ドラゴンで目指すマスターランク(A3編)

どうも、さるまんです。
じわじわと登ってるマスター坂、書いていこうと思います。

A3昇格!

のっそのっそとA3まで登ってきました。
デッキを調整しつつまったりプレイしていたらじわじわとポイントが増えA3まで来ることが出来ました。
A2に上がる方が辛かった気がするのは格上との遭遇が増えてポイントが稼ぎやすくなったからでしょうか?

A2を駆け抜けたデッキ内容はこんな感じです。
前回のデッキからの変更点は竜の翼×3、GMD×3、灼熱の嵐×2枚が抜けてアイボリー×2、ジーク、海剣竜×3、オリヴィエ×2が入った感じです。

デッキ調整の理由


【アイボリードラゴン】
アグロヴァンプも減ったことだしと竜の翼の再検討をして思い出したように採用しました。
なんで抜けたんだっけと思い出せませんが参考にさせてもらったデッキで入ってなかったのが理由のようです。
序盤の1/2は結構役に立つのと終盤の息切れにとやはり便利なカードです。
3枚にしてもいいかもしれませんね。


【海剣竜】
GMDで生きながらえる状況も無い気がしてきたので5コス枠をどうするか考えている内に採用されました。
GMDは頼りになる守護ですが、アグロには出した直後に舞踏で処理されるわ、終盤には詰め切るための疾走が欲しいこともあり丁度5コスにいるやん!と採用しました。
後一枚疾走がくればという場面で引ける確率も上げれるし、スタッツも悪くはないのでこれでいいかなという感じです。

ファンファーレでの疾走付与なのでウルズコンボには使えないのが少し残念なところです。


【ダークエンジェル・オリヴィエ】
こちらも最後の押し込み目的での投入になります。
4点じゃ盤面返せないわと正気に戻り高コス二枠に入れるならやっぱりこいつだよな!ってなわけです。
エイラビショップ相手には連なる咆哮とは別方向に助かることも多く優秀な詰め要員の一人です。
ロイヤルに刺さる印象が強いかもしれません、進化切れもロイヤルの息切れの一端ですからね。
お互い息絶え絶えの中でこちらだけ補給していけるなら有利です。

まとめ

総じて詰めや息切れ対策での入れ替えなのがなんだかドラゴンだなぁという風に感じますね。
竜の闘気も5コスで打つ余裕ないでしょうし、むしろ輝石のドラゴンが期待の新人になりそうな気がします。
ランプは何時までスタン基調で戦わなければならないのか、ちょいと不満もありますがディスカード路線も考えてみようかなというこの頃です。
では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)