余裕のオーバーラン(Love∞Destiny編)

どうも、さるまんです。
長かったイベントも終わりという事で今回も完走した感想とコミュの感想を書いていこうと思います。

まだ走れそうではある

イベントお疲れさまでした。
スタートダッシュのドリンク飲みながらの走りとスタミナ管理をほぼパーフェクトに出来たので今回は追い上げに悩まされることも無く現時点で既に平常運転に移行することが出来ました。
Grooveイベントはきっちりとスタミナ管理もやりやすく、難易度選択からのタスクキルで保持できるのが嬉しいところです。
平均的に走る必要がある為、貯めてがーっとが出来るわけではないのでそういう点で見れば一長一短という感じですね。

スタミナ効率の面で結構いいのでマスターの練習をしているのですが、生き残れてもアンコールできないとかあったりしてなんともGrooveの難易度は高いですね。
マスターでクリアできるなら6万位も目指せそうではあるのでクリアできるようになっておきたいところです。

イベントコミュの感想

今回は知らないアイドルを知る楽しみというより、知っているアイドルの新しい側面をみるという楽しみがありました。
オープニングではなんだかある意味一色で揃っている中にふらっと通りがかっただりーなが捕まる(違う)最後の一人として入ることになるのですが、扱いが酷くてわらってしまいました。
カラーが、一人違っていて狙ったのか!wとか思いましたが、リーダーという雰囲気のアイドルが居ない中になんだかんだいい子ちゃんというか育ちの良い雰囲気を見れる李衣菜を入れるのは面白いキャスティングだったかもしれません。

第一話ではなんだかオープニングで不穏だった加蓮 vs まゆでしたがセンター争いでした。
李衣菜が上手い事ことを納め、ダブルセンターに、だからなんだか変則的な配置だったんですね。
加蓮って結構慣れてる相手じゃないとトゲありますよね、ほんわかトリオと二人みたいな雰囲気です。

第二話、愛が重い智絵里という話ではないですが、意外とまゆのプロデューサー攻勢を素直に肯定したのがちょっとびっくりしました。
やはり静かに想ってそうな女子ということもあり、中々面白い不意打ちでした。
プロデューサーに感謝しているという事を話す三人にほんわかしますね。
まゆは結構、他の我の強いアイドルと絡ませるとギスギス感が出るように思えてきたのですが、ほんわか代表みたいな智絵里、美穂を組み合わせると上手い事中和出来てますね。
ありすと飛鳥の組み合わせと似ていますが、また違った味が出ていて面白いです。

第三話は滅茶苦茶笑いました。
李衣菜がやはりリーダー張りに事務仕事を引き受けてやっていくのですが、そんな李衣菜をまゆは甘え上手で頼られ上手と褒めます。
あ、確かにりーなはそんなところあるかもなぁ、とナツキチとかと絡んでると引っ張られる側でみく相手だと引っ張るようなところもあるしと。
微笑ましくみていたのですが、目がこわいからPに引かれると言いかけたりーなにまゆが……!
やめい、BGMを消すのやめい!怖いからそれぇ!と叫びつつもそこからのカベドンの流れで爆笑しました。
りーなすげえええええ!いろんなとこにこんな使えるアイドルってかなり稀少だよ!w

4話はきゃっきゃうふふなんですがここでもちょっと鋭い加蓮の切れ味が炸裂。
苦労してアイドルになった、なってないの会話ですが第二話に続いていくような話でなんというか普段絡まない(?)アイドル同士の絡みはやはり面白いです。
なってからの苦労はみんなしている、というのは当然ですがなんというかそうだよなぁとしみじみ。
もっとこう1から最後まで見るゲームが増えれば良いのだけれど。

5話で今回裏手役気味だった智絵里、美穂にスポットが当たります。
張り合っていた二人の裏でしっかりと役目に力を注いでいたというのは結構ほんわかしてしまいますが、派手目ではないだけにポイントが高いですね。
派手な部分も穏やかな部分も噛み合って伸ばしているように感じるこのユニットは結構相性いい感じで好きでした。

まとめ

毎回毎回思うのですが、コミュが良いのはこのゲームの隠れた売りだと思います。
シンデレラはまだまだニワカですが、こういうのがあるとやっぱり良いなぁ。
森久保にも声がついたあかつきにはイベントユニットに参加して欲しいところですね、結構使い勝手は良いはず!
では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを残す