ドラゴンで目指すマスターランク(AA1編)

どうも、さるまんです。
今日はさくっと書いていこうと思います。

新弾で強化された疾走ランプ

新弾が来たことで使用率25%とかなってますが、あれですよ、ずっと使ってたのにみんな浮気性ですね!
相変わらず勝率の面ではアグロネクロが目の上のたんこぶと化してるのがやっぱり憎々しいわけですが、凌げることも多いので相性は五分五分という認識です。

さて、今回使っているのは『疾走ランプドラゴン』です。
以前のデッキに新弾で追加されたカードを追加したことで安定度と破壊力の増したデッキです。
アップデート直後から色々弄ってはいたのですが、力比べイージスに阻まれることも多くあり、サハイスラは遅いという結論になりました。
超越は遂に陰りが見えたのですが、代わりにコントロールキラーとしてビショップが台頭してきてぐぬぬって感じですね。

さて、このデッキの肝は風読みの少年・ゼルを使ってウロボロスを顔面に射出することです。
進化エンハンスアルベールよりも1点上の11点を叩きだすことが出来る上に使いまわしも効くのでかなり優秀です。
進化しないと手札に戻ってこなくてウンボロスとか言われた第一報と大きな差だ(
他にもやっぱり優秀なフォルテや覚醒時の確定処理兼リーサル伸ばしの大鎌も優秀。
そんでもってアグロ共を凌ぐための盾役としてのグリームニルとラハブ、そして今回のドラゴンの追加カードの中では最優秀と思っている水巫女と揃っています。
この構築すげー上手く組めた気がするよ!

オリヴィエを突っ込みたくなることも多いですが、そうするとピン刺しで欲しい時に来てくれるとも思えないので不採用でした。
強いて言えばドロソを増やしたいところなのでアイボリーが欲しいところではありますが、枠がないのが悩ましいですね。

今回の環境でマスターまで行くぞ!と意気込みつつ今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)