WoTのMAP考察 その8(山岳路)

どうも、さるまんです。
マップ考察をちゃんと書き上げよう!と思ってマップを眺めていると説明できねえな!ってマップが結構あって中々頭の痛いこの頃です。
少しでも書いて頭の整理をしていきたいですね。
*注意事項*
書いてるのはWN8の黄色ですので、それ以上の方にはあまり有効な情報ではないかと思います。
ですので、そこ間違えているよというような部分がありましたらコメントお願いします。

山岳路

山岳路.jpg
さて、今回書いていくマップはこちらです。
大体3ルートあるマップですが、崖側は突破しようとするとハルダウンしている敵を撃破しないといけないので実質的には西側ルートと中央の裏取りが中心になります。
やることが限定されていて分かりやすいマップなので、なにかと動きやすかったりしますね。

各ポイントの解説

【南西のポイント】
山岳路南西.jpg
赤い地点は初動の通行料の取り合いで重要な視界取りのポイントです。
ちょっと見にくいかもしれませんが赤1、北側の東の赤丸は草を倒して置き偵ポジションに出来ます。
このポイントはもしバレた場合撃たれやすく隠れにくいので視界はしっかりとれるものの、ハイリスクハイリターンになっています。
初動で下に降りてこちらをちらりと見てくる軽戦車も多いので初動爆散しがちですが、かわりにどのポイントよりもしっかり南西に向かおうとする重戦車を見れるので出来れば居座りたいポイントですね。
赤2、北側の西の赤丸はちょいとちょいと顔を出して視界取りをするポイントで、先ほどの偵察ポイントよりは安全ですが奥までは見にくいです。
赤3、南の東側も赤2と同じで草むらが無いのでちょこちょこと見るようにしましょう。
青の地点は北側の偵察ポジションと下に降りた戦車を狙えます。
なのでここでしっかりと見ていてくれると南側の軽戦車、中戦車は下に降りて北側に頭をひょこっと出して偵察を行えます。
味方が下りていなくても北側の降りた戦車を狙えるので、しばらく警戒するといいかもしれません。
黄色の地点は重戦車の撃ち合いのポイントですね。
顔出し、豚飯の東の壁よりと、ハルダウンの撃ち合いの西の壁よりで、戦車によって行く場所を選ぶと良いですね。
北側の重戦車では不利になったなら大人しく下がりましょう、という位でこれと言って強ポジもないですね。
【真ん中の橋と東の谷】
正直行かなくていいポイントです。
真ん中の橋だと駆逐がいることも多く、突破もしにくい防衛有利の地点です。
無理に進んで駆逐に撃たれるなんてよろしくないですしね。
東も同じで、行っても1、2両で丘の上でハルダウンするのが好ましいです。
攻めてもハルダウン相手に苦労するだけなので……、なんで行く人多いんでしょうね?

まとめ

大人しく西に行きましょう!なマップです。
何故か東ラッシュとかもあるので、もしやたらと東に敵が多いなら陣地防衛に戻る、位で考えてればいいです。
なんだか本当に単純なマップだなぁとか思いながら今日はここまで、ではでは~。
↓クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す