WoTのMAP考察 その11(ポロホロフカ)

どうも、さるまんです。
クランの基幹メンバーはとりあえず収容し、4人にまでなりました。
これから色々と募集していきたいと思いますのでよろしくお願いします。
さて、今日はなんだかんだ11回目となるMAP考察行ってみようと思います。

*注意事項*
書いてるのはWN8の黄色ですので、それ以上の方にはあまり有効な情報ではないかと思います。
ですので、そこ間違えているよというような部分がありましたらコメントお願いします。

今日書いていくマップはこちら。
ポロホロフカ

ポロホロフカ/炎の最前線

マリノフカに次ぐ軽戦車の聖地で重戦車は動き方を間違えると蒸発させられるマップですね。
このマップは未だに苦手で、動き方は理解できてきているもののちゃんと動けずにショボ沈することが多発する中々緊張感があります。
このマップで重要になるのは中央で、ここの牽制合戦は勝負がつきにくいですが重戦車が行くことになる丘が攻めやすくなるのでなんとしてでも抑えたいところです。

それでは個別の考察にいってみましょう。

各ポイントの解説

【東+中央のポイント】
ポロホロフカ中央+東

東の丘が重戦車が向かうべきポイントなのですが、下手に前進すると中央から撃たれるために序盤は味方に撃ってもらうために視界を提供したり、中央を逆に撃ったりします。
中央は東の丘を撃ったり、撃とうとする敵を牽制したりと中戦車らしい隙の探り合いが行われます。
軽戦車が稜線を使った走り偵をする場所でもありますね。

早速色を付けたあたりの解説をしましょうか。
赤の丸は勿論重戦車がいる場所です。
北側は坂の途中にある溝に車体を隠して中央を撃つことになります。
また、たまに南側の動向を探るため、少し窪みから先に進んだ茂みからちらっとみると中央からも撃てるようになっていいですね。
南側は北側の重戦車を見に行こうとするとどうしても中央から強烈な横撃を食らうことになるので待ちになってしまいます。
完全に身を隠せるところまで下がって待つか、登り切ってすぐの茂みで待ちかまえるかになると思います。
我慢出来ないとすぐ爆散してしまうので慎重に動かないといけません。

青の丸は中戦車や俯角の取れる重戦車がよく布陣しています。
東を撃とうとする敵の牽制と東への攻撃がメインになっていて、開けているためにやはり気を付けて行動しないと爆散します。

ポロホロフカ通行料
↑のように視界があるなら初動で東に向かう重戦車に通行料を支払わせることも可能です。

黄色は中央の戦車を発見する軽戦車の走り偵です。
中央の中戦車が視界とれやと喧嘩になっているのをみることもあるこのマップですが、中央は軽戦車が走り偵する方がリスクが低いかなと思ったりします。
経験談になるのですが、走り偵で中央が見えている状況の方が東からも撃てることも多いですし、中央の制圧が速いと思っています。

【西のポイント】
ポロホロフカ西

ポロホロフカの芋ポイントというか軽戦車が視界取れてないとどうしようもない地帯です。
置き偵が美味しかったりはしますが、駆逐以外ではあまり来てもいい結果にならないかなと思います。

赤は定番の置き偵ポイントで、ここに置けたなら上手くいった時は放置してるだけで4000アシストを稼ぎだしたりします。
カウンター偵察もそれなりにありえるポイントなので入るときに発見されたなら素直に退避しましょう。

青は上で書いたカウンターポジションで、中戦車なら大体間に合って軽戦車を追い払うことが出来ます。
これだけやって中央に合流なんてこともやりやすいので中々強い初動ですね。

黄色は言わずもがなな駆逐ポジションで正直書くことが無いというかここにいてバカスカ撃てた経験少ないんですよね。

まとめ

偵察と慎重さが大事なマップです。
どのポイントでも迂闊に動くと凄まじい速度でHPが減ってしまうので状況をしっかりと見て動く必要がありますね。
WoTの中でもやることは単純なのに難しいマップだと思います。

では今日はこのへんで、ではでは~。


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

「WoTのMAP考察 その11(ポロホロフカ)」への1件のフィードバック

コメントを残す