲戦能力はニューヨークと変わらず5基10門と中々パワフルです。
    対抗馬は金剛とケーニヒになりますが、金剛はBCでケーニヒは口径が小さいので強い方?
    ニューヨークには乗ったことがないのでイマイチ力関係は理解できていません。
    足はアメリカ戦艦の常で超鈍足なのがたまに傷ですね。

    まとめ

    対空砲をのぞいてもあまりニューヨークと変化がないのでちゃんと戦える戦艦と言えるのではないでしょうか?
    正直WoTでチャーチル3が貰える程度のノリでいたのでここまで対空が高くて強いのは予想外でした。
    招待で貰える戦艦ではありますが、買える機会に買ってみてもいいかもしれませんね。

    では今日はこのへんで、ではでは。

    ↓クリックお願いします。

    人気ブログランキングへ

    スポンサーリンク