WoTのMAP考察 その23(ウエストフィールド)

どうも、さるまんです。
ようやく成績復調してきたのですがやはり、WoTはやっぱりイライラしながらだと成績の落ちが顕著ですね。
イライラしてきたというかしょぼ沈が増えてきた辺りできっぱりやめるのが色々といいのかも?

*注意事項*
書いてるのはWN8の緑上がりたてですので、それ以上の方にはあまり有効な情報ではないかと思います。
ですので、そこ間違えているよというような部分がありましたらコメントお願いします。

さて今日書いていくマップはこちら!

ウエストフィールド(WESTFIELD)

このマップは重戦車、駆逐戦車が北西に集中し、南東に中戦車が向かうマップです。
また、中央は南東へちょっかいをかけることが出来、重戦車が戦う後ろへも行くことが出来るためがら空きもまずいポイントです。
南東は押しきりにくいので真ん中に配置してもいいかもしれませんね。

各ポイントの考察

【北西のポイント】

このマップの重心で、重戦車の数が違い過ぎるとどうにもならないポイントです。
ハルダウンと飛び出し撃ちをする北西側と街を突破するのを狙う中央側にわかれています。
自分はあまり中央には行かないのであまり戦い方がわからないのですが、そもそも自分が行くことで北西側の重戦車の枚数が足りなくなる場合は行かない方がいいと思っています。
駆逐戦車が抑えをしてくれるとはいえ、茂みが薄く後ろに下がって15mルールを使えるわけでもないので崩れる時はあっさりと崩れるからです。

しかし、中央を抜けていくと後ろで駆逐戦車が構えているのを発見できることも多く、マップに表示されるだけでも放置するわけにはいかないと北西側から移動してくる敵が少なからずでるので北西の支援には有効です。
中央は南東を撃つために構えている中戦車、軽戦車がいる場合も多いので進むならそちらも気にする必要があるでしょうね。

さて色をつけた部分の解説ですが、赤は重戦車が大体行くところです。
一番北西の赤がガッツリハルダウンで戦うポイントで、さらに北西の岩に登って横から撃たれることも多く、入られてると戦いにくいですね。
ちょっと中央に入ったポイントは顔出しとハルダウンで、俯角が無いと不覚を取ることも多いです。
また、赤円の位置の稜線から顔を出すなんてこともあり、結構重戦車からは撃ちにくいです。(調子に乗ってると駆逐が刺さる)
どの位置も自走砲がぶっささるので気をつけましょう。

青は駆逐戦車ですね。

黄色は南東を撃とうとする中戦車、軽戦車の位置です。
街を通ろうとするとこの位置から発見されることも多く、真っ先に対応に動いてきます。
手間取っていると他の位置からも突っ込んできたりして何かと面倒ですね。

【南東のポイント】

中戦車らしい飛び出し撃ちと頭出しでの戦いと、中央からの横槍がメインの南東です。
正直、未だにこちらの戦い方がつかめていないので苦手意識が強くあります。
攻めるにしても詰めにくいので最近は真ん中で横槍を入れつつ、重戦車にちょっかいをかけることが多いですね。

中戦車が多く重戦車が圧倒的に少ない時にさっさと南東を制圧して攻めてきた北西側を打ち下ろしで削り切ったこともありますがあくまでレアケースです。
自走砲がやられないように抑えをするのがいいんでしょうか?

まとめ

重戦車は単純なのですが、中戦車が難しく感じるマップです。
重戦車、駆逐戦車がメインとなる北西が車両数的に主戦場となるので、自分のチームの車両が圧倒的に少ない場合に南東は輝くのかもしれませんね。
うーん、難しい。

では今回の記事はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを残す