WoTのMAP考察 その14(レッドシャイア)

どうも、さるまんです。
今日はMAP考察を書いていこうと思います。

*注意事項*
書いてるのはWN8の黄色ですので、それ以上の方にはあまり有効な情報ではないかと思います。
ですので、そこ間違えているよというような部分がありましたらコメントお願いします。

今日書いていくマップはこちら。
レッドシャイア

レッドシャイア(REDSHIRE)

このマップは東と西を突破したとしても中央を取れていないと前進できず、中央を抑えていても東西を確保できていないといろんな方向から撃たれてしまいます。
特に中央と西は密接な関係になっており、中央が動いたなら西も、西が動いたなら中央もと動いていく必要があります。
重戦車は重戦車で自走砲が撃ちやすい位置で戦わないといけないので結構しんどいですね。

各ポイントの考察

【東のポイント】
レッドシャイア東

東側は結構自走も通るので悠長に豚飯のし合いをしていると吹き飛ばされる危険性があるポイントです。
北側は通行料を取られる可能性があるため、若干不利なので川を渡らずに稜線で防衛するのも選択肢になります。
純粋に殴り合うだけではない重戦車にとっては少し辛いかもしれませんね。

さて色を付けたあたりの解説をしていこうと思います。
赤丸は重戦車の戦うポジションですね。
岩を挟んでの撃ち合いで西側は綺麗に自走の射線が通っているので、単純な動きをしていると1パンKOされることも多いです。
しかし、戦線が動きにくい東周りと比べると進みやすく後ろをとれるので進めそうなら積極的に進んで行きたいところですね。
東側は豚飯でがっぷりと組みあうかと思ったらここも結構自走が通ってくるので警戒は怠れません。
じわじわと丁寧に歩を進めないといけないポイントです。
南側は少し下がってがっつりハルダウンして迎撃することもできちゃいますので覚えておくといいかも?

青は中戦車で東と関わる部分です。
中央の丘からは赤の岩場に移動しようとする重戦車から通行料を取ることが出来るために積極的に狙っていきたいポイントです。
しかし、撃つと基本的に見られるのでしっかりと後退しないと開幕爆散の憂き目にあうことになってしまいます。
また、東側の青丸は茂み+岩と中戦車のために用意されたようなポイントで、ここから北側の中央を撃つことができたりします。
東側の戦況に左右されやすいので、射撃だけじゃなくマップも見るように気を付けつつ使っていきましょう。

緑色は軽戦車の偵察ポイントです。
北側はD7で置けば真ん中と甘いコース取りの南側重戦車を見ることができます。
南側は川沿いに結構大胆に突っ込んでいって北側の重戦車を見る、はずです。
何度かやってみたのですが、イマイチ上手くいかないことも多くしっかりとポイント把握できていません。
上手く見れた後は川沿いに安全に下がるなり、重戦車のお尻を狙うことも出来ますのでポイントを調べる価値はあると思います。

黄色、は投げやりになりますが駆逐のいるポイントです。
以上!だってここ味方下がってこないと撃てないんだもの……。

【西側と中央のポイント】
レッドシャイア西

西は正直苦手な地形なので上手く説明できませんが、真ん中と西の動きはしっかりと同調させないと勝てないポイントだとは思っています。
西は真ん中の門から北と南どちらも撃てますから、真ん中が動いたなら支援のために城の内側を制圧して支援を行わないといけません。
逆に西が動いたのなら門から西を撃たせないためにしっかりと真ん中は進んで敵の牽制をしたいところです。
片方が動いたのにもう片方が動かないと自然と動いた側が消耗して崩壊しがちなので気を付けたいところですね。

赤は特に重戦車というわけでもなく、中戦車もここに来ますね。
重戦車が西側に来るなら自然と城に入ろうとすることになるわけですが、入ると出にくい構造になっているので味方戦力を確認してから入るようにしないと碌な援護もなく死ぬ羽目になります。
青は中戦車、軽戦車が控えるポイントですね。
序盤の小競り合いをここですることになるのですが、命大事に、温存優先です。
温存できていないと中央突撃や西の攻勢に同調できませんので基本中の基本ですが大事ですね。
詰める時は稜線を一個づつ超えて安全確認しながらがいいでしょうね。

緑の丸は南の軽戦車が発見覚悟で開幕の偵察を行うポイントですね。
同時に北側はそれを意識して横着せずに大回りすることが大事だと思います。
横着して消耗したら元も子もないないですからね。

まとめ

東よりも真ん中と西抑えれば勝てるんじゃね?なんて色々考えてると思えてきますね。
中戦車と軽戦車が活躍できるマップだと思うので、しっかりと戦果をあげていきたいところです。
ではこの記事はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを残す