息抜きにラストワードネクロ

どうも、さるまんです。
だらだらとしていたらすぐに時間は過ぎるものでもっとしゃきっと動かないといけませんね。

さて、今日は息抜きに組んだラストワードネクロについて紹介していこうと思います。

なんちゃってラストワードネクロ

ネクロがネフティス解禁と共に増えたのが見事にドラゴンにぶっ刺さり、イマイチ勝てない日々が続いたので安上がりに組めそうなので組んでみました。
戦い方としてはじわじわと相手が弱るのを待って蠅様やらモルさんで殴り倒すという遅めのデッキになっています。(超越相手だと負けるよね、これ?
いやな予感が過りましたが、まぁ、それ以外とは始めの5ターンで押し切られなければなんとかなるしぶとさも持っているのでまったり楽しめます。
ドラゴン視点ではやたらと処理されてた気分になりましたが、使ってみると決定力不足を感じてしまいますね。

キーカードたちの紹介

遅さからROB以前は見ないカードでしたが、出るとやっぱり強い場持ちの良いフォロワーです。
ネクロアサシンで弾にしたり、ウルズで増えたり、ドローソースになったりと都合の良い苦労人な扱いです。
やはり8コスで出すのは隙も大きく、それを消せるネフティスが活躍しているのも良く分かるカードですね。

モルディカイと対をなすエースカードです。
出てくる虫がランダムで不確定なのがやや問題ですが、どれも高性能であり便利です。
死の祝福などで複数守護を展開すれば生き残ることもそれなりにあり2匹目を出せたならかなりのアドを取ることも出来ます。
生き残らないのが殆どですが実質守護として仕事をしたと前向きに考えましょう。

のんびり戦うこのデッキには中々便利な人参栽培家です。
コスト代わりにしやすく消滅には弱いですが何度でも出せるのはわりと便利で息切れした敵が人参に圧殺されるのは中々愉快です。

使っていると速さが欲しくなるのは宿命ですが、息抜きで軽く回す分には十分ですね。
タイラントネクロも作りたくなりましたがパーツを引くのを気長に待とうと思います。

では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    コメントを残す