ゲッサン7月号感想

どうも、さるまんです。
昨日ようやくゲッサンの7月号を手に入れたので感想でも書いていこうと思います。
今月はゲッサンminiという読み切りがついてきていてこれが結構毎回面白かったりします。
こういうのやるなら毎月つけてくれれば良いのになぁとか思いつつ毎回楽しみにしています。

ゲッサン7月号

今月号は「海王ダンテ」がお休みとのことで、ゲッサンの中でも面白い漫画の一角が居ないのは少し寂しいですね。
また、「からかい上手の高木さん」が隔月連載ではなくなり「ふだつきのキョーコちゃん」が打ち切りになるようです。
「キョーコちゃん」はゲッサンにやにや漫画で好きだったので結構残念です。
結局のところなんでキョンシーになったの?とかが明かされないままかと言って治るわけでもないという投げっぱなしエンドに困惑しました。(途中から読み始めたのでそのあたりは序盤に書いてたのかもしれませんが)
また山本祟一郎先生の別の読み切りも始まるそうなので、そちらも楽しみなのですがメイン側が終わってサブ側がメインにというのは色々と邪推しちゃいますね。

以下連載陣の感想なのでネタバレ注意

気になった作品の感想


【ゲッサンミリオンライブ】
ゲッサンを買って最初に読み始めるのはやはりミリオンライブです。
まぁ、これ目当てで買い始めたんだから当然といえば当然ですが、今回もやっぱり面白い。
先月号で静香に武道館ライブの招待が届いたのですが、その間にも未来も成長を続けシアター組の先輩達から認められています。
そんな中でユニット出来ないと切り出すわけなのですが、もうちょっと未来が凹むのかと思いきあ、やはり未来は鋼のメンタル。
約束を破ってしまい罪悪感を感じる静香ですが、そんな中で素直におめでとうと言えちゃう未来はやっぱりかっこ可愛いです。
素直で割とあほっぽいからこういう部分があんまり嫌味に感じなくて済むのかな?とか思ったりします。
でも結構大聖人っぽいというかいい子ちゃん過ぎるという部分も気になるところで、変なところで崩れたりしないかと不安になっちゃいますね。

信号機トリオの中でも才能押しな雰囲気の翼にも成長が見れました。
3巻では反省も無く、ジュリアが上手いこと翼をころがして成功にまでもっていったんですが(翼が反省して合わせるのじゃなくてこっちだからこそ、3巻は良かった)フェスでの経験から吸収して自分から端で全体を見ることを選びます。
これってなんかフワッてしてた才能ましましの好き放題やってる翼の個性というかそういう部分を殺さずに上手いこと成長したなって思わせてくれる感じですっごい好きです。
下手に3巻部分で曲げさせていたらこういった流れにすることも出来なかっただろうし、上手い!って思っちゃいますね。
もんじーを上げっぱなしですけど、こういう想像が出来ないことになんだかちょっと悔しさを感じてしまいます。
だってなんか才能あって好き放題やってる翼って苦手だったから、それを上手く料理して好ましい成長をさせるって名プロデューサーかよ!かよ!

そしてやはり曇る静香で〆られて、面倒くさ可愛いなぁもう!
おとなしめの展開ではありましたが、色々と成長したり悩んだりが見れて面白い話だったと思います。


【味噌汁でカンパイ!】
ゲッサンにやにや漫画の一角。
基本的に家で味噌汁飲んで学校へ行く漫画なのですが、やっぱりそういう制限ある中でやるのが面白いのかなとか。
相変わらずにやにやしちゃう作品ですが、毎回入る味噌汁の豆知識というか作り方とかがほうほうって感心しながらよんじゃいます。
作れそうなのがいい感じなんですけど、やっぱり面倒くさがって普通に味噌汁って作っちゃうんですよね。
今回の冷や汁は結構独特な雰囲気だったので試してみようか、どうしようか。


【ガンプラ戦記ジャブローズ・スカイ】
日常サイドが面白くて妄想戦記が邪魔くさく感じるガンプラ漫画。
前々から引っ張っていた神作と邪武郎とのファーストコンタクト回なのですが、中身が想像と違う!みたいなSNSで知り合った人との遭遇話みたいなのは他人事だと面白いぞ、いいぞもっとやれ。
今回はガンプラにあんまり振れませんでしたが、やっぱり普通に書いたほうが面白いんじゃなかろうか。
どう転がっていくか期待です。


【恋情デスペラード】
ノリがやたらとカオスな何漫画なんだろうこれ。
アホっぽいノリの割にヒャッハーなサムライとか出てきてなんかわけわからないけど、面白いから良し!
頭からっぽにしながら楽しめる作品は結構貴重だと思います。

長くなったのでやはり分割

今回は一本に纏めたかったけど長くなったので今日はここまでにして明日残りを書いていこうかなと思います。
ではまた明日!ということで、ではでは~。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを残す