シャドウバース始めました

どうも、さるまんです。
WoTのMODを色々と眺めつつWoWsのイベントで3倍うまーとかしていたら色々と時間が過ぎるのが早すぎるこの頃ですがいかがお過ごしでしょうか。
自分はそんな中で今更感ありますがシャドウバース始めました。

Shadowverse

は、ハーフストーンだこれぇ!
初見ではそう思ったのですがそもそも、ハーフストーンもやってないのであんまり忌避感もなく絵柄が好み(ココ重要)だったので始めることにしました。
ゲームのシステムとしてはシンプルなカードゲームと言った感じです。
毎ターンカードを出すためのコストが上がっていき、そのコストを支払ってフォロワー(モンスターみたいなもの)やスペルカード(魔法っぽいの)を使って顔面を殴り合うゲームといった感じ。

顔 面 を 殴 り 合 う ゲ ー ム

やばい、文字に起こすとなんかシュールな雰囲気出てる。
プレイヤーがリーダーとなってカードをプレイする、という感じなんですがリーダーのライフを0にすれば勝ち故になんかこう、顔面を殴るという表現がしっくりくる、来ちゃう。
最初にこういう表現した人は相変わらず凄いなぁなんて思っちゃいますね。

クラスを選んでプレイ方針が変わる

カードゲームって好きなカードを集めてデッキを作るものなのですが、シャドウバースはそれに加えてリーダーによって色々と変わっていきます。
リーダーとはデッキを扱うキャラクターとかそんな感じで、それに応じた能力を持った専用カードを使うことができます。(共用カードもありますが専用の方が多い)

リーダーはエルフ、ロイヤル、ウィッチ、ドラゴン、ネクロマンサー、ヴァンパイア、ビショップの7つでそれぞれ癖のある特性をもっています。
例えばロイヤルだったらコストのやすいカードが中心で、兵士と指揮官に種類が分かれ指揮官は他のカードの能力をアップさせる効果をもっています。
ドラゴンだと後半になると覚醒状態となり、普通の効果に加えて強力な能力をカードが使えるようになります。

これが中々魅力的で一つのクラスのデッキに飽きてきたから他のを使うと全然違った楽しさを感じれたりして面白いです。
さるまんが使っているリーダーはビショップで、これは守って終盤殴り勝つというデッキ、ポンポンデカいカードを出せるのが強み。(デュエマでも光闇デッキ使ってたしね。)

使っているデッキはこんな感じ、見切れているのはサタンで所謂サタンビショップですね。

時間が結構勢いよくとける以外は良いゲームだと思うのでチマチマやっていこかなと思います。
では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを残す