皇国の守護者漫画版を今更紹介する

どうも、さるまんです。
今日は動画でネタに使ったりもした皇国の守護者の漫画版の紹介をしていきたいと思います。

皇国の守護者漫画版

読み返したくなり探したら見事に手元になく思わず中古を購入しました。
調べたところ既に漫画版は絶版のようで流石に焦りましたが、なんとか確保出来て一安心です。
今日もある方は今のうちに手を出しておいた方がいいかもしれませんね。
うちに来た中古本は意外と良品でした。

さて、皇国の守護者は少しファンタジー要素も入った戦記物で中々骨太な作品になっています。
主人公新城直衛が圧倒的に不利な状況をどうにかするべく戦い続ける、と簡単に言い表してみればこうなるのですが負け戦の中で気を吐き続けるという風なものです。
ファンタジー?というと眉を顰める人もいそうですが火の玉どかーんとか所謂魔法みたいなのは無く、ちょっと龍や導術(テレパシー)が出る位なのであまり気にならないと思います

そんな原作小説を上手い事落とし込みアレンジを加えたのが漫画版です。
何故こんな素晴らしいものが5巻で……なんて思ってしまいますが原作者の何時ものさぼり癖でしょうね、うん、きっとそうだ。

漫画版の素晴らしさ

原作の良さはもう密度の高い描写と新城のキチさにほかならないのですが漫画版ではその両面で上手い事表現してくれています。

印象的なシーンと言えばこの一ページでしょうか。
うん、想像していた新城そのものといった風でかなり精度高い気がします。

ドリフターズの平野耕太先生が原作の表紙を書いたこともあったのですがなんか違うよな、いや嫌いではないけど愛嬌もあるキチさではないかなぁという感じです。
他にも原作では端役だったキャラクターに肉付けがされていたりと原作読者でも漫画版はちょいと新鮮に読みこともできると思います。
兵藤とかね、結構印象変わったからまた原作読み返すと楽しいかもなぁなんて思ったり。

こんな良作漫画化なのですが原作の範囲では2巻までと凄く序盤です。
新城直衛の物語として決着のつく9巻の1/5という短さで凄く惜しいですよね。
ということでもう原作を買っちゃっても良いと思いますが、雰囲気だけというなら漫画版でいいとも思えます。

うーん、紹介するならもっと早くにしたかったところです。
原作は問題なく手に入るので興味があるならば是非手を出してほしいところです。

では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)