グラブル団運営でのスプシのメリットと小技

どうも、さるまんです。
今回は一回団運営でスプシでの環境構築を行った際に学んだことを書いていこうと思います。

!注意!スプレッドシート並びにExcel初心者だった為、本当に初歩的なことになります。

何故スプレッドシートを使うのか

グラブルでは主に外部ツールとして、Discord(チャットVCツール)、スプレッドシート(Excelもどき) etc…が使われています。
それは何故かというとグラブルはスマホゲーと言うよりかはプラウザゲーであり、管理しなければいけない事があまりにも多いからです。

例えば装備が完成しているかだったり、十天衆解放しているかだったり、アーカルム石はノルマは機種は何でプレイしているのか 等々上げ出せば切りがありません。
それをちょいちょい消えたりひたすらに使いにくいゲーム内で管理するのは現実的ではない &それを管理する人の負荷が重すぎるというのが現状です。
というかここらへんが充実しているゲームって見たことないわけで結局のところ外部ツールに頼る事になるわけです。

面倒くさいを減らす為に先に面倒くさいをする、というのがこの手のツールを使う理由ですね。

それでは本題でスプシ便利技

とりあえず、実際に使った、団員の戦力を管理する表を持ってきました。
ここから右へ 鰹所持かどうか twitterアカはとかが続いていくわけなんですが、そうなると右へ行くと団員名が見えなくなってしまいます。
それを無くすためにA列B列を画面左に固定する方法があります

①列や行を固定する

固定したい列の右端の画像で言えばB列を左クリックし『表示』→『固定』と選択していく事で固定出来ます。
この固定は『列なし』を選択する事で解除する事が出来ますし、行も固定したい場合は同様の手順で行えます。

②選択肢を作る

お次は選択肢の作り方です。
例では95HELLの速度としていますが、これを単純に2択にして石の有無だったりにする事が出来ます。
解答が取っ散らかって集計面倒くさいんじゃわーれー!という風にならないのと、どう答えるのか迷わないのはベリーグッド。

まぁ、設定が甘いとこれ越えて入力普通に出来ちゃうんですけども。

まず選択肢が出るようにしたい範囲を選択し、右クリックしてデータの入力規則をクリック。
データの入力規則を設定出来る表示になるので、条件をリストを範囲で指定として範囲を入力して保存すると完成です。
画像でも書いている通り、ここらの選択肢をまとめたシートを作ると良いかもしれません

③解答次第で色を変えてみる

条件付き書式で○○の解答の場合は何色にする等を設定する事も出来ます。
ただこれでYes/No管理してNoだけ色変えとかすると流石に同調圧力強すぎでアレかなと思うので見易さ重視で決めていきたいところです。
背景色と文字色を同じに設定すると↓こんなことにも使えます。

選択肢を連携しながら走れる、合間を縫って走る、などにして選択肢ごとの色を決めてわかりやすく出来ます。
まるでバイトシフトみたいだって?気のせいですよ、それはきっと。

まとめ

3つほど小技を紹介してみましたが、google先生に聞いてみれば案外簡単にやり方が出てくるのでやりたい事を言語化して先生に聞くのが一番かもしれません。
とりあえず団管理でスプシは便利すぎて無いのはあり得ないと思えてくるレベルなので使ってみるといいかもしれませんね。

では今日はこのへんで、ではでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク