SCP Foundationは時間を食らい尽くす面白さ

どうも、さるまんです。
今日は最近めっちゃ楽しんで読んだり見ているSCPについて書いていこうと思います。

人知を超えた存在たち

SCP Foundationは海外のシェアワールド形式の作品群で、人知を超えた存在を確保、収容、保護する財団についての作品です。
例えば不死身のトカゲだったり、世界の果てだったり種類は様々でショッキングなものもあれば癒し系も稀に居たりと多種多様な存在で満ちあふれています。
一応グロ耐性の低い方にはオススメできませんので悪しからず、人肉食らったりするの普通に出てくるからね!

SCPにはセーフユークリッドケテル、が大まかに存在していて安全に保管できるセーフ(安全とは限らない)、解明されてされてない部分もあり収容しきれない可能性のあるユークリッド、脱走を先延ばしすることしか出来ないケテルと別れていてこの分類も面白いです。
それぞれやばいのもやっぱり居てケテルの人類滅亡待ったなし!も面白いですが、セーフの中にあるなんかやばいのもそれはそれで味があって面白いですね。
勿論普通にやばいユークリッドもぞわぞわしますよ。

有志作成のwikiも存在しており、和訳が行われているようです。
気になったらここで読み漁るのもいいかもしれませんね。

とりあえずは動画を眺めているだけでも面白く、興味深く、ぞくっとしてトイレとか行けなくなりそうになりますよ。
こういうのは本当に手を出し始めると時間がすぐに消え去ってしまいますね。

ほどほどにしないとなぁとか思いつつ今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    「SCP Foundationは時間を食らい尽くす面白さ」への2件のフィードバック

    1. 初めて知りましたがこれ面白いですね。
      はまりそうですw
      ガンツの星人を思い浮かべました。

      1. wikiまで掘り返してると時間泥棒ですよー
        試験報告書みたいなのがまた面白いんですよね!

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)