ゲッサン6月号感想1

どうも、さるまんです。
今日はゲッサンミリオン目当てで買い始めて他の漫画も面白いなと気に入っているゲッサンの感想になります。
一応ネタバレ含みますのでゲッサン読んでる人は回避してね!

CikOYnEUkAQqbjB (1)

ゲッサン6月号

なんか7周年らしいゲッサン、月刊サンデーから数えてなのかなぁとか思いつつ買い始めたのはごく最近なのであんまり長い事続いてる雑誌というイメージもないですね。
そもそも、自分はジャンプ派閥だったのでサンデー系は詳しくなかったりします。
マンガワンとかでサンデー系に振れる機会が増えたので最近はサンデーもいいなとか思ってます。(ジャンプの連載陣が何かと貧弱になってるだけかも知れないんだよなぁ)

以下連載陣の感想なのでネタバレ注意

ゲッサンはミリオンライブだけじゃないぜ!

頭にも書きましたがゲッサンを買い始めた理由の一番大きな部分を占めているのはミリオンライブです。
61LjIkiZvtL._AC_UL320_SR226,320_

なんというか一巻の試し読みで一目ぼれしちゃったのが原因ですね。
色々と語りたいのですが、この記事はゲッサンの記事なのだ……!
とりあえずの宣伝としてアイルのトリオ版のアイル(Harmonized ver.)の配信が5/20に決定しているので是非是非聞いたことのない人は手に入れて欲しいですね!

しかし、ミリオンライブだけ読んで終わるのは色々と勿体無いのでとぺらぺら読み始めて見ると面白い作品も多くずるずると月刊誌を購読することに。
ちょうど海王ダンテの連載開始と買い始めた号が同じだったのも良かったのかもしれません。

買ってきて真っ先に読むのはミリオンライブに、海王ダンテ、放課後さいこと倶楽部、味噌汁でカンパイ!、ジャブローズ・スカイ、高木さんなどなど。
真っ先に読みたくなるような作品がこれだけあるのは中々うれしいところです。

ではだらだら続いた前置きもほどほどに気になった漫画の感想を書いていきましょう。

【片翼シャトル】
keyvisual_katayoku

バトミントンの新連載!
サンデー系ってマイナースポーツ多いのか?なんて疑惑が初見で浮かんできました。
マンガワンだとカバディにハンドボールとそれにこのバトミントンと並べると中々色物感があります。

初見としては中々次が気になる作品で結構面白かったです・
いじめられっ子と元ダブルス全国準優勝の捻くれの組み合わせで、ひょんな切っ掛けから接点を持ち友達になり、いじめられっ子の才能を垣間見て……。なある種定番な一話でした。
なんで相方と離れて別の高校に進学したのか、とか色々と気になるつかみで次号が楽しみです。
後、こういうマイナー競技漫画によくある蘊蓄とか解説とかも好きなので、その方向でも期待したいところです。

【海王ダンテ】
前話で決着した北極点での「生命」の本をめぐる戦いも終わり、一端故郷に帰還してのお休みの回でした。
いきなり現れたナポリオの兄貴に「生命」の本をかっさらわれて二人の目的にしていた幼馴染の病気を治すという目的が失敗したかと思ったら、先回りして治してるし!
「生命」の本を取り返すために兄貴を探し出して戦いを挑む!なんていう流れを予想していただけにちょっと肩透かしでした。
しかし、ナポリオの兄のジョゼの不穏な企みなんかも出てきたのでこれからも波乱の物語になりそうです。
北極では異能力冒険記的な感じでしたがこれからどうなるのか目が離せませんね。

【ふだつきのキョーコちゃん&からかい上手の高木さん】
この二作は相変わらずニヤニヤさせてくるな!
いやまぁ、感想っていってもそれくらいなんですが、それを毎回やってくるんだからすごいよね。
高木さんの方は一話完結なので読みやすくてオススメです。

【ミリオンライブ!】
控えめに言わなくても神なんだよなぁ!何ていうかこう、良いんだよ!マジで!
もんじーのライブ回は何ていうかこう、迫力があってかっこよさと可愛さがあっていいんです、うん!
クレブル新曲ということで、ストーリーを無理矢理変えて入れて来たらどうしよう、と言う不安もあったのですが、そんな不安は杞憂でした。
もがみんの見開きも凄く好きな一枚だし、カラーでみたいなぁ本当に。

そして信号機三人のユニットが!と思ったらもがみんに新たなステップ、武道館でのライブの招待が!
しかしそうなるとユニットのお披露目ライブにも参加できないとどう展開するかどう選択するか不安もありますが楽しみです。

今日はここまで

長くなったので今日はここまでにして明日残りを書いていこうかなと思います。
ではまた明日!ということで、ではでは~。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

「ゲッサン6月号感想1」への1件のフィードバック

コメントを残す