WoTのMAP考察 その2(飛行場)

今日も今日とてMAP解説をしていきましょう。
どう解説したら良いかな、とか動き方について考えながらプレイしていくと普段とはまた違った感じになっていいなとか思いながらプレイしているさるまんです。
さて前振りも程々に今回考察していくMAPはこちらです!
飛行場.png
飛行場!
北と南がばっさりと別れているマップで比較的どの戦車がどこに行けば良いかがはっきりしているMAPですね。
個人的には結構得意というかどんなMAPか把握できている方のMAPだと思っています。多分。

スポンサーリンク


北と南に分けて考察していきます。
まずは北の大体の配置図+射線。
飛行場北.png
北は重戦車が戦線を構築し、駆逐戦車がその後ろで待機し、中戦車がポケットに入って他の戦線を牽制するようなイメージがあります。
実際に北で戦っていると重戦車の枚数や上手さ次第で戦線が動き、それを駆逐戦車がカバーする、そんな感じでしょうか?
赤のポイントの説明から行きましょう。
このポイントは中央や南の海岸を突破してきた戦車なんかを撃てるポイントです。俗にポケットなんて言われていますね。
ここに両軍ともに入っていることも多いです、自走だったら開幕入り口に置いておいて入ろうとした中戦車に撃ちこみ履帯切れてそのまま爆散うまーなんてのも狙えたりしますね。
重戦車の状況次第で放棄しないと逃げれなくなるので撃つのに夢中になって状況把握を怠ってしまい、逃げるに逃げれない状況に陥らないようにしたいところです。
青のポイントは言わずもがなな重戦車が岩?を挟んでの殴り合いですね。
北回りは駆逐に殴られることも多いですが確保できれば挟み込めるし……となやみどころです。
無理押しせずにじっくり腰をすえて殴りあうべし、かな?
黄色と紫は駆逐戦車のよくいるポジションです。西側にも東の紫に相当するポイントがあるはずですが確認できてない&駆逐戦車乗らないので割愛。
迂闊に出て行くとこの二つのポイントから手痛い不意打ちを食らう羽目になるので要注意です。
オレンジは軽戦車が入り込むウザポジです。
狙いにくく、でも見ないでいると横からガスガス撃ちこんできてキッーーー!ってなります。
上手い軽戦車というか、しっかり臆病になれる軽戦車が入り込むと厄介な地点です。
南の考察に移りましょう
飛行場南.png
北と比べて第二戦線的な印象が強く、あまり重戦車では向かわずに中戦車による機動戦が展開されているのをよく見ます。
個人的にこちらは隙を作ったら撃たれることも多く、さるまんとしては苦手な場所だったりします。
ですので考察できるほど詳しくはないのですがこれまでの経験からこんな感じ?というのを書いていきます。
赤は中戦車同士がお互いの隙を探りあい隙あらば殴る!そんなイメージの地点です。
ぐいっと大回りに海岸を回って後ろを狙ったりもするようなしないような……。
青はごく稀に重戦車が睨み合っていますがぶっちゃけ北が主戦場ですのであまりいてほしくないところです。
黄色は赤や青にいる戦車を狙う駆逐ポジションですね。駆逐戦車乗らないのでしらんけど、とか言っちゃいたいけどこのポジションは南に来るなら気をつけとかないと不意のズドンが本当にコワイ!
まとめとしては重戦車が北でがっぷりと噛み合い、南で中戦車が機動戦を繰り広げ、駆逐戦車がその後ろを固めるといったところでしょうか?
他の人からみたこのマップの動き方を調べつつ、今回はここまでです。参考になれば幸いです!
↓クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す