Total War:Arena日記 その1(戦場に乗り込んだ!編)

どうも、さるまんです。
ちょっと前に書いたTotal Warのクローズドβに参加出来たので感想を書いていきます。

説明がかなり親切に、RTS初心者でも安心

内容はRTSなWoTというのが分かりやすいかと思いますが、今回初回ログインでチュートリアルがちゃんと存在していました。
WGゲーというか海外ゲーって基本的にほら遊べ!ってよくわからない荒野に掘り出されるのが常ですが、TWAではちゃんとしたチュートリアルに日本語クライアントと様々な面で親切な設計になっていました。
操作説明も単純ですか必要な部分はちゃんと説明してくれて、その上でCPU戦自由にやってみって感じで1回やって〆るので馴染め安かったです。

陣営は三種類あり、ローマ勢、ギリシャ勢、蛮族となっています。
各陣営でリーダーが複数人存在し、それぞれ得意な兵種が違う上に陣営ごとに兵種の特性も違うので中々組み合わせで悩むことになりそうです。
さるまんはとりあえずギリシャ勢を選択し、歩兵の華(と勝手に思ってる)レオニダスと騎兵のアレキサンドロス大王を目指そうと思います。

そんな感じで戦場に早速乗り込んだわけなのですが、見事にぐっちゃぐっちゃの乱戦が繰り広げられていました。
やべぇ、なんか楽しいぞもうこれとわくわくしていると味方の居る方からすり抜けて来た敵の騎兵突撃で血反吐を吐いていたら、味方が占領して終了とかいうカオスの極みみたいな惨状で楽しかったです。(小並感

やってて思ったのは上位指揮官みたいなのが居ないせいで方針決定がなし崩し的で、防衛もガバガバになりかねないというところでしょうか?
こういうゲームだと速度のある騎兵がやっぱり柔軟に動けて強そうですが、上のtierだとどうなるんでしょうね?
極まってくるとチーム戦やらが欲しくなってきそうな辺りはWGゲーだなぁって印象でした。

動画撮影するにはスペックが足りてないことが露呈して狼狽えつつ今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)