門司雪先生の読み切りを読む(都立軍校28機関)

どうも、さるまんです。
今日はもんじー先生が読み切りを書いたという事で久々にゲッサンを買ってきました!
ついでにゲッサンminiもついてきたのでほくほく顔です。

今回はとりあえず門司先生の読み切りの感想を書いていこうと思います。

都立軍校28機関

この頃じわっと流行り始めてる戦記物でもやるのかな、という印象をタイトルから受けました。
一回さらっと読んでの感想はアイマスでのイメージを払拭しつつバトルも書けるぞ、ということをアピールしたいのかな?という感じでした。
ゲッサンの読み切りらしい連載に先駆けた1話目という塩梅で、続いてみないと評価しづらいので連載はよ、と思いましたね。

感想の方を

さて、登場したキャラ達ですが結構どいつもこいつもキャラが立ってたのが好印象でした。
個人的に良いなと思ったのはヒロインちゃんの部下?な檜木と主人公くんのルームメイトです。
なんかこいつ良いなって言う檜木ときゃいきゃいしてるルームメイトくんに目を引かれたり!

贔屓目なのは否定しませんが、やっぱり小さな出番でキャラを立てる技術がついてるんだなぁとなんだか嬉しく感じます。(そこまで追ってないだろ!)
後純粋に桃瀬ちゃんも可愛いですし、相変わらずデフォルメ絵がきゃわいいのは強みですね。
可愛いだけじゃなく所謂かっこいい絵もきっちり抑えていますしね。

個人的に吹いたのが寮にバイクで乗り入れて仲裁するシーンで!?!???!???となった後に笑いました。かっこいいけど無茶苦茶やるなぁという感じで好きです。
バトル中心になっても維持できるならこの方針で続けていってほしいですね。

後、えーとやっぱり桃瀬ちゃん可愛い!可愛いんだよちくしょー!
主人公くんはなんだか未来ちゃっぽくてほっこりしたり。

さっらっと読むととっちらかってるように感じましたが、しっかり読むつもりで見返すと次回が気になるような漫画であったと思います。
桃瀬ちゃんはわかりやすいキャラクターでキャッチーだけど主人公くんに対する印象は保留と言ったところでルームメイトときゃいきゃいしてるところは可愛くていいけどキレる周りは設定なりが出てからかな。
ともかく次回が気になる類の良い読み切りだったのは変わらず、アンケ出してみようと思います。

贔屓目でいいんだよ、絵とかストーリー構成好みなんだから。と思わせてくれた内容でした。
今後の活躍が楽しみですね。

では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)