ゴブリン殺すべし、ゴブリンスレイヤー!

どうも、さるまんです。
かなーり久しぶりになりますが、ラノベの感想でも書いていこうと思います。

ゴブリンスレイヤー

この作品はその名のとおりゴブリンをぶち殺し続けている青年ゴブリンスレイヤーが主人公が主人公です。
ご存知の方もいるかもしれませんが大元はAAでの小ネタから派生したAA作品から始まっています。
どんな雰囲気か手軽に知りたい方はこちらからがいいかもしれませんね。

キャラデザがAA時代のものを意識して作られているのでまんまちひろさんがいたりしますが御愛嬌。
漫画も出ているのでそちらも最初の2話は読めるので良いかもしれませんね。
漫画版はなんていうか絵がある分グロ成分が文字とかAAで見るよりもアップしており、好みがわかれそうな感じです。
ラノベの漫画化でここまでしっかりやっているのはかなり好印象ですが!

ラノベ版1巻の感想

表紙見てみてちゃんとゴブリンスレイヤーが表紙にいるのに驚きました。
いや、むしろゴブリンスレイヤーの動いてる挿絵とか化け物の絵がもっと欲しいとか思ってしまうくらいに好きです。
AA版でも思いましたがヒロイン4人は流石に多いような、なんて思いながらも読み終わりました。
最近男くさいのばっかり読んでたからそのせいですね。

1巻はAA版の最後まででゴブスレさんの素顔一部と評価が個人的には大きい部分でした。
内容としてはAA版を軸にしつつラノベにしたという感じで結構読みやすく感じたのが嬉しいところです。
読みやすさとか見やすさとかは結構大事な部分で読めねぇってなると辛いですからね。
読みにくくても面白い作品とかあるのでそれはそれですが。

↑これとか。

最近はTRPG風味の趣向を凝らした作品が多く、この作品もその傾向が顕著に出ています。
まぁ、ゴブスレさんはマンチキンではあるのですが、自分がGM視点でないこととリアル目線での彼についてが中々興味深く異様に感じれました。
洞窟の中のゴブリン相手に燻すとか流石にファンタジー世界でも大真面目にやるのはないでそうしね。
これもこの作品の魅力だと思います。

AA範囲が1巻で終わってしまったので2巻以降どうなるか楽しみにしつつ今後も追いかけていこうかな。
では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを残す