ダンガンロンパ3を見終わって

どうも、さるまんです。
そろそろ今期のアニメも始まっていっていますが、なんだかんだ唯一最後まで見てたダンガンロンパ3の感想を書いていこうと思います。

一応ネタバレ注意です。
あまり良い風に書いてはいないので好きな人は閲覧するのはオススメできません。

どうだったか?

ボクサーホモ逆蔵十三と無能方さんが大活躍でしたね……。
ダンガンロンパ3で一番インパクト大きかったのは逆蔵が江ノ島さんにホモをばらされてみんなで笑われるというところでした。
流石に気の毒になるほどにえぐい描写でありましたが、ネタになるぐらい要らん事しいなダンロン3コンビは最後までなんやこいつらって感じでした。
ダンガンロンパの議論要素をぶち壊していく二人はダンガンロンパ3の看板という感じでしょうか……。
腕切り落としてバングル解決していく辺り本当に破壊者でした。

次に気になったのは未来編、絶望編通して洗脳ごり押しだった点です。
未来編では犯人不在で自殺というなんというか溜息しか出ない結末で、なんかこうええっとどう反応したらいいんでしょうか?
ちょっと朝日奈さん怪しくない?とか思ってたのが恥ずかしくなるぐらいの結末で、もっとこう捻ると思っていただけにちょいと他の人がどう思ったのか気になるところです。
また絶望編でも洗脳を利用してグロ連発と、グロは苦手ではないものの流石にくどさを感じてしまいました。
またダンロン2のメンツの絶望落ちも洗脳でほいよーって完了させてしまい、なんかもっとこう丁寧に落すのかと思っていただけに凄く残念でした。
OPの落ちていくシーン、あれが複線かと思ったら違ったぜ!

またそこに持っていくのも七海達が非常に迂闊に思えたのもなんとも言い難い気分にさせてくれます。
だれか一人くらい反対、してましたね狛枝ァ!

最後はダンロン1の生き残り達の扱いの悪さです。
苗木くんが特に活躍せずに終了するとは思わなかったよ……。
確かに説得は同級生と日向で適役ではあるのですが、最後の苗木くんはなんかこう可哀想でしたね。
後は死んだ!死んでません!を2回やられると、なんかこうふーんって冷めちゃいますね。
霧切さんもなんかイマイチ活躍せず退場でしたし(というかこの退場もあとから見るとおかしいような?)もっと頑張ってほしかったです。
ロンパ要素が通用しない相手だったのも大きかったのでしょうか?

まとめ

絶望編の1話から3話は中々面白く、ダンガンロンパ2のキャラクターへの興味を持たせてくれました。
しかしながら未来編、絶望編両方を通してイマイチだった感が否めず、希望編でなんかすっきりした感じになって終わったな……と思いたいところです。
なんかこう、見ているこちらが絶望落ちしそうなアニメだったのである意味目論見は達せているのかもしれませんね。

ダンロン2は気になるところなのでいつか手を出してみようと思います。

では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    コメントを残す