WoTのMAP考察 その29(ハリコフ)

どうも、さるまんです。
今日はサッカー大会のプレーオフです。
ここで勝てれば決勝リーグなのですが、どうなるやら……!

さて、マップ考察に移りたいと思います。

*注意事項*
書いてるのはWN8の緑上がりたてですので、それ以上の方にはあまり有効な情報ではないかと思います。
ですので、そこ間違えているよというような部分がありましたらコメントお願いします。

今日書いていくマップはこちら!

ハリコフ(KHARKOV)

このマップは正直まだ理解が進んでおらず、そこまでマッチングもしないマップなので参考程度にしてほしいです。
大体どの車両がどこへ行くか、となると南東に中戦車と軽戦車が、中央の市街地に重戦車と駆逐が、そして北西の開けた地帯に中戦車と軽戦車が向かいます。
正直北西の開けた地帯に一度も向かったことがないのでその辺りの情報が不足しています。
あそこって行くべきなんでしょうか?

各ポイントの考察

【南東のポイント】

南東は広場の入口での撃ち合いと、通路の防衛が仕事になります。
広場の中に入ってしまうと逃げることが出来なくなってしまうので入らない方が良いでしょう。
基本的に入口での撃ち合いになり、消耗したら下がるといった戦いになるのですが、ここまで書いて思ったのですが南東って行かなくてもいいのかもしれません。

WoTで有効とされるポイントは基本的に攻めやすく、守りにくいポイントになるのでこちら側はそれと正反対のように感じます。
あまり北西にいくことは無かったのですが、今度試しに行ってみようか……。

【中央のポイント】

中央では大雑把にF5とD4辺りでの殴り合いが展開されます。
間にある通路は進むときに身を隠すものが少ないためあまり使われません。
E5では中に入ってしまうと下がることが難しく、戦力で優勢ならば入ってもいいですがそうで無い場合は圧殺される危険性があがるので入らない方がよいでしょう。
内側に入っての殴り合いの場合、北側の通路の方が入口から撃たれる心配も少なくオススメです。

D4はあまり使わないのでわからないのですが、結構北西部分で抜けてきた敵に撃たれることも多くあまり使いたくない感じになっています。
それを考えると北西を確保して街の側撃を行うのが勝ちに近い気もします。

まとめ

いまだわからないことの多いマップなので理解が進んだら書き直したいと思います。
そのときには北西のことも書いていきたいですね。
では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを残す