WoTのMAP考察 その7(湿地)

どうもさるまんです。
WoTのマップ数数えてみたら32マップぐらいなんですね。
となると全部のマップ書き終わるのは何時になることやら、動き把握できてないマップも多いので考えて動いていかないとですね。
さて本日もマップ考察書いていこうと思います。
*注意事項*
書いてるのはWN8の黄色ですので、それ以上の方にはあまり有効な情報ではないかと思います。
ですので、そこ間違えているよというような部分がありましたらコメントお願いします。

湿地

湿地.jpg
どっちかに戦力が偏ってあまり両方の戦線で膠着することも少ない気がするマップですね。
何とか突破できそう、と思ったら反対側が崩壊してたり、逆に反対側も突破していて早食い競争になったりする感じ。
南西は南東スタートが、北東は北西スタートが有利かなと思っています。

スポンサーリンク

各ポイントの解説

【南西のポイント】
湿地南西.jpg
南側が主戦場の建物跡に近いので北側は不利な戦いを強いられるポイントです。
正直、重戦車の数で勝ってても北西スタートの重戦車で踏み込みたくないのですが、進むしかない状況も多く悩ましいですね。
赤い地点は重戦車が居たいポイントです。
北はガン引きで起伏に任せてハルダウン、車体下部隠ししてる方がまだ持ちこたえれると思っています。
横っ面を中戦車に殴られる事も少なくなるし、三両もいれば十分に北が突破する時間を稼げると思います。
逆に南側としては青の地点に配置することになる中戦車と協同して坂を上ろうとする敵重戦車を蹴落とそうとし、入り込まれてしまっても先に到着できるため余裕をもって迎撃することができます。
ここまで北側をひどく書いてきましたが、勿論重戦車の数で優っていたりトップの味方が進んでいる状況なら同調して前進する判断も必要だと思います。
状況次第、臨機応変、そう書くのは簡単ですがあっさり味方が溶けて一人になったことも数知れず、中々難しいところですね。
青の地点は南東スタート側の中戦車の配置で、西は上がってくる重戦車の発見と側面攻撃を、東側は建物の跡に入った敵重戦車の側面背面を狙う位置取りです。
西側を最近教えて貰ったのですが、これがまた上手い事北の重戦車の出鼻をくじけるんですよね無理やり轢き殺そうとしてきた場合は下がればいいですし、中々強いポジションです。
黄色は駆逐ですね、余り射線は広く通らないので、あそこにいるかもとだけ意識していればいいでしょうね。
【北東のポイント】
湿地北東.jpg
中戦車や軽戦車が戦うポイントですね。
中戦車の経験が少ないのであまりどこら辺が強い、みたいなのは言えませんのであしからず。
重戦車ばっかり乗ってると逆側わかんないんですよね、うん。
赤い地点は北西スタート側の軽戦車置き偵ポイントです。
北東端に行く南東スタートの敵がばっちり見えちゃうポイントで、ここに置いて何も見えなかったときは南西がどうなるかを予感できちゃいますね。
実際には上で書いた南東の駆逐ポジで対応できるように控えている南東スタート中戦車組が居たりします。
南東からこのポイントに行こうとすると無傷で帰ってこれなくなるので、行かない方が無難です。
青の地点は中戦車が撃ち合うポイントですね。
以上!いやいや、駆け引き下手くそなので、その辺りは自分で行って確かめてください。
黄色はなんというか……撃たれたことがないので意識する必要もないというか迎撃地点というか、そういう感じ。
駆逐ほとんど乗ってこなかったのでやはりこれもわからず。

まとめ

エーレンブルグに似ているようで、違うそんなマップです。
有利地形といえども突破されることも多く混沌としていますが、しっかりと自分に合ったポイントに展開していきたいですね。
では今回はこのへんで、ではでは~。
↓クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す