WoT 0.9.14のMOD導入について その2 『各種便利MOD編』

さて昨日書いたMOD導入編の続きです。
最初の導入さえ出来てしまえば後は楽ちんだと思いますので方法を簡単に解説しつつさるまんが使っているMODの紹介でもしようかと。
リンクはwiki見てね!という不親切さで進めていこうかと思います、はい。

スポンサーリンク


【Smooth Scope Zoom】
スコープの倍率がもう少しアレば……そう思ったことありませんか?
その悩みを解消してくれるのがこちらのMODになります。
3/17現在、対応クライアント:0.9.13とwikiには書いてありますが普通に動いちゃいますねこれ。
検証は戦闘訓練でやったので実践でも問題ないかなと思います。
ズーム.PNG
落とした画面がこちら、0.9.13ってなってますが【res_mods】の0.9.14を開いて対応するフォルダをおいていきましょう。
XVMだけだと0.9.14の中に【system】が無いと思うのでそれはコピーしてぶち込みます。
基本的に無いフォルダはコピーして作ってあるフォルダは中身をコピーしていれていきます。
思ったより難しくない作業ですが、万が一がありますので戦闘訓練で確認しましょう。
【Autoaim indication】
お次はデフォルトでは使いにくいとされるオートエイムをざっくりと右クリックで出来るようにできるMODです。
咄嗟射撃やNDKで使うと便利ですね、さるまんはこれ無いとMTLT使えなくなっちゃう……。
こちらはEU鯖のフォーラムのMODのため、アカウント取得が必要です、さくさくっととってここからダウンロード!
ダウンロードできたらさっきのと同じように入れていきます。
上書きか聞かれると思いますが基本的に上書きするので問題ない……はず。
少なくともこれで問題が起きたことはありませんが、どうなんでしょ?
頼りない解説者の補足をしてくれる方を募集したいところ!
【J1mB0’s Crosshair Mod 】
クロスヘアを見やすくしてくれるMOD。ずーっとこれでプレイしているのでこれ以外はちょいと使いにくかったり。
例のごとくwikiから飛んできて赤丸からダウンロード!
J1.PNG
ダウンロードしたらこれもぱっぱっぱとres_modに追加していけばいいのですが、ありがたいことにクロスヘアの種類を選べるようになっています。
j12.PNG
res_modsの中身を追加したら次は赤丸の中身を開いていきます。
【oputional】→【aim】と開いていって6個のファイルから好きなのを選びます。自分は【optimized 2-circles】にしてますね。
【res_mods】→【0.9.14】→【gui】→【scaleform】と開いていって【scaleform】の中身に選んだ一つを掘り込んで置き換えちゃいます。
自走砲は【oputional】→【arty】でこれも【scaleform】の中身に選んだのを掘り込んで置き換えちゃいます。
これで完了!後は自分好みのクロスヘアを探して設定しましょう。
【Battle Assistant】
オススメMODの中でも個人的に嬉しかったのがこちら。
自走砲の視点を変更し、橋の下や隙間まで撃てそうで撃てないとこまでしっかりカバー!
こちらは普通に落としちゃってほいよっとほりこむだけで完成です!
他には傭兵MODパックのダメージログ↓
http://wot54.blog.fc2.com/blog-entry-155.html
WoT9.14対応メールアドレス・パスワード保存MOD↓
http://wot54.blog.fc2.com/blog-entry-154.html
FragCorrelationBar + TeamHPpools
http://worldof-tanks.com/9-4-fragcorrelationbar-teamhppools/
など色々有りますので探して入れていくといいでしょうね!
一回覚えてしまえば意外と簡単なMOD導入でしたが如何でしたでしょうか。
導入は自己責任でもありますので、色々調べて搭載していきたいですね。
快適なWoTライフを送りましょう、質問などありましたら微妙な知識ですが相談に乗りたいと思います。ではでは~。
↓クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す