やはり高校野球漫画は面白い!『ラストイニング』

どうも、さるまんです。
今日は久しぶりに漫画について書いていこうと思います。

甲子園に行けないなら廃部!

マンガワンで現時点で一気読みが開催されている高校野球漫画のラストイニングです。
大昔に甲子園制覇した高校で現在は鳴かず飛ばずな彩珠学院高校を元キャッチャーな胡散臭いセールスマンが甲子園を目指すために奮闘する、というある意味で定番ネタな始まりです。

この漫画の好きなところは他の漫画では案外語られることの少ない審判周りの話題や、他県からの引き抜きなどの高校野球のちょっと蓋をしておきたい辺りが良く触れられるところです。
他には所謂、某メジャーの主人公のような圧倒的なスター選手が少なく(ピッチャーと四番は凄いけども)、しっかりと根付いた練習の成果と采配で勝ちに行く辺りがお気に入りです。

派手さは少ないものの因縁のあった聖母学苑との県大会決勝戦での熱戦加減など、スクイズの描写一つとっても丁寧でスクイズなのにおお!と燃えれる熱さがしっかりと存在しています。
個人的には第4アウトでの裁定なんかが非常に高ポイントでした。

派手さはない、と言うものの野球はホームランと三振だけの競技ではないので、そんな野球の奥深さをきっちりと描いた名高校野球漫画だと思います。
とりあえずこれから甲子園編に取り掛かるのでどういう結末を迎えるか非常に楽しみですね。

では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)