日本空母紹介(加賀編)

どうも、さるまんです。
ようやく加賀が手に入ったので簡単に紹介していこうと思います。

日本tier7空母 加賀

言わずと知れたミッドウェー海戦までの一航戦の赤城の相方、加賀です。
加賀は元々長門型をベースに発展させた戦艦として計画されたのですが、赤城と共に建造中止、空母へと改装されました。
また、幅が広いことから安心感のある飛行甲板だったとの証言も残っていますね。(そのせいで翔鶴型がdisられることに……)

さて、ゲーム内の加賀はと言うと、旧式機で多数の攻撃機構成と言うある意味新しい路線を開拓した空母です。
中隊毎の編成機数は4-6-6となっており、その上で龍驤の艦載機を搭載しています。
雷撃機は今までのと一味違う投下の仕方で、その上で48ktsとなっています。

そして航空管制は2-2-1です。(1-1-3は使い道がないのでぽいーでOK)
雷撃機を12機同時投入出来る上に爆撃機もしっかりと運用できる構成で、戦闘機も周囲と比べると型落ちですが雷撃の時間稼ぎくらいは可能になっています。
ざっくり言い表すと雷撃機が増えて戦闘機も手にした雷爆編成というような塩梅で、火力お化けです。

反面tier9戦場になると飛龍と同様にボロボロ落とされるので極力遠投を意識して投げる必要が出てきます。
それでもアイオワ相手に片道ながら6機投下まで完遂出来るのは2中隊まとめることの効果の高さを表していますね。
(片道になってしまうのは九七艦攻ゆえ仕方なし)

駆逐相手でもその射線数、雷速でかなりよけにくいように流すことが出来るので攻撃面で非常に優秀な空母です。
代わりに戦闘機が足止め程度なことや、相変わらず脆い雷撃機から考えるとピーキーではあるもののある程度tier7相応な空母と言えます。
高tier艦載機を持っていてどんな場面でも一定は仕事出来るサイパンとはまた好対称な仕上がりですね。
続きを読む 日本空母紹介(加賀編)

日本空母紹介(白龍編)

どうも、さるまんです。
今日は久しぶりに艦の紹介をしていこうと思います。

日本tier10空母 白龍

日本空母ツリーの頂点に立つ白龍は、架空の空母で改大鳳っぽい別のなんか違うなにかになっています。
素直に信濃を据えればとも思うのですが、あれはあれで搭載機数が少なかったりしますしね。

さて、まずは管制から見ていきましょう。

大鳳で超強かった 2-3-2
爆撃機が追加された 2-3-3
制空の鬼と化した 4-2-2

以上の3編成が存在しています。
この中で選択肢に上がるのは2-3-2以外の2編成でしょう。
ちょっと前までは2-3-2で良いじゃないかとも思っていたのですが、2-3-3は爆撃機を1中隊偵察機として運用できる上で大鳳と同じ航空管制になるわけで非常に強力ですね。
割と大鳳は全中隊フル稼働で動き続けることになっていたので、戦闘機が遊べる間くらいしか偵察できない(もちろん、爆撃機を投下後に残すことは出来ますが)というのがやや不満点でした。
爆撃機は2中隊じゃないと2火災も起こしにくいので同時運用したいですし、それを維持しつつ最初から攻撃に使わない偵察機枠として運用することが可能になったのは嬉しい点です。

そして制空編成ですが……これは正直ランダム戦では使う価値はないでしょう。
理由としては非常に同時に操作する中隊数が多い事、激化する対空放火の中で2中隊は脆いということがあげられます。
勿論戦闘機が大体中隊数で相手よりも2倍になることも多いというのは大きな利点ではあるのですが、それでも食い破られかねない速度をtier10艦載機は持っています。
そして火力面でもそこそこではあるのですが、やや物足りなさを感じるレベルです。
完璧に管制出来るならこれ以上はないのかもしれませんが、そもそも論として制空編成は微妙です。

白龍は火力こそほとんど伸びてはいませんが、大幅に対応力が伸びた最良の空母です。
続きを読む 日本空母紹介(白龍編)

WoWs 加賀実装決定!

どうも、さるまんです。
今日は久しぶりにWoWsの記事を書こうと思います。

注意!
SEA-Groupで詳細な管制などの情報が出たようです。
この記事はこの情報を見る前に書いたものなので個人の予想記事になります。

tier7に加賀が実装!

いやー感慨深いですね。
なんで赤城加賀蒼龍が居ないんだ!と叫び続けてはや半年くらい、ようやく加賀がきます!
以前垂れ流した妄想ではtier9で予想していましたがtier7でしたね。
それでも嬉しくて舐めまわすように見てしまっていますが、ここでちょっと気になるのは加賀 1935という文字です。
加賀1928も来るんじゃね!ってことでなんか日空プレ艦が加賀だった!という話題で持ち切りですが通常ツリー艦なんじゃね?という説も持っておきたいと思います。
赤城がレキシントンのカウンターでtier8とするとtier9が信濃でtier10空席辺りがあり得そうな線でしょうか?
赤城と加賀をプレ艦にするとはイマイチ考えられないんですよね、売られたら買いますけど、買いますけど!
さて、3ヶ月以内には情報は出るだろうとドンと構えるとして性能の方を見ていきましょう。

まず艦載機は戦闘機8 雷撃機10 爆撃機10で恐らく2-2-2でしょう。
艦載機は零戦二一型、九七艦攻、九九艦爆一一型だと思われます。
その仮説で行くならば戦闘機が他のtier7空母より一段階落ちる代わりに火力で圧倒する空母ですね。
一番恐ろしいポイントは5機編成の雷撃機中隊で、これは雷撃の形にも左右されますが間違いなくやばいです。
90機という格納庫のデカさもさることながら、色々とぶっ飛んだ空母としてデビューしてくれそうですね。

20cm砲の副砲とかも気になるところではありますが、正直活かせないだろうとも思うのでとりあえずは置いておきましょう。

次なる情報が楽しみで仕方ないです。
では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    白龍 ファーストインプレッション

    どうも、さるまんです。
    ちょっとネタが無いので白龍を数戦触った感想を書いていこうと思います。

    圧倒的じゃじゃ馬

    大分前に白龍を製作、運用していたのですが紹介していなかったのはずばり、持て余してたからです。
    飛龍で一回じゃじゃ馬過ぎてしんどい思いをしたのですが、それ以降はある程度動かせていたので中々衝撃的な体験でした。

    その運用出来なさの原因を考えていたのですが、それは2-3-3編成で追加される爆撃機が原因でした。
    ワンテンポ着艦や発艦が遅れるのでそれをなんだかんだ長く乗っていた大鳳でのテンポが崩れすさまじく扱っていてもどかしさを感じていたようです。
    勿論爆撃機が1機増えたことで浸水火災コンボの多様性も増えてはいるのでダメージは伸びているものの雷撃機の回転率低下で上手い事瞬間火力が出せていなかったですしね。

    と言う事で方々から怒られそうですが、2-3-2をメインに据えつつ2-3-3もちょいちょい練習していこうかなと思います。
    2-3-2のメリットは戦闘機と雷撃機の艦載機数が多い事で着艦発艦のテンポが速い事です。
    上手い事扱えないくらいなら大鳳の強化系として運用した方がマシと判断したからですね。

    色々調べても白龍はアジアではほとんどtier10空母が回っていないこともあってか情報不足なのでどちらが自分にとっていいのか考えながら乗っていこうと思います。

    では今日はこのへんで、ではでは。

    ↓クリックお願いします。

    人気ブログランキングへ

    • スポンサーリンク

      大鳳の研究を終えての感想

      どうも、さるまんです。
      今日は大鳳の感想を書いていこうと思います。
      RUでの感想ですのでASIAとの差があるのは頭においておいてくださいね。

      白龍高過ぎるんですけど!

      翔鶴は若干苦しかった育成でしたが大鳳は楽しんで終わらせることができました。基本的な装備はフリー突っ込んでるので白龍の研究だけですね。

      さて、ここまで乗って思ったのは操作性は翔鶴と大差ないレベルでした。
      そもそも固めて運用しないと溶けるtierですので(動画で単機運用してとかしてましたね)どうせ雷撃機集団、爆撃機集団とならざるをえないです。
      ともなると集合の時間がかかるだけで相変わらず4集団を運用するだけですのでそこまで中隊の増加による負荷を感じずにすみました。
      ばらして運用するのも格下が瀕死で二匹いる時くらいにとどまってるので、運用を開拓したいものの中々難しいですね。

      攻撃性能は凶悪で1Wで戦艦は瀕死、駆逐は死亡と快適ですがやっぱり対空高い巡洋艦には触れられません。
      如何に敵の重要ポイントを吹き飛ばすかが大事ですね。

      個人技でいくらでも勝てそうな空母ですので白龍用の資金と迷彩のダブロンが確保できるまで乗っていこうと思います。

      続きを読む 大鳳の研究を終えての感想

      大鳳まで来て思う日本空母ツリーの完成度

      どうも、さるまんです。
      今日は日本空母ツリーについて書いていこうと思います。

      再び各艦に対して解説してみる


      【鳳翔】
      日本空母ツリーは雷撃機を2中隊装備できるのが大きな特徴です。
      それを最初から装備出来る鳳翔は雷撃機2中隊での扱い方に慣れる空母と言えるでしょう。
      最初に乗る時にはラングレーの戦闘機に苦労させられますが、ここで対駆逐の十字雷撃や雷撃の仕方を学ぶことが出来ます。

      日本空母ツリーの始祖にして最も大事なことを学ぶことも可能と言う非常に優秀な空母です。

      続きを読む 大鳳まで来て思う日本空母ツリーの完成度

      日本空母紹介(大鳳編)

      どうも、さるまんです。
      チャットで名前を書くと伏字になる卑猥な同格空母からしばらくして日本の実在最強出落ち空母を完成させることが出来たので紹介していこうと思います。

      日本tier9空母 大鳳

      日本初の装甲空母として完成した大鳳は翔鶴型をベースにやたらと重量の嵩む装甲をどうにか問題なく備える為にエンクローズドバウ(艦首と飛行甲板の一体化)などを採用し苦心の末に完成した空母です。
      まぁ、まさか魚雷一本で吹き飛ぶ出落ちになるとは誰も予想もしなかったろう不運の空母でもありますね。
      イギリス海軍が作り上げた装甲空母のイラストリアス級は軽空母並みの搭載数の代わりに500キロ爆弾を弾いたと言いますし、大鳳も魚雷じゃなければなぁ……と思ってしまいますね。
      爆撃でも普通にぶち抜かれそうな気がするのは気のせいで合ってほしいものです。

      さてゲーム内の大鳳はと言うとボトムの可能性がなくなり、対空砲火は更に厳しくなっているものの順当な攻撃力の向上を果たした超強力空母です。
      航空管制はバランス編成、制空編成共に雷撃機の追加を受けており、超火力のバランス編成と火力を両立した制空編成へと進化しています。

      さらに装甲化された甲板のお陰で爆撃のダメージや不意の砲撃から耐えれる可能性も向上しており、隠蔽の悪化こそありますが防御力が向上しています。

      弱点は無いと言っても過言ではありませんが、強いて上げるならば戦闘機の弾薬が少なくなっておりやや扱いにくくなっています。
      搭載機数も83機ですが、不意の対空特化艦との遭遇には気をつけなくてはなりません。
      同時攻撃する機数が機数ですので戦艦相手はまったく問題ないのですが巡洋艦だけは気をつけたいところですね。

      纏めますと文句を言うのも躊躇われるレベルの空母です。
      マッチング以外文句の無かった翔鶴からさらに強化されていますしね。

      続きを読む 日本空母紹介(大鳳編)

      翔鶴の感想

      どうも、さるまんです。
      以前の記事で書かなかった翔鶴の使用感を書いていこうと思います。

      翔鶴の使用感

      まず思ったのはtierが上がったことで感じる壁のようなものをあまり感じなかったことです。

      飛龍で最も感じた壁を感じなかったのは航空管制がそのままなお陰だと思いますがそれ以上に艦載機が快適な性能になるのも大きいですね。
      相対的な対空能力の向上こそあるものの同格以下が相手ならばどかーんと殴りつけることができます。
      飛龍の雷撃機が脆すぎたんだなぁというのをやっぱり感じますね。

      そして対空キチが群れをなすtier10戦場ですが、よっぽどでなければ戦えるという印象になりました。
      要するにいつも通り駆逐や孤立艦を徹底的に摘んでいけば言い訳で、なんら今までと変わることはありません。
      ただまぁギアリングとかにもなると流石に2万越えのHPを持っている上に対空砲火持ちと言うのが中々頭が痛いですが格上ボーナスも入るので上手い事削って味方に殺させたいところですね。
      確殺するには雷撃機が増える大鳳でないと厳しいですね。

      基本に立ち返りつつも強引に殴れもするのが楽しい空母です。

      大鳳まで行けばあんまり対空砲気にしなくても良いのかな?なんて翔鶴を作る前のようなことを考えながら翔鶴を楽しんでいこうと思います。
      最初こそ勝率50%ちょいに落ち込みかけましたが60%まで持ち直したので楽しむ余裕もできようもんですネ。

      では今日はこのへんで、ではでは。

      ↓クリックお願いします。

      人気ブログランキングへ

      • スポンサーリンク

        日本空母紹介(翔鶴編)

        どうも、さるまんです。
        今日はようやく手に入れたtier8日本空母翔鶴の紹介になります。

        日本tier8空母 翔鶴

        翔鶴型は飛龍を参考に拡大発展して完成した空母で、一種の完成系に至った空母です。
        一番艦の翔鶴はやたらめったらと大破した戦績を持っていて不幸やら言われていますが、正直あんだけ大破しまくって大丈夫だったのはある種運が良いよななんて思ったりしますね。
        エンタープライズと散々やり合った挙句に、唯一エンタープライズが撃沈に関わってないのも中々因縁を感じるのも高ポイントだったりします。(なんのポイントでしょうね……)

        さて、史実の話はこのへんで置いておいてWoWsの話をしましょう。
        WoWsの翔鶴はと言うと艦載機の搭載数や航空管制に変化はないものの飛龍での唯一の弱点だった雷撃機が更新され、また艦載機全体の速度向上を果たした飛龍の正当強化型になります。
        他の変化と言えば対空砲の向上ですが、3.1kmから本気出す25mmではあまり頼りになりません。
        対空砲強化ガン積みは有効ではあるのでしょうが、普通に戦闘機で制空戦の出来る翔鶴ではイマイチな気がします。

        そして翔鶴自身の変化とは別の所で周りの対空が向上するのでこれも気にしないといけませんね。
        tier10にほり込まれるということはつまりデモインやらマイノーターやらの鬼対空を相手することになるのでより一層気をつけた目標選択が必要になってきます。
        図らずも飛龍での雷撃機で四苦八苦したのと同じような状況になるのでもう慣れたものでしょうね。

        使い込めば楽しいのは間違いない空母だと思います。

        使用感の方はもうちょい乗り込んでからにする予定です。
        では今日はこのへんで、ではでは。

        ↓クリックお願いします。

        人気ブログランキングへ

        • スポンサーリンク

          飛龍の再評価と次回ランク戦へ向けて

          どうも、さるまんです。
          今日は最近ようやくものになりつつある飛龍の操作練度向上からくる個人的な飛龍の再評価を書いていこうと思います。

          だれだこんなチート空母を作ったのは!?

          今更ながら飛龍を乗り回して思ったのは雷撃機2中隊あるのは圧倒的なアドバンテージを持っているということです。
          当たり前ですが、当たり前じゃない状況に自分から足を突っ込んでいたので(レンジャーにずーっと乗ったりとか)再び乗りなおして日本空母をある程度乗れるようになってようやく再認識出来ました。
          対駆逐艦性能が段違いで十字雷撃マジキチだなぁというのがその最たる点です。

          十字雷撃ですが、随分前の動画のコメントにあった片方はオートでええんやでというコメントを読み返して実践したところ上手くいきました。
          要するに片方を後ろからオートで投げさせて自分は偏差をきっちりして投げるだけです、簡単だ……。
          もっとも、180度近く回避行動されるとオート側が上手く機能しなくなってしまうのでそんな相手には完全手動でぶち当てて差し上げないといけなくなりますが。

          雷撃機は相変わらずゴミとしか思えない脆さではありますが、2中隊しっかりまとめての攻撃で6機通すくらいは出来るので相手を選べばなんとかなりますね。
          tier9はもう駆逐をひたすらに虐めつつ同格の哀れな戦艦を摘み取ったりするのが仕事になりますが、意外とこれで稼げたりもするのでやっぱり便利ですね。

          続きを読む 飛龍の再評価と次回ランク戦へ向けて