ついにドラゴン戦!ダンジョン飯第4巻!

どうも、さるまんです。
今日は手に入れたダンジョン飯の最新刊の感想を書いていこうと思います。

ダンジョン飯第4巻

ついにダンジョン飯の最初からの目標だったドラゴンを食う!(ファリンを助ける)ことが叶う巻となりました。
今回はダンジョンの外部や蘇生に纏わる話が多く散りばめつつも流石の強敵ドラゴンとその調理がメインになっています。

今までもモンスターを調理して食べるという変化球ながら正当派なファンタジーだったダンジョン飯ですが、蘇生話やダンジョンの外の情勢などでよりそれらが濃かった気がします。
蘇生って今時のRPGだと気軽にほいほいやってますが昔のウィザードリィやTRPGだとそれなりにリスキーでしたし、こういう説の方がしっくりきますね。

ファリンは流石に胃袋で消化されずに意識失ったくらいでーなんて甘い考えでいたのでしゃれこうべが出て来た時は流石に胆が冷えましたね。
そういえばウィザードリィ系の世界観だった!この漫画!とあわあわして先を急いで読んでしまいました。
その後の蘇生もうわー綺麗な骨だー(白目)とかなりつつも上手く蘇生できたのですが、良かったというよりも気持ち悪さの方が勝ちました。
ぞっとするというかおぞましいというか、流石にファンタジー世界でも完全骨からの蘇生は禁忌のように感じて、ギャグとの乱高下にドギマギすることに。

ファリンの詠唱無しで魔法使ったり、魔方陣をダンジョンの主がじっと見つけたりと蘇生出来たからおーけーという風にはいかなそうです。
目的だった救出は出来ましたが、4巻冒頭で話に出た”書”の回収までいくのか、とまだまだ先の展開も読めず、外の世界の話題も出たので色々な展開が期待できそうですね。

もちろんカツレツにローストドラゴンなんかもお腹が減りそうな美味しそうな料理も出たりして、なんだか気が抜けるというか!

やはり今後の展開にも期待ですね。

ではでは今日はこのへんで。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)