WoTのMAP考察 その19(ジークフリート・ライン)

どうも、さるまんです。
MAP考察シリーズ19本目になります。(今回は今まで以上に書けてない……)

*注意事項*
書いてるのはWN8の緑上がりたてですので、それ以上の方にはあまり有効な情報ではないかと思います。
ですので、そこ間違えているよというような部分がありましたらコメントお願いします。

今日書いていくマップはこちら!

ジークフリート・ライン(SIEGFRIED LINE)

このマップはなんていうかそのわかんないマップです。
街は踏み込んだ側が待ちかまえている敵に溶かされがちで、味方が前進しない限り進まないのがベターです。
そのため両軍ともに突出することもなくだらだら削り合い、痺れを切らせて突出した者から撃破され数のバランスが崩れたことで戦線が崩壊するということが起こりやすいです。

一方西はそんな崩れにくい東側を崩すのに効果的で東に布陣している戦車の背後から撃てるために最低でも1両は監視に当たるべきポイントです。
北も南も駆逐戦車が睨んでいることが多く、また茂みも射線を切る障害物も少ないので抜けれたら強いけど危ないポイントでもあります。

各ポイントの考察

【東のポイント】

基本的には豚飯を使った殴り合いの地帯です。
踏み込みにくいのは相手が完璧に豚飯を決めれる状態のところに飛び出していくのは愚行なのと様々なポイントから撃たれやすいからです。
正直待ち有利でさるまんは苦手なマップですね。

赤は重戦車のいるポイントです。
赤の丸のポイントは北が二つの通路、後ろの山から撃てるのに対して南側は一射線と辛いです。
自走も刺さりやすい開けたポイントで、抑えておかないと北がさらっと抜けてくるけど行きたくもないという感じ。

青は駆逐のポイントです。
東側は南から広場に出ようとする戦車を殴りやすく茂みも濃いと駆逐の巣と化しています。
それ故に東の抑えが少なくなり、北側が詰めやすいので中戦車は警戒をしていてほしいところ。
F9~F0の建物を越えたあたりで南の駆逐はようやく撃てるようになるので構えていることは少なめです。
西の青は平野とF7の西側を射撃できます。

【西のポイント】

ぶっちゃけこっち抜けて東の後ろを食い散らかすのが勝ちに近くておいしいというのはわかっていても実行できるわけでもない西側です。

西の赤円は中央の稜線の取り合いです。
ここを先に確保して後続に撃ってもらって追い払いたいところですが、そうも行かずお互い後ろの駆逐やらに睨まれながらの戦いになることが多いです。
一回入ったら見てくる敵を排除しない限り逃げることは困難ですが、ここを取ると西で進みやすくなるので悩ましいところです。
また、真ん中の赤丸からはガスガス撃たれるので味方の動き次第では入らない方がいいかもしれません。

青は駆逐はここらへんにいるよ!という程度。

緑は木を倒して茂みを作って置き偵ポジションを作るポイントで、真ん中をのんびり監視出来るのでオススメです。

まとめ

マップ理解が全然進んでいないので漠然としたことしか書けませんでした。
東に広く街があるのですが意外と安全に動けるようなところは少なく難しい街の側面と西でのこれまた気を張って突入しないと即死しかねない平原を合わせたマップです。
難しい……。

では今日はこのへんで。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを残す