WoTのMAP考察 その22(ツンドラ)

どうも、さるまんです。
最近成績の下がりっぷりがやばいのでなんとか持ち直したいところです。

*注意事項*
書いてるのはWN8の緑上がりたてですので、それ以上の方にはあまり有効な情報ではないかと思います。
ですので、そこ間違えているよというような部分がありましたらコメントお願いします。

さて今日書いていくマップはこちら!

ツンドラ(TUNDRA)

割と良くいくマップだと思うのですが、何故か今まで忘れていました。
東の丘が結構激しくドンパチやる重要ポイントで、ここを抑えられると後ろの駆逐や真ん中の川が狙われるようになるのでなんとか確保したいところですね。
西は大体重戦車が行くことになると思うのですが、自走砲からの射撃や突破後の駆逐の撃破など、結構面倒くさい要素があるので東に行くべきか、西に行くべきか悩ましいところではありますね。

各ポイントの考察

【東のポイント】

東は軽戦車や中戦車が初動で駆け込むポイントです。
戦力が少ない場合なんかは入ると無意味にやられる可能性があるので通行料だけをしっかりとって後退するのも賢い選択だと思います。
また、自走砲が結構射線が通る場所であるので半端な場所でぼけーっとしているのはご法度ですね。
膠着状態になった場合はお互いに後ろを取る動きをしてなんとか打開しようとすることになるのですが、数が少ないとそのまま敵に飲み込まれたり駆逐に撃たれたりと散々な目に合うのでやはり空気を読んで実行したいところです。
基本的な中戦車の殴り合いの場なので一方的にダメージを取りたいですね。

青は駆逐の居るポイントで丘を取った側はこの位置を燻りだすことが出来るので突破後の進軍が大分楽になります。

【東番外編】

北側の初動偵察、通行料ポイントです。
通常はあまりここで見ても意味は薄いですが丘に味方があんまり行かなかったり、オートローダーで初動参加は厳しい車両、一部機動力が高く一発はぶち込める駆逐(ほぼグリレだけ)なら使ってもいいと考えます。

【西のポイント】

西は重戦車が蓋をするポイントです。
以前書いた漁師の港のようにそのまま進むのは結構大変だったりするので制圧後に進むかは状況を見て考えましょう。
それ以外は何時もの自走砲が降ってくる中での基本的な重戦車戦の場所になります。

赤は勿論、重戦車で頭を出しての殴り合いになります。
青は駆逐で、南は甘く通った重戦車を殴れることがあります。
逆に言えば重戦車は通るときにはこのポイントをちゃんと意識してダメージを減らしましょう。
紫は忌々しい自走砲のポイントです。普通に通るので要警戒ですね。
緑色は中戦車で裏取りですが丘を制圧されていると予期せぬダメージを受けたりもするポイントです。

まとめ

東の丘が軸になりつつも、西を抑えていないと戦線がぐちゃぐちゃになりかねないというマップです。
単純ですが基本的な動きが出来る必要があるマップですね。

では今回の記事はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

「WoTのMAP考察 その22(ツンドラ)」への2件のフィードバック

  1. こちら東のポイント用画像がマーキングされていないもののようにお見受けしますので、お手すきであれば更新願えますか?

コメントを残す