ゲッサンミリオン23話感想

どうも、さるまんです。
ゲッサン9月号を買ってきたのでゲッサンミリオンライブの感想を書こうと思います。

今回のミリオンライブも最高です。
前回でお互いに思いをぶつけ合った静香と未来ですが、その結末はどうなったのか、楽しんでいきます。

以下ネタバレを含みます!

ミリオンライブ第23話『新しい未来へ』

最高だった前回に続いて今回もセンターカラーですが、扉絵は普通?
前回の煽りでアルティメットライブカラーと書いてあったのでまさか中盤で使うつもりなんだろうか、とわくわくしつつも、この扉絵。
未来大丈夫なのかな、後2話で下手なことはしないと信頼はしていますが、既にハラハラもしつつでした。

そして2つのライブが始まろうとしています。
1話で春香さんと静香が貼ってあったポスター?が未来になっていたりと、最初見に来ただけだった未来がこうして成長したというのを表す良い一コマがあったりしつつ2階席も満員に復活していました。
何かお客さんが減っているという事で何か一波乱あるのかなと3巻を読んだ辺りでは思っていましたが、そういう事も無かったですね。

そして武道館では前静香に絡んできた角倉さんと悪志保が本番前にプレッシャーをかけてきます。
大丈夫かな、前話のぶつかり合いがあった後に武道館に居て、このプレッシャーのかけ方は危ないのではとやはりハラハラさせられました。
しかし、静香はあまり意に介していない様子で、「でも、今日は……」と落ち着いているように見えました。
何がくる、何を出してくるんだろう、そう期待が膨らんできました。

そして再び未来の場面へと戻り、浮かない顔の未来。
静香は一人であることを振り切って、未来は浮かない顔……。
やばいのでは、と奈緒と心情が被っていました。

正直この頃、終盤に台無しにされた作品に触れ過ぎているのか、読むのが怖くなりました。
今まで素晴らしい作品を読ませてくれて来た門司先生に限ってそんなことは……と思うものの、棘のような不信感はぬぐえません。
しかし、翼の大丈夫、信じて見ててという言葉にライフを回復させつつも進めて行きます。

一旦静香のシーンが入り、そこで悪二人から見た先ほどの静香についてコメントされます。
静香に対して良い印象を持っていないだろう二人から見てもそういう風に見えたということは……?
まだカラーページは先だしどうなるんだ、どうするんだ!

そしてステージに立っている未来。
MCで言いたいことがあると言い出す未来。
ここで静香と翼とのユニットで歌う予定だったと語り、ステージは楽しいだけじゃない、大きな夢はそれだけ遠くにあるんだって言います。
そして次のページの大ゴマ!もんじーの大ゴマ好き!大丈夫じゃんか!と不安が吹き飛びました。
そしてそして声で繋がる、未来、翼、静香の三人。
おお!!?っと声が出ました、我慢出来なくて帰り道で読んだりしなくて良かった。

プロデューサー有能かよ!有能かよ!
スクリーンで静香が歌うというマジかよ、その手は思いつかないわ!という凄まじい魔法をみせてくれました。
これなら武道館に出ながら一緒に歌える!ああああああああ、やばい。
そして武道館側での立役者は灰島Pでした。
ごめん、若い女の子のメンタルケア出来てない無能とか思ってごめん。有能。(手のひらクルー
アイドルが輝くならなんでもするというアイドルキチでした。
こんなのやられたら興奮するよね、すげぇえなぁと、る、涙腺が。

このライブでのカラーページは是非ゲッサンで見て欲しいですね。
でも5巻出る前にこの話読むのもな、うーん難しい。
カラー全部いれてくれたらいいんじゃないかな。

そしてライブ後……。
静香がまだまだこれから、とういう言葉を言えるようになったというのは良い事ですよね。
そうまだまだ、これからなんだよな。
未来とプロデューサー。
未来の口からトップアイドルになりたい!というのが出たのはなんだかこちらもすごいことのように思えます。
まだ、これから続いていくんだというのがひしひしと感じられる良い対比な気がします。

ここでようやくプロデューサーの顔が!顔がでた!
これは今までのような影で支えるのではなくて、ようやくプロデューサーとアイドルとして二人三脚でやっていくということを表しているんでしょうか?
ちょっと作品通して有能かよ!と叫ぶことの多かったプロデューサーなのでここで、今までは前日譚でこれからプロデューサーとしてアイドル達と共に目指そうトップアイドルとかになると中々難しい気分になってしまいますね。

まとめ

不安もあり、まだ終わらないでと思う事も多くあったゲッサンミリオンではありますが、ここまで綺麗に〆られてしまうと終わらせないというのも無粋に感じてしまいますね。
寂しさを覚えつつも、来月の最終話を楽しみに待ちたいところです。

では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを残す